ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

サトシのベトベトン

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
ベトベトン
英語名 Ash's Muk
出身地等 ?
年齢 ?
職業 ポケモン
声優 石塚運昇

サトシのベトベトンは、無印編第30話サトシが捕まえたポケモン。

概要

無印編第30話で登場。サトシ一行は停電の最中のグンジョウシティを訪れていた。地元の発電所はベトベターたちによって占領されていた。騒ぎを治めた後、ベトベターたちのリーダー、ベトベトンがサトシたちに勝負を挑んできた。ピカチュウコイルの強力な電撃のおかげで、サトシはベトベトンを弱らせ、見事捕まえた。ただ、匂いが強烈でモンスターボールにいれても匂いが漏れ出て来るためにすぐにオーキド研究所へ送られた。しかし、後のエピソードではサトシたち周りの人間が匂いについて何も言わなかったので、匂いは消えたものと思われる。粘着性があるため物理技ではダメージを受けにくく、元々発電所に住んでいたことから、電気技に対して耐性を持っている。

研究所では、オーキド博士にすっかり懐いたようで、サトシが研究所に電話するたびに、ベトベトンがオーキド博士にのしかかるというギャグシーンが映し出された。AG編ではオダマキ博士にもなついた。現在の所、バトルには2回だけ出されている。セキエイ大会では、カオルコの高レベルのマダツボミのしかかりで倒し、サトシを勝利に導いた。

無印編第102話では一時手持ちに呼び戻され、下水道で巨大なフシギダネを探すのを手伝い、サトシに懐きのしかかった。

シロガネ大会では、シゲルのカメックスハッサムと戦ったが、1勝もできずに戦闘不能となった。

放送局第4話でも登場し、ヤマトコサブロウ、カモフラージュとして置いていたベトベトンを本物だと思い盗まれたモンスターボールの上に覆い被さった。

また、ハナコに会いに研究所のドアを開けたケンジにものしかかった。

DP編第182話でも再登場し、サトシと短い再会を果たしたものの、スズラン大会には出場しなかった。現在もオーキド研究所にいる。

SM編第42話にてサトシ一行が訪れたオーキド研究所にて再登場した。

関連項目

サトシのポケモン
手持ちピカチュウ - モクロー - ルガルガン - ニャヒート
オーキド研究所フシギダネ - キングラー - ベトベトン - ケンタロス - カビゴン - ヘラクロス - ベイリーフ - ワニノコ - オオスバメ - ジュカイン - ヘイガニ - コータス - オニゴーリ - マグマラシ - ヨルノズク - ドンファン - フカマル - ドダイトス - ゴウカザル - ブイゼル - ムクホーク - グライオン - ケンホロウ - ガマガル - ハハコモリ - ズルッグ - ガントル - ミジュマル - チャオブー - ツタージャ - リザードン - ワルビアル - ファイアロー - ルチャブル - オンバーン
修行中ゼニガメ - オコリザル
預けているゲッコウガ - ヌメルゴン
逃がしたバタフリー - ラプラス - ピジョット
一時的スピアー - ゴースト - ラッタ - ヨーギラス - エイパム