ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

サトシのミジュマル

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索
ミジュマル
英語名 Ash's Oshawott
出身地等 アララギ研究所
年齢 ?
職業 ポケモン
声優 福圓美里

サトシのミジュマルとは、BW編第3話においてサトシにゲットされたポケモン。性別はオス。

特徴

BW編第1話においてアララギ博士シューティーにむけて用意したポケモンの1匹。シューティーに選ばれなかった後、サトシを気に入ったために勝手に研究所を飛び出してついてきた。アララギ博士によると、ちょっと目を離すとすぐどこかへ行ってしまうらしい。

ホタチを用いて苦手な電撃などを跳ね返すことができるが、シッポウジムリーダーのアロエ曰く、そのようにして防御するミジュマルは珍しいらしい。だが、ミジュマル自身の防御力は低く、相手の技を受けてあっけなく倒れることも多い。

BW編第31話で、ドッコラーとの対戦中に、シューティーにアクアジェットを撃つときに水の中で目を閉じていたためコントロールができないことを指摘されたが、次のBW編第32話でその弱点を克服した。

勝手にボールから出てきて戦おうとする事が多いが、分が悪かったりするととたんに消極的になり、結局活躍できずにボールに戻されることもしばしば。怒ると自分のホタチを地面に投げつけ、それを拾いつけて笑うなど、ギャグ傾向の強いキャラである。

ヒカリポッチャマとは、メロエッタを巡る恋のライバルであり、よく喧嘩するが、ヒカリと別れる際はポッチャマと抱き合って2匹で泣いていた。

ほかにも、チョロネコ(のちに♂だと判明した)や♀のミジュマルなど、ほかのポケモンに恋することが多い、女好きのポケモンである。BW編第126話では♀のミジュマルのミジュカに一目ぼれし、優勝しサトシと別れ島に残ることになったが既にフタチマルのシーザーと付き合っていたためそのショックでホタチが割れ優勝が剥奪されたため、結局、サトシと旅を続けることになった。

サトシがカントー地方に帰還するBW編第142話まで手持ちに入っており、カロス地方に旅立つ際にオーキド研究所に預けられた。

備考

  • ホタチは耐電性であり、ミジュマルが触れている間は刀に形状変化(シェルブレード)するほか、ブーメラン、枕として扱っている描写もある。

関連項目

サトシのポケモン
手持ちピカチュウ - ケロマツ - ヤヤコマ
オーキド研究所フシギダネ - キングラー - ベトベトン - ケンタロス - カビゴン - ヘラクロス - ベイリーフ - ワニノコ - オオスバメ - ジュカイン - ヘイガニ - コータス - オニゴーリ - マグマラシ - ヨルノズク - ドンファン - フカマル - ドダイトス - ゴウカザル - ブイゼル - ムクホーク - グライオン - ケンホロウ - ガマガル - ハハコモリ - ズルッグ - ガントル - ミジュマル - チャオブー - ツタージャ - リザードン - ワルビアル
修行中ゼニガメ - オコリザル
逃がしたバタフリー - ラプラス - ピジョット
一時的スピアー - ゴースト - ラッタ - ヨーギラス - エイパム