ウルトラサン・ウルトラムーン発売に伴い、ポケモンWikiにおいて新規投稿や加筆修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

アララギパパ

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

アララギパパは、ポケモン研究者の一人。アララギ博士の父親。

ゲームにおけるアララギパパ

主人公とはフキヨセシティで初めて会う。図鑑をバージョンアップしてくれる。エンディング後はカノコタウンで会うことになり、ぜんこくずかんにしてくれ、全国図鑑の評価もしてくれる。フウロの貨物機で各地へ行っている。

ブラック2・ホワイト2では、殿堂入り後にヒオウギシティの主人公の家を訪問し、ポケモン図鑑をぜんこくずかんにパワーアップしてくれる。また、カノコタウンのアララギ研究所に行くと、図鑑の捕まえた数を評価してくれるほか、すごいつりざおを貰える。

主に考古学の研究をしており、研究テーマは「ポケモンの分布と生態」。ゼクロムレシラムなどの伝説のポケモンを調査したりしている。シナリオでは、リュウラセンのとうで出くわす。なぜだか知らないがもりのヨウカンが彼からもらえる。

この節は書きかけです。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。

アニメにおけるアララギパパ

アララギパパ
英語名 Cedric Juniper
出身地等 ?
年齢 ?
職業 ポケモン研究者
声優 堀内賢雄

BW編第63話で初登場。レシラムとゼクロムの研究をする事が目標となっている。「~という理由は無い」「~とも言い切れない」と後から言うのが口癖で(娘曰く、考え事が多い為に言葉がいつも途中で途切れるらしい)、その度にサトシ達をずっこけさせている。

BW編第64話では、サトシ達と遺跡の探索をした。遺跡から脱出した後はサトシ達と別れ、再び遺跡で研究を続けている。

BW編第109話で再登場。サトシたちにレシラムに関する白の遺跡のことについて話した。

なお、エンディングクレジットでの名前はゲームと同じくアララギパパだが、番組表ではパパラギとなっており、サトシ達からは娘と同様に「アララギ博士」と呼ばれている。

ポケットモンスター ベストウイッシュの登場人物
【レギュラー】 サトシ - ピカチュウ - アイリス - キバゴ - デント
【ライバル】 シューティー - ベル - カベルネ - ケニヤン - ラングレー - コテツ - バージル
【博士】 オーキド博士 - アララギ博士 - マコモ博士 - アララギパパ
【ロケット団】 ムサシ - コジロウ - ニャース - サカキ - タツミ - マトリ - フリント - ゼーゲル博士 - デリバード
プラズマ団アクロマ - ゲーチス
【主要ゲスト】 ジョーイ - ジュンサー - ドン・ジョージ - ハンサム - キダチ - ルーク - タケミツ - ノボリ - クダリ - マサオミ - ジェルミ - ヒカリ - ポッチャマ - メロエッタ - N - ヘレナ - バーベナ - パーカー - パンジー - タケシ
【家族など】 ハナコ - ポッド - コーン - オババ様
【ジムリーダー・四天王・チャンピオン】 アロエ - アーティ - カミツレ - ヤーコン - マイル - フウロ - ハチク - ホミカ - シズイ - シャガ - チェレン - アデク - シロナ - カトレア
その他ゲストキャラ


マンガにおけるアララギパパ

ポケットモンスターSPECIALにおけるアララギパパ

第10章に登場。

娘と同様に、ツタージャポカブ・ミジュマルの3匹を研究所に持っていたが、本編の1年前にNの謀略で3匹とも逃がされ、うちミジュマルのみが帰ってきた。そのミジュマルを自ら育て、ダイケンキまで進化させている。

手持ちポケモン

備考

  • 日本語版以外では名前が与えられている。

関連項目