ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

遺伝

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索

遺伝とは、育て屋に預けたポケモンからタマゴから生まれてくるポケモンにデータが受け継がれる現象。

そのデータを決定するタイミングについては、タマゴ#生まれてくるポケモンの能力を参照。

わざの遺伝

タマゴわざを参照。

個体値の遺伝

第二世代

育て屋に預けたポケモンのうち、

  • 生まれたポケモンがの場合、預けたぼうぎょとくぼうの個体値が受け継がれる。
  • 生まれたポケモンが♀の場合、預けた♂のぼうぎょ、とくぼうの個体値が受け継がれる。
    • ただし、メタモンを預けていた場合は、生まれたポケモンの性別に関わらず、メタモンのぼうぎょ、とくぼうの個体値が受け継がれる。

なお、ぼうぎょの個体値はそのまま受け継がれる場合と(0から15の範囲で)±8の処理後に受け継がれる場合がある。

第三世代ダイヤモンド・パールプラチナ

  • 育て屋に預けたポケモン2匹の個体値から、両親あわせて3個が選ばれて受け継がれる。ただし、HPとぼうぎょの個体値は他に比べて選ばれる確率が低い。

ハートゴールド・ソウルシルバー第五世代

第六世代

  • 基本的には第五世代までと同じ。
  • あかいいとを持たせると、受け継がれる個体値の数が5個に増える。

せいかくの遺伝

かわらずのいしを参照。

特性の遺伝

特性が1種類しか無いポケモンの場合は生まれてくる子は全て同じ特性になるが、特性が2種類以上存在するポケモンの場合、親の特性が何であるかによって生まれてくる子の特性に影響が出るケースがある。

通常の特性(ブラック・ホワイトまで)

遺伝しない。 生まれてくるポケモンは両親の持っている特性に全く関係なく、持ちうる2種類から50%ずつ選ばれる。

例:イーブイは通常の特性「てきおうりょく」と「にげあし」を持っている。両親がてきおうりょく同士でも、にげあし同士でも、てきおうりょく+にげあしでも、生まれてくる子はてきおうりょくとにげあしがそれぞれ50%の確率である。

通常の特性(ブラック2・ホワイト2)

同じ種族ののつがいを育て屋に預けた場合に限り、♀側の親が持つ特性が強く遺伝する

約7割前後の確率で♀親と同じ特性を持つ子が生まれ、残りがもう片方の特性になる。この時、♂の特性が何であるか、どちらがかわらずのいしを持っているかは関係ない。 また、片方の親が同じタマゴグループの別種ポケモンまたはメタモンである場合は遺伝は起こらず、2種の特性が半々で現れる。

例:てきおうりょくのイーブイ♂とにげあしのイーブイ♀を育て屋に預けた場合、生まれてくる子は7割がたにげあしになる。片方がメタモンである、または♂側がりくじょうグループのイーブイ以外のポケモンである場合、てきおうりょくとにげあしが半々で生まれてくる。

通常の特性(第六世代)

メタモン以外と預けた場合、いかなる場合でも♀側の親が持つ特性が強く遺伝する。メタモンと預けた場合は性別に関係なく片方の親の持つ特性が強く遺伝する。

片方の親が同じタマゴグループの別種ポケモン、またはメタモンであっても、♀親(メタモンの場合はタマゴを産む方の親)と同じ特性を持つ子が約7割前後で生まれてくる。

例:ドーブル♂とてきおうりょくのイーブイ♀を育て屋に預けた場合、生まれてくる子は7割がたてきおうりょくになる。また、メタモンとてきおうりょくのイーブイ♂を預けた場合でも、7割がたてきおうりょくのイーブイが生まれてくる。

夢特性(第五世代)

第五世代での夢特性は以下の条件で遺伝する。

  • 側が夢特性を持った個体で、側は♀と同種または同じタマゴグループの異種。この時♂側が夢特性を持っているかどうかは関係ない。
  • 相手がメタモンでない事。メタモンが夢特性(かわりもの)を持つ個体であっても関係がない。

この2つの条件を両方満たせば、タマゴはおよそ5~6割の確率で夢特性を持って生まれてくる(生まれてくるポケモンが夢特性と合わせて3種の特性を持つ種類だった場合、2割・2割・6割と言った偏った確率になる)。ゆえに、第五世代においては♂しかいないポケモンの夢特性を遺伝させる事はできず、片割れがメタモンであってはいけない関係上、性別不明のポケモンの夢特性も遺伝させる事はできない。

例:イーブイは通常の特性「てきおうりょく」と「にげあし」、夢特性「きけんよち」を持っている。きけんよちのイーブイ♀とイーブイ♂、またはりくじょうグループの何かの♂ポケモンを預けた場合、生まれてくる子はおよそ6割がきけんよち、2割がにげあし、2割がてきおうりょくになる。相手がメタモンの場合や♂がきけんよちを持っていた場合、にげあしとてきおうりょくが半々になり、きけんよちは生まれない。

夢特性(第六世代)

第六世代での夢特性は以下の条件で遺伝する。

  • 側が夢特性を持った個体で、側は♀と同種または同じタマゴグループの異種。この時♂側が夢特性を持っているかどうかは関係ない(ここまでは第五世代と同じ)。
  • 夢特性を持った♀とメタモンの組み合わせ
  • 夢特性を持った♂とメタモンの組み合わせ
  • 夢特性を持った性別不明とメタモンの組み合わせ

いずれかの条件を満たせば、およそ5~6割の確率で夢特性を持った子が生まれる。同じタマゴグループの♂と♀の組み合わせの場合、♂側が夢特性を持っていても、♀側が夢特性を持っていなければ従来通り遺伝しない。♂の夢特性が遺伝するのはメタモンと預けた時だけである。メタモンが夢特性(かわりもの)を持つ個体であっても夢特性の遺伝には何の関係もない。

例:ふしぎなおくりもので期間限定で配布されているメガシンカに必要なバシャーモナイトを持った♂のアチャモかそく)で夢特性を遺伝させたい場合、メタモンと一緒に預ければかそくを持ったアチャモが5~6割の確率で生まれる(♀のかそくアチャモも普通に生まれる)。通常の特性(もうか)を持った♀のアチャモと一緒に預けてもかそく持ちは生まれない。

この仕様変更により、第五世代までは不可能だった♂しかいないポケモン、性別不明のポケモン、配布限定の♂御三家などの夢特性も、メタモンさえいれば自由に遺伝させる事ができるようになった。

モンスターボールの遺伝

第六世代からモンスターボールの種類も遺伝するようになった。♀のポケモンが入っていたモンスターボールの種類になる。組み合わせは「♂と♀」でも「♀とメタモン」でもよい。

余談だが、第六世代での入手ができないボール(サファリボールドリームボールガンテツが作ったボール)であろうと遺伝する。そのため、ドリームボールに入った通常特性のポケモンを入手することもできる。

ただし、「♂とメタモン」もしくは「性別不明とメタモン」の場合や、♀のポケモンが入っていたボールがマスターボールプレシャスボールの場合は遺伝せず、通常のモンスターボールになる。

姿の遺伝

カラナクシの姿の遺伝

育て屋に預けた2匹のポケモンのうち、♀のカラナクシ(またはトリトドン)と同じ姿のカラナクシが生まれる。

ただし、メタモンと♂のカラナクシ(またはトリトドン)を育て屋に預けた場合は、必ず西の海の姿カラナクシが生まれる。

ミノムッチのミノの遺伝

育て屋に預けた2匹のポケモンのうち、♀のミノムッチ(またはミノマダム)と同じミノのミノムッチが生まれる。

バスラオの姿の遺伝

育て屋に預けた2匹のポケモンのうち、♀のバスラオと同じ姿のバスラオが生まれる。