ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

エメラルド (ポケットモンスターSPECIAL)

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索

エメラルドとは、ポケットモンスターSPECIALの登場人物。


注意:以降の記述には、作品の内容やあらすじ、登場人物などのネタバレが含まれます。ご理解の上利用ください。

プロフィール

概要

  • 10人目の図鑑所有者。ポケモンが好きではなく、ポケモンバトルが好き」という、変わった性格の少年。手持ちポケモンを持たず、バトルチューブバトルピラミッドなどではクリスタルから送って貰ったポケモンを中心に、挑戦していた。その後、Eシューターで解放した、ジュカインウソッキーサマヨールを手持ちポケモンに迎えることになる。
  • 初対面の記者に銃を向けるなど、かなりハチャメチャで突飛な行動をする。その滅茶苦茶な振舞いでバトルフロンティアの人々を振り回し、さんざん困らせる。中でも最もひどい目に遭わされたのがフロンティアブレーンであるジンダイヒースである。
  • ポケモンを信頼したり人とベタベタしたりするのが苦手。そのため、やたら馴れ馴れしく接してくるルビーサファイアを振り払おうと必死になっている。6章中盤からはルビー・サファイアから逃げるのを諦め、2人のツッコミ役になってしまう。
  • バトルタワーの戦いでルビー・サファイアに心を開き、自分の過去の話をした。
  • エメラルドは、両親から捨てられ、親戚の間をたらい回しにされていた上に、体が小さく、周りの子供から馬鹿にされていた。当時、ポケモンとは仲良くしていたのだが、「お前にとっては、ポケモンが手足の代わりだな」と言われたのがショックで、ポケモンと関わらなくなってしまう。
  • その後、キンセツシティの川辺でカラクリ大王(エメラルド曰く「靴屋」)と出会い、ジョウト地方ジョバンニ先生のポケモン塾に預けられる。
  • そこで見た、クリスタルに憧れを抱き、クリスタルと同じようにオーキド博士にポケモン図鑑を貰いに行くことを決意する(第3章の最後、オーキド博士が「そろそろキミの名前を教えてもらおう」と言っているシーン)。
  • だが、ポケモンと関っていないことを理由に断られてしまう。そこでエメラルドは、カラクリ大王に相談し、厚底靴とマジックハンド、Eシューターを受け取り、ポケモンバトルの腕を磨き、ポケモン図鑑をオーキド博士から貰った。
  • その直後にバトルフロンティアに派遣され、6章の内容に到る。
  • クリスタルのやり方を真似たのか、ポケモンを捕獲するときはボールを蹴って扱う。
  • イエローと同様、モデルになったゲーム中のキャラクターが存在しない。

特技

  • ポケモンの出身地を見抜く事。

功績等

第6章におけるエメラルド

ポケモン

手持ちポケモン

他の図鑑所持者とは違い、特定の地方に偏った手持ちではなく、カントー、ジョウト、ホウエンのポケモンがそれぞれ2匹ずつ手持ちに入っている。ニックネームは付けていない。

一時的な手持ち

当初ポケモンは所持しておらず、ラティオス・ラティアス以外は必要に応じてクリスタルから転送してもらっていた。

エメラルドのポケモン
手持ちジュカイン - ウソッキー - サマヨール - カビゴン - バリヤード - マンタイン