Pokémon GOおよび第七世代登場に関するお願い
Pokémon GOおよび第七世代登場に伴い、ポケモンWikiにおいて作成や修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、編集、訂正に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWiki10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。なお、記念企画を検討中です。

リーフストーム

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
リーフストーム
第四世代
タイプ くさ
分類 特殊
威力 140(第五世代まで)
→130(第六世代)
命中率 90
PP 5
範囲 1体選択
直接攻撃 ×
効果
使用者のとくこうが2段階下がる。
アピールタイプ かわいさ
うつくしさ (ORAS)
アピール(DP) ♡♡
アピール効果(DP)
自分の前のポケモンが最大ボルテージを出していれば、ハートが3つ追加される。
アピール(ORAS) ♡♡♡♡
♡♡
妨害(ORAS)  
アピール効果(ORAS)
妨害されると、通常の2倍のハートが減らされる。

リーフストームは、ポケモンの技の一種。

説明文

たたかうわざ

  • 第四世代第五世代第六世代:とがった はっぱで あらしを おこす。つかうと はんどうで じぶんの とくこうが がくっと さがる。
  • 第五世代第六世代(漢字):とがった はっぱで 相手に あらしを おこす。使うと 反動で 自分の 特攻が がくっと さがる。

コンテストわざ

  • 第四世代:まえの ポケモンの ボルテージマックスの あとだと +3。
  • 第六世代:とても アピール できるが このあと おどろきやすくなる
  • 第六世代(漢字):とても アピール できるが このあと 驚きやすくなる

使用ポケモン:覚える方法

ポケモン名 覚える方法
レベルアップ タマゴわざ
DPt/HGSS BW B2W2 XY ORAS 4 5 6
フシギダネ × × ×
フシギソウ × × ×
フシギバナ × × ×
ウツボット Lv47 Lv47 Lv47 - - -
タマタマ × × ×
ナッシー Lv47 Lv47 Lv47
モンジャラ × × ×
チコリータ × × ×
ベイリーフ × × ×
メガニウム × × ×
キレイハナ Lv53 Lv53 Lv53 Lv64 - - -
キマワリ Lv43 Lv45 Lv43 Lv43 - - -
セレビィ Lv82 Lv82 Lv82 × × ×
キモリ × × ×
ジュプトル Lv59 Lv59 Lv59 Lv58
ジュカイン Lv67 Lv67 Lv67 Lv1
Lv63
ダーテング Lv49 Lv49 Lv49 Lv44 - - -
ロゼリア × × ×
トロピウス Lv61 Lv71 Lv71 Lv1
Lv61
ナエトル Lv45 Lv45 Lv45 × × ×
ハヤシガメ Lv52 Lv52 Lv52 - - -
ドダイトス Lv57 Lv57 Lv57 - - -
スボミー × × ×
ロズレイド × × ×
ミノマダム
(くさきのミノ)
Lv47 Lv47 Lv47 - - -
モジャンボ × × ×
シェイミ
(スカイフォルム)
Lv91 Lv91 Lv91 × × ×
ツタージャ - Lv43 Lv43 - × ×
ジャノビー - Lv52 Lv52 - - -
ジャローダ - Lv62 Lv62 - - -
ヤナップ × × × -
ヤナッキー × × × -
ハハコモリ - Lv50 Lv50 - - -
チュリネ - Lv46 Lv46 - × ×
ドレディア × - - -
凡例
継:進化前からの継続で覚えることができる。

特別なわざ

対戦

  • 使用後特攻が2段階下がるデメリットを持つくさタイプ特殊技
  • ジュカインロズレイドのメインウェポン候補の一つ。ハードプラントソーラービームのような致命的な欠点はなく、他のダメージ重視のアタッカーの多くにも採用されている。特攻が下がるデメリットがあるが、エナジーボール2回よりリーフストーム2回の方が合計ダメージは大きい。一方一度打ってしまうと、他のサブウェポンの威力にも期待出来なくなってしまうため、居座るタイプのポケモンには向いていない。
  • 上記の理由から打ち逃げに適してるが、りゅうせいぐんと比べると容易に半減出来るくさタイプ技であるため、使い勝手はそれほどでは無い。
  • 第六世代になって、隠れ特性ジャローダが解禁されて、特性あまのじゃく+リーフストームという組合せを持つポケモンが誕生した。この場合リーフストームを放つと、特性あまのじゃくの影響で、逆にとくこうが2段階上がるので、この状況下においてはとても強い技で、現にジャローダの主力技にもなっている。

ポケモン不思議のダンジョンにおけるリーフストーム

直線上の敵を攻撃する。使用後に自分の特攻が2段階下がる。PPは5しかないのでPPが多い他の技も入れておきたい。

備考

関連項目