ウルトラサン・ウルトラムーン発売に伴い、ポケモンWikiにおいて新規投稿や加筆修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

コジロウ

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
コジロウ
英語名 James
出身地等 不明
年齢 推定25歳
職業 ロケット団
声優 三木眞一郎

コジロウは、アニメポケットモンスターの登場人物であり、ムサシニャースとともに、サトシのピカチュウを手に入れようと付け回すロケット団員。

概要

後述通り、大財閥の一人息子であり、無印編でゴースにフルコース料理の幻を見せられて、懐かしんで喜んだ事もあった。育った環境が良いため、テーブルマナーや楽器の腕前はかなりのもので、ムサシとニャースがコジロウの演奏を聴き、あまりの素晴らしさに涙を流した事もある。

しかし一方で、商売人のオヤジにあっさり騙されコイキングや偽のチリーンなどを破格の値段で買い取るなど、子供っぽく単純な一面もある。

ビンの王冠を集める趣味があり、エンジュシティで変な男からダウジングマシンを買って、王冠を大量に見つけて喜んでいたり、養成所時代にはニャースに自分の分の飲料水を分けてあげる際にビンの王冠を捨てないように言ったり、アジトの自分の部屋に王冠が透明ケースに入れられて飾られていたりする。しかしムサシや母親にはよく思われておらず、母親に集めた王冠を捨てられて悲しんだこともある。

何かと女装が好きな模様で、サトシに比べ何度も女装している(その時はムサシは男装していることも多々ある)。ムサシが風邪を引いた時に1回だけ自分がキャンディ・ムサリーナになってポケモンコンテストに出場したこともある。

初登場からサトシ達の前に現れるときに使い続けている口上があり、何度か変わっている。

自分の手持ちポケモンから非常に愛されており、特にウツボット、サボネア、チリーン、マスキッパからは愛情表現でボールから出てきてもすぐコジロウに寄ってくる。さらにマーイーカもコジロウを深く愛している様子。

手持ち

多くのポケモンに、コジロウのことを愛している描写がある。

現在

別れたポケモン

本部に預けているポケモン

一時的に所持していたポケモン

ポケモンけんていしけん

バトルパーク

コジロウ自身の技

ロケット団入団以前

実はカントーでも有名な大財閥の一人息子である。ペットで唯一の友達でもあるガーディの「ガーちゃん」とはとても仲が良い。幼少の頃は本家に相応しい跡取りとして育つべく、両親から数々の英才教育を受けさせられ、普段は外で遊ぶことさえ許されなかった。最終的には両親に勝手に決められた婚約者(ルミカ)との結婚を嫌がり、家を飛び出した。しかし根は優しく、家出した後も両親の事は完璧に嫌いにはなれず、今でも度々回想では「パパン」「ママン」と呼ぶ。本家があるのはカントーだが、ジョウト、シンオウ地方にも城と呼べるほどの大きな別荘をいくつか所有している。

ロケット団入団以前は、チャリンコ暴走族の1人で「補助輪のコジロウ」と呼ばれていた。その時にムサシとは同じ暴走族団に入ってはいたが、互いに面識はなかった。