ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

ナンバ博士

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索
ナンバ博士
英語名 Dr.Namba
出身地等 ジョウト地方
年齢 不明
職業 科学者
声優 永井一郎

ナンバ博士( - はかせ)はアニメポケットモンスターの登場人物。ロケット団の科学者で、ヤマトコサブロウの直属上司。

人物

初登場は無印編第220話で、それから無印編第221話無印編第222話と登場。これ以前からヤマトコサブロウに指令を与える回には登場していたものの、声のみであった。AG編以降もヤマトやコサブロウが登場するエピソードには出てくるものの、声のみが多かった。

必ずといっていいほど「ナン博士」や「インバ博士」、「ギンバ博士」、「ナン博士」、などと名前を間違えられ、文句を言う。相当な地獄耳であり、どこかで誰かが名前を間違えると、無線機越しで「ナンバである!」と修正してくる(AG編の出番はほとんどこれになっている。DP編に1回だけ登場した時も台詞はすべてこれだった上、同エピソードの最後の台詞を飾っている)。

登場するたび、ヤマトコサブロウに珍しいポケモンを捕まえる指令を出しているものの大概失敗に終わっている。

ジョウト地方のうずまき諸島でルギアを捕獲する作戦を指揮さたり、未知のウイルスの研究などを行った。

怒りのエネルギーでパワーアップしたエレブーでサトシヒロシを圧倒した。

元々は多数の研究成果を持つ天才科学者であったが、反道徳的な研究を好んでおり、優秀な科学者を求めていたロケット団に入団した。ロケット団内で「ナンバ博士を励ます会」が開かれるなど、部下からは慕われている。

ポケモン

ポケットモンスター (1997-2002年のアニメ)の登場人物
【レギュラー】 サトシ - カスミ - タケシ - ケンジ - ピカチュウ - トゲピー
【ライバル】 シゲル - ヒロシ
【ロケット団】 ムサシ - コジロウ - ニャース - サカキ - ヤマト - コサブロウ - ナンバ博士 - タツミ
【主要人物】ジョーイ - ジュンサー - オーキド博士 - ウツギ博士 - ウチキド博士
【ゲスト】 シゲル応援ギャル - マサキ - イミテ - ユキ - トオル - ユウジ - ナナコ - タマランゼ会長 - サクラ - ガンテツ - チエ - ジーク - プリン - バリヤード - ピチュー兄弟
【家族】 ハナコ - ムノー - ミズホ - ジロウ - タケシの弟妹 - サクラ - アヤメ - ボタン
【ジムリーダー】 マチス - ナツメ - エリカ - キョウ - カツラ - アツミ - ダン - ジギー - ルリコ - ハヤト - ツクシ - アカネ - マツバ - シジマ - ミカン - ヤナギ - イブキ
【四天王・チャンピオン】 カンナ - シバ - ワタル
【その他ゲストキャラ】 カントー編 - オレンジ諸島編 - ジョウト編