第七世代(サン・ムーン)登場に関するお願い
サン・ムーン発売Pokémon GOの更新に伴い、ポケモンWikiにおいて新規投稿や加筆修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

アカウント作成時のエラーについて
アカウント作成時に、メールアドレスを入力しなければアカウントが作成できない不具合がありました。現在は解消済みです。

ID

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

ID (アイディー) はゲーム本編においてセーブデータを作った時にランダムで割り振られる、プレイヤーを識別する番号。

概要

IDはプレイヤーを識別する番号であると同時に、ポケモンのおやを識別する番号でもある。 「はじめからあそぶ」を選ぶたびに毎回変わり、セーブデータを消さない限り変わることはない。 IDを用いるものとしてIDくじ色違いの判定などがある。

第二世代までは16bit (2^16=65536通り)、すなわち2バイト (1バイト=8bit) のデータがそのままIDとなっていた。 2^16=65536であるため、上限値は65535となっている。ただし実際の表示は10進数表記でゼロパディング5桁 (00000-65535) となる。

第三世代からは32bit (2^32=4294967296通り)、すなわち4バイトのデータになった。 ただし第六世代までは第二世代以前を踏襲して下位2バイトの表示のままで上位2バイトは表示されない。表示されない上位2バイトを隠しIDと呼ぶこともある。

第七世代以降、IDはゼロパディング6桁になった。 内部的には今まで通りIDとしてのデータは上位2バイトに隠しID、下位2バイトにIDの4バイトで生成されるが、これを10^7で割ったときの余り(剰余)、すなわち10進数表記の下6桁がゲーム上に表示される。
なお、上位2バイトに隠しID、下位2バイトにIDとした場合の4バイトの値の計算式は“隠しID × 2^16 + ID”となる。
例えば、ゲーム開始時にID:00033と隠しID:34262が生成されたとすると、上述の計算式により 34262 × 65536 + 33 = 2245394465 となる。この下6桁の「394465」がゲーム内で表示される。

配布・貴重なポケモンのID

配布・貴重なポケモンのIDは、発売日・配布日を、第三世代では (西暦下一桁) (月/一桁の場合上に0を付ける) (日/一桁の場合上に0を付ける) という順に並べたもの、第四世代では (月/一桁の場合上に0を付ける) (日/一桁の場合上に0を付ける) (西暦下一桁) という順に並べたものが多い。順番が変わった理由は、上述の通りIDの上限が65535で70000台以降が使えないためで、第三世代のやり方だと2007年以降の日付が表記できないからである。

第七世代では000000-999999の任意の値が出るように変更されたので、(西暦下二桁) (月/一桁の場合上に0を付ける) (日/一桁の場合上に0を付ける)のYYMMDD形式が可能になった。

IDが関与するもの

関連項目