ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

タマゴわざ

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索

タマゴわざとは、タマゴから生まれてくるポケモンが、覚える特別な技のこと。親のポケモンのわざと同じもののため、遺伝技(いでんわざ)とも呼ばれる。

遺伝の条件

以下の条件を満たしている技は、「そのポケモンがレベル1で覚える」と設定されている技以外に覚えた状態で生まれてくる。

ただ、レベルアップ・技マシン・教え技によって覚えられる技の場合、無理にタマゴの時に覚えさせる必要が無いため、特に「タマゴ技」「遺伝技」とだけ言う場合、1つ目の「タマゴわざ」として設定されている技のみの事を言う場合が多い。

  • タマゴわざ
    • 生まれてくるポケモンのタマゴわざであること。
    • ♂または性別不明(該当ポケモンはヌケニンのみ)が覚えていること(第五世代まで)。
    • いずれかの親がその技を覚えていること(第六世代のみ)。
  • わざマシンひでんマシンのわざ
    • 生まれてくるポケモンが、そのわざを覚えられること。
    • ♂または性別不明が覚えていること。
  • オヤジわざ(クリスタル)
    • 生まれてくるポケモンが、そのわざを覚えられること。
    • ♂が覚えていること。
  • レベルアップで覚えるわざ
    • 生まれてくるポケモンがレベルアップで覚えられるわざであること。
    • ♂と♀が両方ともその技を覚えていること。

例外

同時遺伝

2つ以上のタマゴ技を一度に遺伝させる事。特に、異なるポケモンが覚える技を1匹のポケモンに遺伝させる事。

第五世代まで

♂が覚えていた技しか遺伝しなかったため、子に覚えさせたいタマゴ技は、♂に全て覚えさせておく必要があった。そのため、技の組み合わせによっては♂親に全て覚えさせる手段が存在せず、択一になってしまう組み合わせもあった。

  • 例えばゼニガメミラーコートアクアジェットを遺伝させたい場合。
    • ゼニガメの属するタマゴグループ・かいじゅうおよびすいちゅう1の中でミラーコートを自力習得するポケモンはサニーゴのみだが、サニーゴはアクアジェットを覚えることはできない。従って、サニーゴが覚えるミラーコートをそのまま遺伝させようとした場合、アクアジェットを遺伝させる事ができない。
    • こういう場合、ミラーコートを遺伝できるかいじゅうまたはすいちゅう1グループのポケモンの中から、アクアジェットを自力習得できるポケモンを探す。ママンボウはアクアジェットをレベルアップで習得し、かつミラーコートをタマゴ技で覚えるので、一旦♂サニーゴと♀ママンボウでタマゴを作り「ミラーコートを覚えたママンボウ(の♂)」を手に入れ、レベルアップでアクアジェットを追加した上でゼニガメの♀とタマゴを作る。こうして初めて同時遺伝が成立する。
  • しかし中にはこういった経路が存在しない技の組み合わせもあり、例えば同じくゼニガメにおいて、しおふきとミラーコートを同時遺伝させる事は不可能であった。
    • かいじゅうまたはすいちゅう1グループに属する他のポケモンで、「しおふきをタマゴ技で覚えてアクアジェットを自力習得するポケモン」およびその逆は1匹も存在しない。しおふきはテッポウオ系列にタマゴ技で覚えさせたものを親にしなければゼニガメに遺伝させられず、そしてテッポウオはどうやってもアクアジェットを習得できない。従って、ゼニガメにおいてアクアジェットとしおふきの両立は不可能だった。
  • りくじょうグループに属しているポケモンの場合、ドーブルスケッチによって殆どの技を自由に覚えられるため、遺伝経路を気にする必要が無く、どのような技でも同時遺伝する事が可能だった。
  • 同時遺伝が不可能な別のケースとして、同じポケモンの組み合わせでも、状況によって違うポケモンが生まれてくる場合。例えばまんぷくおこうの所持/非所持によってゴンベが生まれるかカビゴンが生まれるかが変わるカビゴンなど。カビゴンだとじわれはカビゴンのタマゴを作る場合にしか遺伝しないが、じばくしねんのずつきはゴンベのタマゴを作る場合にしか遺伝しない。そのため、これらの技を両方とも遺伝させたカビゴンを作るのは不可能。

第六世代

仕様変更により♀からも同様に遺伝するようになった。

上記のゼニガメのしおふき+アクアジェットの例でいくと、しおふきを覚えさせたテッポウオ♂を用意し、ゼニガメ♀とタマゴを作り、しおふきを覚えたゼニガメ♀を用意する。その後別にアクアジェットを覚えた♂親を用意し、しおふき持ちゼニガメ♀とタマゴを作ると、アクアジェットとしおふきを両方覚えたゼニガメが誕生する(ここで性別を指定しているのは遺伝のためではなく、生まれてくるタマゴをゼニガメにするため)。

これにより、りくじょうグループ以外でも原則として同時遺伝不可能な組み合わせが無くなったが、先述のゴンベとカビゴンのようなケースの場合は事情が異なるので、第六世代でも同時遺伝不可能なままである。

備考

  • タマゴ技に入っているが、親にできるポケモンの中にその技を覚えることができるポケモンが全く居ない、と言うケースも稀に存在する。
    • その技を親に覚えさせる手段が教え技のみというケースで、世代が変わってその技を教える方法が無くなった場合、教え技があった旧世代と通信できる環境が無い人の場合、遺伝元の親を用意するのが不可能になる。
    • いかなる方法でも遺伝の親を用意する手段が最初から無かったのは、今のところハートゴールド・ソウルシルバーにおけるノズパスもろはのずつきのみ。
  • 第六世代ではタマゴ技を忘れさせても、レベルアップで覚えた技と同様にハートのウロコを使って思い出させることができる。