Pokémon GOおよび第七世代登場に関するお願い
Pokémon GOおよび第七世代登場に伴い、ポケモンWikiにおいて作成や修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、編集、訂正に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWiki10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。なお、記念企画を検討中です。

アルトマーレ

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

アルトマーレは、劇場版ポケットモンスター 水の都の護神 ラティアスとラティオスの舞台となった町。水の都の別称でも知られている。

概要

アルトマーレはジョウト地方ヒワダタウンの南に浮かぶ島。ヨシノシティ近くからフェリーで向かうことができる。水路が張り巡らされた町で、主な輸送手段はゴンドラ。

ラティアスラティオスの2匹の伝説のポケモンに守られており、多くのポッポヤンヤンマヤミカラステッポウオなどのポケモンが街中でみられる。

毎年夏のフェスタが開かれており、水上レースも開催される。水上をポケモンに引っ張ってもらい進むレースで、カスミサニーゴで優勝した。優勝者にはラティアスとラティオスが描かれたメダルが渡される。また、博物館も存在し、アルトマーレの古代の機械や、プテラカブトプスといった古代ポケモンの化石が展示されている。ボンゴレカノンが管理をしている。

博物館近くにはラティアス・ラティオスの住む秘密の園がある。そこの小さな池の中にはこころのしずくが隠されている。これを用いれば、古代機械を操ることができるが、町からすべての水がなくなってしまう。このため、2匹はこころのしずくを守り続けている。

ポケモンカードにおけるアルトマーレ

備考

  • モデルは「水の都」ヴェネチアで、アルトマーレは初めて日本以外の都市をモデルとした映画に登場する場所である。
  • アルトマーレ(Alto Mare)はイタリア語で、「深い海」「遥かな海」といった意味