ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

エナジーボール

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索
エナジーボール
第四世代
タイプ くさ
分類 特殊
威力 80(第五世代まで)
→90(第六世代)
命中率 100
PP 10
範囲 1体選択
直接攻撃 ×
効果
追加効果として、10%の確率で相手のとくぼう1段階下げる。
判定
わざマシン わざマシン53
アピールタイプ うつくしさ
アピール(DP) ♡♡
アピール効果(DP)
最初に演技すると+2ポイント。

エナジーボールは、ポケモンのわざの一種。

説明文

たたかうわざ

  • 第四世代:しぜんから いのちの ちからを あつめて はっしゃする。あいての とくぼうを さげることが ある。
  • 第五世代:しぜんから あつめた いのちの ちからを はっしゃする。あいての とくぼうを さげることが ある。

コンテストわざ

  • 第四世代:そのターンの最初に演技をすると、ハートが+2される。

使用ポケモン:覚える方法

対戦

  • 敵の特防を下げる効果を持つくさタイプ特殊技
  • 一切のデメリットを持たないくさタイプ特殊技の中で最も威力が高い(専用技シードフレアは除く)。安定性を求めるトレーナ-には採用されることもある。だがもう1歩威力が欲しいところ。
  • わざマシンで覚えられるため汎用性が高く、くさタイプ以外のポケモンにも採用されることが多々あるが、より多くのポケモンが覚えられるくさむすびには一歩譲っている。威力の面でも、くさむすびは威力が変動する技だが、80以上の威力が出る場合が多い。
  • ただし第五世代では対戦でよく使われ、かつ弱点が草しかないみずタイプのポケモンとしてウオッシュロトムがいるが、ロトムは体重が極めて軽くくさむすびが殆ど効果を発揮しないため、エナジーボールの価値が見直されている。
  • 第六世代では威力に上昇修正がかかり使い勝手がよくなった。

ポケモンカードゲームにおけるエナジーボール

ワザエネルギーより多くエネルギーがついていれば、多いエネルギー分だけダメージを追加できる。追加できるのは2つまで。


ポケモン不思議のダンジョンにおけるエナジーボール

一直線に飛んでいく球をとばす。いあつかんの影響は受けないが命中に不安がある。

備考

関連項目