ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

改造ポケモン

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
このページでは改造ツールで作成されたポケモン、改造でセーブデータを書き換えたポケットモンスターシリーズ改造ポケモンについて解説しています。その他の用法については改造ポケモン (曖昧さ回避)を参照してください。

改造ポケモン(かいぞう - )とは、プロアクションリプレイなどの改造ツールを用いて作られたポケモン、またはプロアクションリプレイなどの改造ツールを使用してセーブデータを書き換えたポケットモンスターシリーズのこと。行為のほかに、アイテム・フラグなどの改造を行うことが多い。

概要

第一世代第二世代においては、育成の簡略化と幻のポケモンの取得という点で改造が行われてきた。ルビー・サファイアで出現するポケモンの総数を202種類にしたために、202種類に入らなかった旧世代のポケモンを出現させるために改造をする人が増加した。第四世代からWi-Fi通信による通信交換が行われるようになったため、GTSを通して改造ポケモンが多く流通しており、問題となっている。

第五世代では隠れ特性が順次解禁という方式を取っており、一部を除いて解禁されているのかいないのか曖昧なものもあったため、改造・配布するプレイヤーが現れる温床にもなっていた。

現在、改造ポケモンを作る手段は、プロアクションリプレイコードフリークなどの改造ツールのほか、Pokesavなどのセーブデータ改造ツール、スマートフォンのアプリ「Pokecreater」などの通信交換やGTSを利用したものなど多岐にわたる。

判定

改造ポケモンかどうかの判定はID[1]おや、出会った場所、名前、覚えているわざ、捕まえたボールなどが異常でないかを確かめるのがよい。また、通常手に入れられないレベルのポケモンや、現在改造を使わないと捕まえることができないポケモン、野生では出現しないポケモンなどで見分けることも必要である。ただ、これらの点を合格している(もしくは意図的にあわせている)改造ポケモンもいないわけではないので、注意が必要である[2]

上記のとおり、一部の入手方法が限定されているポケモンについては入っているボールの種類も改造かどうかを判定する手がかりの一つになっていたが、第五世代においてはポケモンドリームワールド経由でのポケモン配布が多数行われたり、第六世代ではタマゴが親のボールの種類を引き継ぐ仕様がある関係上、今までは改造だと断定できるパターンであったものが改造とは限らなくなってきてしまっているケースが存在する。

例えば御三家のポケモンは原則としてゲーム開始時に貰ったものか、タマゴで生まれたものしかいないため、入っているボールは原則モンスターボールである。しかし、第五世代では攻略本の特典等によって配布された個体はハイリンクのもりで、第六世代ではフレンドサファリで出現する場合はボールを投げて捕まえることになるため、プレシャスボールサファリボールなどを除いたほとんどのボールに入り得る。

ポケムーバーで転送した場合、送れないポケモンとして弾かれることもある。

改造ポケモンによく見られる特徴

この節は書きかけです。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。

改造ポケモンは以下のような特徴を持つことが多い。ただし、これに当てはまるからといって改造であるとは限らず、当てはまらないからといって改造ポケモンでないとも限らない。

種類

見分け方の例

あくまで、見分け方の例である。この項目に当てはまらなかったからといって、改造ポケモンでないとは限らない。

  • 出会った場所、レベルがおかしい。例:フリーザーの説明文が、「1ばんどうろでレベル76の時に出会った」となっている。
  • 通常のポケモンで、説明文が「運命的な出会いをした」になっている。
  • 通常では覚えないわざを覚えている(配布限定で覚えている場合もあるので注意。タマゴわざやおしえわざもチェックすること)。
  • 特性がおかしい(隠れ特性もチェックすること)。
  • 名前がおかしい(「ヤドキングラン」などひらがな、カタカナやハングルが合計で7文字以上使われている。アルファベット、数字、記号類のみなら断定不可)。
    • 欧米言語版のソフトで出会った場合「Hippopotas」のような英数で10文字までの名前をつけられる。名前の文字数が多いからといって必ずしも改造とは限らない。
    • 全角6文字、英数12文字が上限になるのは第六世代からではあるが、親名が5文字(英数10文字)以内であれば、仕様上全角6文字、英数12文字の第五世代以前産のポケモンは正規で存在しうる。
  • ポケモンの種類によっては産地マーク第六世代第七世代VC版第一第二世代出身であることを示すマークで、通称カロスマークアローラマークGBマークと呼ばれる)の有無によって改造かどうか見分けがつく場合がある。
  • その種族の登場した世代より前でしか入手できないリボンが付いている場合は100%NG。例えば、ランドロスシンオウチャンプリボンが付いている場合など。
  • 未進化ポケモンおやの名前と個体の名前とで言語が違う。全角アルファベットはどの言語でも使用できるが、半角アルファベットはアルファベット圏のROMでしか使用できないため、例えば非アルファベット圏の個体名で半角アルファベットのおや名は100%NG。
    • 同様に、ひらがな・カタカナは日本語版のROM、ハングルは韓国語版のROM、漢字は中国語版のROMでしか使用できない為、例えば、ポケモン名がカタカナでおや名がハングルになっている場合なども100%NG(逆の場合も勿論アウト)。
    • ゲーム開始時に言語を選択可能になった第六世代以降でも例外ではなく、例えば日本で購入した日本語版のROMで、ゲーム開始時に韓国語を選択してスタートすると、日本語版ROMであるにも関わらず、(データを消さない限り)ハングルしか使用できなくなる。故におや名と個体名の言語が違えばやはりアウトになる。
    • 進化するポケモンの場合は例外で、進化前にニックネームが付いていない場合に限り、交換先で進化させるとその言語の種族名になる。例えば日本語版で捕まえた、おや名が「レッド」でニックネームが付いていないピカチュウを韓国語版に送って進化させると、おや名が「レッド」でポケモン名が「라이츄」(ライチュウ)になる。これは正規に存在し得る(進化前の状態でおや名と個体名の言語が違っている場合はアウト)。
    • もちろん、同時入力不可能な文字が2種類以上、1匹の名前に含まれている場合も100%NG。例えば「阿ル세uす」(アルセウス)や「皮카チゅu」(ピカチュウ)など。
  • NGワードが含まれるおや名、個体名のポケモンは100%NG。NGワードは改造でない限り付けられない。ただし、ソフトで設定されたNGワードと通信対戦サーバーで設定されたNGワードの種類は違いがあり、後者の方がより範囲が広いとされる。そのため、後者基準のNGワードが含まれたケースは必ずしも改造とは限らないが、前者基準のNGワードが含まれた場合はアウト。
  • XDではポケスポットの野生ポケモンと、ギンザルから交換してもらえるポケモン以外は色違いが出ないように設定されているため、それらのポケモンでXD技を覚えている色違いは100%NG。
  • 入手後に強制的にセーブされ、厳選が不可能なポケモンの高個体値色違い。例えば、6V色違いのポケモンコロシアムホウオウなどは、通常プレイで出ない訳ではないが、確率は天文学的に低い上に再入手に多大な時間と労力を要する為、まず改造を疑っていいレベル(正規手段で入手して、その後個体値などを弄った可能性もあるが、弄った時点で改造ポケモンである)。
  • 経験値がおかしい(マイナスになっている、アルファベットが入っているなど)。
  • レベルが0、もしくは100を超えている場合(例:レベル127のサイドン)。
  • 入手可能な最低レベル以下、もしくは出会ったレベルよりも現在のレベルが低い場合(例:「めざめのほこらでレベル45の時に出会った」になっているのにレベル1のカイオーガなど)。ただし、第七世代乱入バトルではレベル10のボーマンダなども正規手段で出現する為、判断材料としてはやや弱いか。
  • ポケモンが正規の方法で入手不可能アイテムを持っている(サファリボールプレシャスボールなど)。
  • 捕まえているボールが正規の入手ではありえないボールに入っている(シンオウ産なのにガンテツボール、プレシャスボールでもモンスターボールでもない第五世代以前のソフトでの御三家など)。
  • ビクティニケルディオメロエッタジガルデフーパボルケニオンコスモッグコスモウムソルガレオルナアーラカプ・テテフカプ・ブルルカプ・レヒレウツロイドマッシブーンフェローチェデンジュモクカミツルギテッカグヤアクジキングネクロズママギアナ色違い
  • ジラーチケルディオメロエッタゲノセクトディアンシーフーパボルケニオンマーシャドーゼラオラニックネームが付いている場合。これらのポケモンはゲーム内では入手不可能で、プレイヤーがおやになる形で配布されたことがなく、ニックネームを付けられる個体が正規手段では入手できないからである。
  • 伝説のポケモンは、上述の産地マークとの組み合わせ次第で、色違いの個体が不正入手ではないか見分けが付く場合がある。
  • 進化させる前は隠れ特性だったのに、進化させると通常の特性になる場合は改造(ただし、進化後のポケモンの隠れ特性が通常特性と同じである場合を除く)。
  • 通常では不可能な技の組み合わせを覚えている。例えばサン・ムーンで追加されたタマゴわざを覚えていながら、ORASの教えわざでないと覚えられない技と両立している場合。ただし後者もタマゴわざになっていれば改造ではなく、このような組み合わせそのものが第六世代以降激減していること、リメイクやマイナーチェンジでおしえわざが復活されるケースが多々あることから、判別材料としてはややよくないか。
  • かわらずのいしを持たせたポケモンを育て屋さんに預け入れて、何回もタマゴを孵化させているのに、別の性格のポケモンばかりが生まれてくる(第四世代までは特定の条件下でかわらずのいしの効果が無効になることもあるが、大抵の場合親のポケモンが改造であることが原因)。
  • 隠れ特性を遺伝させる正規の方法を用いても通常特性のポケモンしか生まれてこない。
  • 珍しくないポケモンや配信限定のポケモンがマスターボールに入っている(前者は改造でない場合や裏技で増やしていることもあり得るが、改造である可能性が高い)。
  • マスターボールに入っているにも関わらずタマゴわざを覚えている。PDW産やずかんナビ産の場合はマスターボールとタマゴわざを両立できるが、マスターボールとタマゴわざの両立がPDW以外ではありえない種族であるにも関わらず通常特性である個体は100%NG。
  • 通常の方法で捕獲したポケモンがプレシャスボールに入っている場合。また、ウルトラボールに入っているにも関わらずORAS以前限定の教えわざを覚えている個体は100%NG。
  • めざめるパワーのタイプが「かくとう」で、「カロスマーク」「アローラマーク」がついている伝説のポケモン及び「GBマーク」がついているポケモン(個体値固定の都合上、これらのポケモンのめざめるパワーのタイプは格闘になる事はない)。
    • これらは個体値3V以上固定であり、3V以上かつかくとうタイプになる組み合わせが存在しないため。めざめるパワー計算法も参照。
  • 第七世代では、交換した相手がフェスサークル内に出現するが、改造を行っているプレイヤーは出現しないことがある。

ゲームプレイへの影響

ステータスを見たり戦闘で使おうとするとフリーズすることがある。

第二世代以前は不正なポケモンがバグを発生させて、セーブデータが壊れることもあったが、システムが大きく変わった第三世代以降はポケモンのデータがそのポケモン以外のデータに影響を及ぼすことはほとんどなくなった。

また、一部では「改造ポケモンを受け取ると改造がうつる」と言われているが、第三世代以降は改造ポケモンを受け取っただけならそのポケモンを逃がしてしまえばセーブデータ内に不正なデータは残らない[4]

GTSとの関連

  • GTSでは乱数ポケモンに見せかけた高個体値の改造ポケモンも多く流通している。(見極めが難しいので注意すること。)
  • GTSで、伝説のポケモンを希望してくるトレーナーに対しては、それが改造ポケモンであっても、御三家やミロカロスなど、交換レートが高いポケモンと交換されることが多い。
  • GTSを模したアプリを利用してポケモンを転送する改造手段も存在する。(Pokecreater)

改造ポケモンに対する賛否

改造ポケモンの是非については、否定意見が大半を占めるものの、賛否両論がある。

ポケットモンスターシリーズにおいては、配布ポケモンなどのその地域や場所に出向かなければ入手できないポケモンや、映画を見る、攻略本を購入するなど金銭を支払わなければ入手できないポケモンが存在する。そのため、金銭的時間的地理的な問題でそれらを入手できなかったユーザーや、いわゆるポケモン商法に批判的なユーザーが改造ポケモンを利用するという例が見受けられる。

また、未公開の幻のポケモンや解禁されていない要素をプレイしたり、解析を行うためには改造的手法が不可分であり、解析手法として実際に改造または改造と類似した手法が用いられていると考えられる。

解析手段としての改造の利用、また通信を行わない、もしくは自らが保有しているソフトの間でのみ通信を行うなど、ほかのユーザーを巻き込まない範囲で行われる改造については、通信交換・対戦を利用する場合と比べると、比較的否定的な意見が少ない。

一方、通信で利用する場合は事情が異なる。特に不特定多数との通信では、改造ポケモンに否定的な意見を持つ人と対戦、交換が行われる可能性があるため、同意がない対戦での改造ポケモンの利用や、通信交換などについては否定的な意見を持つ人が極めて多い。

大多数のポケモンユーザーにとって改造ポケモンの不特定多数の環境での利用は望まれないため、不特定多数との通信でのポケモン交換の利用は両者の納得がある場合以外はほぼ禁止行為とされる。たとえば、ポケモン対戦界において改造ポケモンの保持や利用は強く忌避される禁止行為とされており、改造ポケモンの保持、利用をした場合、単一のみならず複数のコミュニティから追放等制裁を受ける例がしばしば見られる。

2016年には改造プレイヤーに対して前述に加えて本名や住所の公開などといった、私的制裁が行われた例がある。通信での改造利用は、このような炎上リスクも抱える行為であるといえる。

尤も、こうした肯定、否定という二元論は、前提として改造ポケモンという概念を認識していることが前提であり、それ自体を知らないプレイヤーは不正なアドバンテージやリスクという観点では改造ポケモンについて認識を持つことができない。

改造に関する意見の例

  • 肯定的な意見
    • 改造の利用もひとつの楽しみ方である
    • 自己責任として改造を利用するのはかまわない
  • 否定的な意見
    • 改造の利用がゲームバランスを破壊する
    • 製作者側のストーリーなどゲーム構成に反するプレイを行えてしまうため、製作者に対する冒涜である
    • 製作者側が改造を想定していないためセーブデータなどが壊れる可能性がある
  • 改造ポケモンの概念を認識していないプレイヤーの意見
    • 改造ポケモンについて何も知らないので、改造ポケモンを掴まされるリスクを想定しておらず、ミラクル交換やGTSなどで掴まされた改造ポケモンを「レアなポケモン」「強いポケモン」程度に思っている
    • 改造ツールを自ら利用しているが、改造に対する罪の意識はなく「手軽に任意のデータのポケモンをエディットできる手段」と誤った認識を持っている

公式サイドの見解

  • 基本的に、公式は改造ポケモンの利用に反対の立場をとっている。
  • 公式大会などでは、改造ポケモンの使用は禁止され、規制されている[5]。また、GTSバトルタワーにおいても改造は禁止とされている[6]
  • 改造ポケモンを作成することや乱数調整を行うこととは別に、外部ツールを使って、個体値を調べることも推奨していない。
  • pokecreaterなどのツールに関しては、名指しはしないものの公式が声明を出している[7]
  • コンピュータソフトウェア著作権協会は、改造ツールを用いた改造が違法であると主張している。

その他

  • 改造ツール使用中の通信を改造ツール製作側は推奨していない[8]
  • ジムリーダーなど登場人物のポケモンを改造によって再現しようとする人もいる[9]
  • 捕まえたボールの情報が不正な改造ポケモンを別の世代のソフトに移すと、捕まえたボールの色がおかしくなることがある。
  • GTSなどで改造ポケモンを受け取ってしまった場合、IDをメモするなどして、今後の交換に備えて自己管理をすることが重要である。

脚注

  1. スタート時のIDを任意のものにするという乱数調整の手法が確立しているため、正規のポケモンでもIDが一見不正のものに見えるようなポケモンも存在する。
  2. つじつまを合わせた改造を行う、Pokesavなどのソフトが存在する。もちろんこれも見た目を合わせただけなので不正なポケモンである。
  3. 第五世代までは非常に厳選難易度が高かった。第六世代で個体値が「3V確定」となったことや、第七世代のすごいとっくんの登場により育成の難易度はかなり下がった。
  4. しかし、逃がすことができない不正なポケモンも存在する
  5. 。改造ポケモンを利用して公式大会に出たことが判明したプレイヤーは、各種ランキングから除外される等の措置がとられている。
  6. 「ポケットモンスターダイヤモンド・パール」のルールに関するお知らせ | ポケットモンスターオフィシャルサイト
  7. 『ポケットモンスター』シリーズをお楽しみ頂いている皆さまへお知らせ
  8. コードフリークARでは「オンラインモードで影響が出る可能性のある改造コードは公開しない」旨を明らかにしている。
  9. 金・銀におけるワタルなど、改造を行わないと再現できないポケモンを持っているトレーナーも存在する。

関連項目