ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

田尻智

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索
この項目「田尻智」はウィキペディアにも存在しています。


田尻 智(たじり さとし、1965年8月28日 - )は、日本のゲームクリエーターポケットモンスターの生みの親であり、ゲームフリーク代表取締役を務める。サトシの名前の元ともなっている。

略歴

東京都世田谷区に生まれ、町田市で少年時代を過ごす。少年時代は虫を取ることに熱中する虫取り少年だったが、13歳の時に友達に勧められてスペースインベーダーをやって以来、ゲームセンターに入り浸るようになる。特に、『ゼビウス』には色濃い影響を受けており、大堀康祐・中金直彦が執筆したミニコミ誌『ゼビウス 1000万点への解法』に加筆を行っている[1]。『ゼビウス 1000万点への解法』は委託再頒布され、同人ミニコミ誌として異例の部数を売り上げた[1]

1981年、東京工業高等専門学校に入学後、1983年にゲームミニコミ誌『ゲームフリーク』を立ち上げる[2]。これはまだ攻略本の存在のなかった当時にしては画期的なことだった。この経験を活かし、ゲーム専門誌の記事執筆のアルバイトを行っていた[3]。また、杉森建との出会いもこの同人誌がきっかけであった[2]。執筆経験は会社設立後も、出版部の立ち上げやエッセイの執筆などで活かされることになる[3]

1985年、高専を卒業した後、ゲームライターとして活躍しており、『ファミコン通信』の創刊号の執筆にも関わっていた[3]。執筆活動で得た資金を元に1987年本格的にゲーム開発に着手する。下北沢にアパートを借り、1989年、ゲーム界で初めての自主開発という方式でクインティを完成させる。これが中規模のヒットとなって、得た資金を元に父義雄を監査役として株式会社ゲームフリークを設立。

『ポケットモンスター』の原形となる『CAPSULE MONSTERS』の企画は1990年時点で開始していた[2]。いくつかのゲームソフトを製作することで収益を得て会社を存続させるとともに、ゲーム制作のノウハウを積み重ねた。この間も、ポケットモンスターの開発を続け、とうとう1996年、ポケットモンスター 赤・緑を完成させ、爆発的なヒットによって世界に名を広めることとなる。『ポケットモンスター 赤・緑』の開発においては、「通信交換」などの基本的なアイディアのを出すところから、開発後半においてはシナリオの書き直しなども行っている[4]

人物評

ゲームクリエイターで東京工芸大学教授の遠藤雅伸は、『ゼビウス』の開発者であり、田尻にも大きな影響を与えた人物である。遠藤は、『週刊ファミ通』「特集 ゲームフリーク 30年の歴史」のお祝いコメントの中で、田尻を「1980年代のビデオゲームの持つおもしろさのエッセンスを、時代にあった形で作り続けている。じつに硬派なゲームデベロッパー」(以上引用)と評している[2]

株式会社ポケモン代表取締役、クリーチャーズ代表取締役会長の石原恒和は、『テレビゲーム-電視遊戯大全』執筆中に、アーケードゲーム領域の知識や歴史を求めて人を探していたときに田尻と出会っている。田尻のおかげで、本作りが大きく前進したことを「特集 ゲームフリーク 30年の歴史」のお祝いコメントの中で述べている[5]

ゲームフリーク常務取締役の増田順一とは、ゲームの曲作りができる人材を探しているときに出会った[6]。『週刊ファミ通』のインタビューの中で、ポケモンの開発において田尻の原案を補強していっても企画の基礎がぶれなかったことをすごいところだと称賛している[4]。また、石原恒和や宮本茂からの助言を柔軟に活かすことができたことも褒めており、また田尻が石原や宮本に気に入られているからこそ多くの協力を得られた、と語っている[4]

備考

脚注

  1. 1.0 1.1 「特集 ゲームフリーク 30年の歴史」『週刊ファミ通』2019年5月23日号、Gzブレイン、2019年、92頁。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 「特集 ゲームフリーク 30年の歴史」『週刊ファミ通』2019年5月23日号、Gzブレイン、2019年、72頁。
  3. 3.0 3.1 3.2 「特集 ゲームフリーク 30年の歴史」『週刊ファミ通』2019年5月23日号、Gzブレイン、2019年、73頁。
  4. 4.0 4.1 4.2 「特集 ゲームフリーク 30年の歴史」『週刊ファミ通』2019年5月23日号、Gzブレイン、2019年、84頁。
  5. 「特集 ゲームフリーク 30年の歴史」『週刊ファミ通』2019年5月23日号、Gzブレイン、2019年、75頁。
  6. 「特集 ゲームフリーク 30年の歴史」『週刊ファミ通』2019年5月23日号、Gzブレイン、2019年、82頁。

関連項目