Pokémon GOおよび第七世代登場に関するお願い
Pokémon GOおよび第七世代登場に伴い、ポケモンWikiにおいて作成や修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、編集、訂正に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWiki10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。

アクロマ

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

アクロマは、ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2の登場人物。

ゲームにおけるアクロマ

「ポケモンの強さは何によって引き出されるか」を日夜追求しているナゾ多き科学者。そして、目的のためならば機械の力で、無理やり増強したりすることもする。主人公の行く先々でバトルを挑んでくる。主にはがねタイプやエスパータイプなどの無生物系(例:リグレーなど)のものを使用する。

その正体は、ゲーチスの旧知の仲であり、彼によって祭り上げられたプラズマ団の新たなリーダーである。自らの研究ためにトップに就任しているが、主人公との戦いに敗れると、「絆の力」でポケモンの力を発揮させることを認める。その後、プラズマ団自体も、また解散することになる。なお、ゲーチスには利害の一致から協力しており、彼自身はゲーチスのことを嫌っている。

アクロマ自身は、好奇心のみで行動をし、それを満たすためならば、正義も悪も関係ないという姿勢の持ち主である。

所持ポケモン

ブラック2・ホワイト2

※()内のレベルはチャレンジモードでのレベル。手持ちや技構成の変更はなし。

ポケモントレーナー アクロマ 2300円 1回目/4ばんどうろ
コイル Lv.21(23) マグネットボム スパーク でんじは
ギアル Lv.23(25) じゅうでん でんきショック ギアソーサー
ポケモントレーナー アクロマ 0円 2回目/PWT
レアコイル Lv.25 でんきショック ちょうおんぱ ミラーショット でんじは
リグレー Lv.25 ? サイケこうせん ずつき なきごえ かいふくふうじ
ギアル Lv.25 ギアソーサー じゅうでん しめつける でんきショック
プラズマだん アクロマ
10400円 3回目/プラズマフリゲート
レアコイルしんかのきせき Lv.50(54) ボルトチェンジ ラスターカノン トライアタック でんじは
ジバコイル Lv.50(54) ほうでん ラスターカノン だいばくはつ でんじは
オーベム Lv.50(54) サイコキネシス エナジーボール めいそう じこさいせい
メタング Lv.50(54) コメットパンチ しねんのずつき いわなだれ こうそくいどう
ギギギアルふうせん Lv.52(56) ギアチェンジ ギガインパクト 10まんボルト ギアソーサー
ポケモントレーナー アクロマ 14800円 4回目/プラズマフリゲート
レアコイルしんかのきせき Lv.72(75) ボルトチェンジ ラスターカノン トライアタック でんじは
ジバコイルものしりメガネ Lv.72(75) 10まんボルト ラスターカノン はかいこうせん でんじは
オーベムたべのこし Lv.72(75) サイコキネシス エナジーボール めいそう じこさいせい
メタグロスちからのハチマキ Lv.72(75) コメットパンチ しねんのずつき いわなだれ こうそくいどう
ウォッシュロトムいのちのたま Lv.72(75) ほうでん ハイドロポンプ おにび みがわり
ギギギアルふうせん Lv.74(77) ギアソーサー ワイルドボルト ギガインパクト ギアチェンジ

※レアコイルとジバコイルの特性はがんじょう。メタング・メタグロスの特性はクリアボディ

対策

手持ちポケモンはどの対戦でもはがねタイプが多いので、弱点であるほのおじめんタイプを入れておこう。コイル系は「まひ」状態になることがよくあるので、回復アイテムを忘れずに入れておくとよい。クラボのみを持たせるのも有効。またオーベムはあくむしタイプ、ウォッシュロトムはくさタイプをぶつけるとよい。

レアコイルとジバコイルは特性ががんじょうのため、耐えられた後のでんじはに注意。じめんタイプか、特性がかたやぶりのポケモンで挑むといい。もちろん、連続攻撃技で突破してもよい。

アニメにおけるアクロマ

アクロマ
英語名 Colress
出身地等 ?
年齢 ?
職業 プラズマ団
声優 東地宏樹
  • BW編第112話で初登場。ポケモンの潜在能力を強引に引き出す機械「ポケモンコントロールマシン」の完成を目指して日夜研究に励んでいる。実験体のポケモンのことを「有機素体」、実験に合わないポケモンを「不適合な連中」と呼ぶなど、ポケモンのことは自らの実験の道具としか見ていない。ゲーチスやプラズマ団の団員からは「ドクター・アクロマ」と呼ばれている。
  • 初登場時は、サンギタウンの周辺にある山の天文台でポケモンコントロールマシンの実験を行っていた。サトシ達に計画を阻止された後は、十分なデータが取れたと言って天文台を爆破し、撤退した。
  • BW編第117話で登場した時はとある街でポケモンコントロールマシンを使ってオノノクスを暴走させていた。サトシ達やロケット団と戦った影響で機械が壊れた事を知ると、Nを探すために撤退した。
  • BW編第120話では白の遺跡に現れ、ドッコラーローブシンゴルーグなどアララギパパの研究チームのポケモンをポケモンコントロールマシンで暴走させ、ライトストーンから復活したレシラムもポケモンコントロールマシーンで操った(その際に、一度だけレシラムにクロスフレイムを命令している)。
  • 最後は国際警察に逮捕され、一度は実験の失敗に落ち込むが、次はポケモンと会話できるマシンを開発しようとすぐに立ち直り、全く懲りていない様子。
アニメポケットモンスターシリーズの登場人物
【レギュラー】 サトシ - カスミ - タケシ - ケンジ - ハルカ - マサト - ヒカリ - アイリス - デント - セレナ - シトロン - ユリーカ
【レギュラーポケモン】 ピカチュウ - トゲピー - ポッチャマ - キバゴ - デデンネ
【ライバル】 シゲル - ヒロシ - ハヅキ - シュウ - ハーリー - マサムネ - テツヤ - カエデ - サオリ - シンジ - ナオシ - ノゾミ - ケンゴ - コウヘイ - ジュン - ウララ - タクト - シューティー - ベル - カベルネ - ケニヤン - ラングレー - コテツ - バージル - サナ - ティエルノ - トロバ - ミルフィ - ネネ - ショータ - アラン
【博士】 オーキド博士 - ウツギ博士 - ウチキド博士 - オダマキ博士 - ナナカマド博士 - アララギ博士 - マコモ博士 - アララギパパ - プラターヌ博士
【ロケット団】 ムサシ - コジロウ - ニャース - サカキ - ヤマト - コサブロウ - ナンバ博士 - タツミ - マトリ - フリント - ゼーゲル博士 - デリバード
【その他秘密結社】 ホムラ - バンナイ - マツブサ - イズミ - アオギリ - サターン - マーズ - ジュピター - プルート - アカギ - アクロマ - ゲーチス - フラダリ - アケビ - コレア - バラ - モミジ - クセロシキ
【主要人物】ジョーイ - ジュンサー - コンテスタ - スキゾー - ビビアン - リリアン - モモアン - エニシダ - ドン・ジョージ
【ゲスト】 シゲル応援ギャル - マサキ - イミテ - ユキ - トオル - ユウジ - ナナコ - タマランゼ会長 - サクラ - ガンテツ - チエ - ジーク- ヒナタ - J - ユウカ - レイジ - アオイ - カラシナ博士 - コトネ - カズナリ - ハンサム - キダチ - ルーク - タケミツ - ノボリ - クダリ - マサオミ - ジェルミ - N - ヘレナ - バーベナ - パーカー - パンジー - エル - コンコンブル - ヤシオ - マノン
【ゲストポケモン】 プリン - バリヤード - ピチュー兄弟 - メロエッタ - プニちゃん - Z2
【家族】 ハナコ - ムノー - ミズホ - ジロウ - タケシの弟妹 - サクラ - アヤメ - ボタン - センリ - ミツコ - アヤコ - ポッド - コーン - サキ - リモーネ
【ジムリーダー】 タケシ - ムノー - ジロウ - サクラ - アヤメ - ボタン - カスミ - マチス - ナツメ - エリカ - キョウ - カツラ - アツミ - ダン - ジギー - ルリコ - ハヤト - ツクシ - アカネ - マツバ - シジマ - ミカン - ヤナギ - イブキ - ツツジ - トウキ - テッセン - アスナ - センリ - ナギ - フウ・ラン - アダン - ヒョウタ - ナタネ - スモモ - マキシ - メリッサ - トウガン - スズナ - デンジ - キクコ - ミクリ - デント - ポッド - コーン - アロエ - アーティ - カミツレ - ヤーコン - マイル - フウロ - ハチク - ホミカ - シズイ - シャガ - チェレン - シトロン - ビオラ - ザクロ - コルニ - フクジ - マーシュ - ゴジカ - ウルップ
【四天王・チャンピオン】 カンナ - シバ - キクコ - ワタル - ゲンジ - ダイゴ - ミクリ - ゴヨウ - リョウ - オーバ - キクノ - シロナ - アデク - カトレア - ズミ - パキラ - カルネ
【フロンティアブレーン】 ダツラ - コゴミ - ヒース - アザミ - ウコン - リラ - ジンダイ - クロツグ
その他ゲストキャラ

マンガにおけるアクロマ

ポケットモンスターSPECIALにおけるアクロマ

手持ちポケモン
ギアソーサー
ギアチェンジ
  • ゲノセクトはアクロママシーンで操ったポケモンであり、厳密には手持ちでは無い。ラクツに捕獲され、ラクツの手持ちになった。

備考

ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2』のPVでは諏訪部順一が声を当てている。

各言語版での名称と由来

言語 名前 由来
日本語 アクロマ achromatic(無色の)より
英語 Colress colorless(無色)より
ドイツ語 Achromas 日本語に同じ
フランス語 Nikolaï Ni(どちらも~ない)とcouleur(色)の意識か
イタリア語 Acromio 日本語に同じ
スペイン語 Acromo 日本語に同じ
韓国語 아크로마(アクロマ) 日本語に同
中国語 阿克羅瑪 アクロマの当て字

関連項目