ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

波導

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索

波導(はどう)とは劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ミュウと波導の勇者 ルカリオに登場した概念の事。それ以降のアニメ・ゲームでも登場する。

映画における波導

全ての物質が持つ固有の振動であり、いわゆる気やオーラと呼ばれているもの。または、それを操る技術の事を指す。波導を使う者の事を波導使いという。波導を操る事でできる事には、

  • 視力の有無や、距離の遠近を問わずに、物体の存在を感知する。
  • 結晶根を介して、遠くの波導使いと会話する。
  • はどうだんという技として波導を発射する。

等がある。その他、波導使いとしての素養があれば時間の花を反応させ、記憶されていた情景を辺りに投影させる事もできるらしい。波導は誰かに譲渡する事もできるが、生物の波導の量には限度があり、使い果たすと死の危険(作中の描写によると、結晶化するとも取れる)がある。

作中に出てきた明確な波導使いは、アーロンルカリオの二人である。因みに、サトシも僅かながら波導使いとしての素養を持っている模様。

なお、ルカリオの分類「はどうポケモン」のはどうは恐らく波導の事であり、図鑑で説明される設定やわざ、とくせい等に活かされている。現にルカリオは頭の黒い房で波導を感じ取る事ができるという設定がある。

ゲームにおける波導

本編

本編においてはみずのはどうが、第三世代で登場したが、波導の概念は無く、この時点では「波動」として名づけられたわざだと考えられる。映画でルカリオ登場後、第四世代あくのはどうはどうだんりゅうのはどう第五世代いやしのはどうといったわざが登場し、設定はルカリオ、およびその進化前のリオルに生かされている。

はどうのわざの一覧

はどうのわざは、次のような特徴がある。

その他のゲーム

  • 大乱闘スマッシュブラザーズXではプレイヤーキャラクターのルカリオの特殊効果として登場する。蓄積ダメージや点差が大きくなるほど、攻撃の威力が増していくというものである。
    • アドベンチャーモード「亜空の使者」では、ルカリオが相手の波導を読み、善悪の判断をするというシーンがある。味方側の者は青、敵側の者は赤の波導を帯びるようである。作中ではスネークとの初対面の際に用いられる。
    • ルカリオの最後の切りふだとして、はどうのあらしというオリジナルのはどうのわざがある。
  • 時の探検隊・闇の探検隊では冒険の冒頭に自分の波導を画面に入力することとなる。

アニメにおける波導

DP編第71話およびDP編第72話で設定が使われている。サトシがリオルの記憶を波導を通じて読み取るシーンがある。

備考

  • バリヤードは波導を使い壁を作ることがことができる。
  • 映画では「波導」だったが、ゲームでは「波動」になるなど、表記が曖昧だが、「『ポケモン』本編では”波動”という表記になっていますが、『スマブラ』と映画では”波導”という表記で合意が取れています」とスマブラシリーズのディレクターである桜井政博が発言している。

関連項目