第七世代(サン・ムーン)登場に関するお願い
サン・ムーン発売Pokémon GOの更新に伴い、ポケモンWikiにおいて新規投稿や加筆修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

経験値タイプ

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

経験値タイプ(けいけんち - )とはそれぞれのLvに達するために必要な経験値の種類。

概要

ポケモンは種類によって、成長の速度が異なり、最高レベル(Lv100)到達に必要な経験値も異なっている。成長の速度のパターンは6タイプ(第二世代までは4タイプ)あり、最高レベル到達に必要な経験値の万の位までをとってそれぞれ、60万・80万・100万・105万・125万・164万タイプとよばれる。

同じ進化系統のポケモンの経験値タイプは、登場時期が異なっていても同じであり、進化によって経験値タイプが変わることは無い。 例)ピンプク第四世代)-ラッキー第一世代)-ハピナス第二世代)...いずれも80万タイプ。

各タイプ

60万タイプ

第三世代から登場。初期は成長が非常に遅い(全タイプ中最遅)が、途中から早くなり、高レベルになっても必要な経験値がほとんど増えなくなるタイプ(特にレベル99からレベル100に上げる為に必要な経験値は全経験値タイプで唯一1万を切っている。)。164万タイプの真逆になる。レベル27までは必要経験値が全タイプ中最多だが、レベル38から100万タイプより少なくなり、最終的に最速で最高レベルに到達する。全体的に持っているポケモンのレベルが低いストーリー攻略では育てにくい。ツチニン-テッカニンヌケニン)、ヒンバス-ミロカロス、など22体が該当する。リリーラ-ユレイドルなどの化石系ポケモンも一部該当する。

80万タイプ

最初から最後まで比較的早いペースで成長するタイプ。 ピィ-ピッピ-ピクシールリリ-マリル-マリルリなどのファンシー系に多いが、ムウマ-ムウマージカゲボウズ-ジュペッタなどのゴースト系にも比較的多い。56体が該当する。レベルn到達がnの3乗の8割である。

100万タイプ

標準的に成長するタイプで、このタイプの系統は335体と最も多い。レベルn到達がnの3乗で表されるため、成長の見積もりがしやすい。

105万タイプ

初期は早いペースで成長し、途中から標準的なペースに移行するタイプ。 各バージョンの最初に選択する3匹の系統はすべてこのタイプである。またポッポ-ピジョン-ピジョットメリープ-モココ-デンリュウなどストーリー序盤に野生で手に入る系統が比較的多く(100万タイプと比べて育てやすいのが実感できる)、ストーリー攻略に向いていると言える。202体が該当する。 最高レベル到達に必要な経験値が1,059,860であるため、千の位を切り上げて106万タイプとよばれることもある。

125万タイプ

最初から最後まで比較的遅いペースで成長するタイプ。ドラゴン系、伝説系などに多く育てにくい。173体が該当する。レベルn到達がnの3乗の1.25倍である。

164万タイプ

第三世代から登場。初期は成長が非常に早い(全タイプ中最速)が、途中から遅くなっていき、高レベルになると1レベル上げるのに必要な経験値が爆発的に増えていくタイプ(特にレベル99からレベル100に上げる為に必要な経験値は7万近くに上っており、これは80万タイプならレベル1からレベル43まで上げてしまえる程の量である)。60万タイプの真逆になる。レベル27から必要経験値が100万タイプを超え、レベル37で最も多くなり、最終的に最遅で最高レベルに達する。キノココ-キノガッサマクノシタ-ハリテヤマ、など14体が該当する。このタイプのポケモンは60万タイプのポケモンと対になっている場合が多い(例:♂のみのバルビートが60万タイプなのに対して♀のみのイルミーゼが164万タイプ、ルビーのみに出現するザングースが60万タイプなのに対してサファイアのみに出現するハブネークが164万タイプといった具合)。

必要な経験値の計算式

  • 60万タイプ
    • floor(Lv3×(100-Lv)÷50) (2≦Lv≦50)
    • floor(Lv3×(150-Lv)÷100) (50≦Lv≦68)
    • floor(Lv3×floor((637-10×Lv÷3))÷500) (68≦Lv≦98)
    • floor(Lv3×(160-Lv)÷100) (98≦Lv≦100)
  • 80万タイプ
    • floor(0.8×Lv3)
  • 100万タイプ
    • Lv3
  • 105万タイプ
    • floor(1.2×Lv3-15×Lv2+100×Lv-140)
  • 125万タイプ
    • floor(1.25×Lv3)
  • 164万タイプ
    • floor(Lv3×(24+floor((Lv+1)÷3))÷50) (2≦Lv≦15)
    • floor(Lv3×(14+Lv)÷50) (15≦Lv≦36)
    • floor(Lv3×(32+floor(Lv÷2))÷50) (36≦Lv≦100)

備考

  • Lv1のポケモンの経験値は全てのタイプで0である
  • 「floor X」はXの小数点以下の数字を切り捨てを出す記号
  • 「X mod Y」はXをYで割った余りを出す記号

関連項目