Pokémon GOおよび第七世代登場に関するお願い
Pokémon GOおよび第七世代登場に伴い、ポケモンWikiにおいて作成や修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、編集、訂正に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWiki10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。

サトシのキングラー

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
キングラー
英語名 Ash's Kingler
出身地等 ?
年齢 ?
職業 ポケモン
声優 愛河里花子(クラブ)
石塚運昇(キングラー)

サトシのキングラーは、無印編第13話サトシが捕まえたポケモン。

概要

無印編第13話クラブのとき登場、サトシが「全てのポケモンをゲットする」と言ったのが嘘ではないことをカスミに示すために捕まえた。しかしこのとき、既に6匹のポケモンを所持していたために、モンスターボールオーキド研究所へと転送された。

バトルでの登場は無印編第75話で、セキエイ大会の初戦、コームとのバトルで使用された。これは、水のフィールドに最適な水ポケモンをカスミが貸してくれなかったためで、このときがクラブの初バトルであった。しかしながら、クラブはコームのナッシーを倒し、キングラーへと進化した。その後マンジの残りのポケモンシードラゴルバットを退け、初戦を勝利に導いた。三回戦では、氷のフィールド上でありながら、セイジパルシェンを破ったが、その後強力なウインディに敗れた。

オレンジ諸島ジョウト地方の旅ではほとんどずっとオーキド研究所で過ごしていた。

ジョウト編では、無印編第217話でサトシがうずまきカップに出場した際に使われた。カスミとのバトルでニョロトノコダックを相手にした。

ジョウトリーグシロガネ大会でもサトシは使おうと考えていたが、キングラーは人助けで逃げ出したビリリダマの大群を助けたときに負傷し、トーナメント出場を果たせなかった。

放送局第4話では、他のポケモンにヤマトコサブロウについて話す姿が登場した。

現在もオーキド研究所におり、AG編第133話では、サトシのヘイガニと仲良くなった。DP編でサトシの元に呼び戻される描写はなく、スズラン大会にも出場しなかった。

関連項目

サトシのポケモン
手持ちピカチュウ - ゲッコウガ - ファイアロー - ルチャブル - ヌメルゴン - オンバーン
オーキド研究所フシギダネ - キングラー - ベトベトン - ケンタロス - カビゴン - ヘラクロス - ベイリーフ - ワニノコ - オオスバメ - ジュカイン - ヘイガニ - コータス - オニゴーリ - マグマラシ - ヨルノズク - ドンファン - フカマル - ドダイトス - ゴウカザル - ブイゼル - ムクホーク - グライオン - ケンホロウ - ガマガル - ハハコモリ - ズルッグ - ガントル - ミジュマル - チャオブー - ツタージャ - リザードン - ワルビアル
修行中ゼニガメ - オコリザル
逃がしたバタフリー - ラプラス - ピジョット
一時的スピアー - ゴースト - ラッタ - ヨーギラス - エイパム