ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

ポケモンずかん

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索

ポケモン図鑑( - ずかん)とは、ポケモントレーナーが携帯し、新しく捕まえたポケモンが順次記録されていく機械。ポケットモンスターシリーズ本編ではこのポケモン図鑑を完成させることが一つの目標である。後述に記載されているように、ゲームではアニメと異なり見ただけのポケモンには完全なデータは表示されないが、分布を見ることなどはできる。

概要

図鑑の完成度は「つかまえた(ポケモンの)かず」と「みつけた(ポケモンの)かず」がステータスとなる。

  • 「つかまえたかず」は、野生のものを捕まえる、進化させる、ゲーム中でNPCから貰う、他カートリッジ(外伝含む)から連れてくる、映画などで配布を受ける、などで自分の手持ち(またはボックス)に一度でも入ったことのあるポケモンの種類である。
  • 「みつけたかず」は、上記の「つかまえたかず」に加えて、野生やゲーム中のNPCと対戦する、NPCに見せてもらう、などでポケモンの姿を一度でも見たことのあるポケモンの種類である。ただし、通信対戦相手のポケモンやバトルフロンティア系統で見つけたポケモンは「みつけたかず」にはカウントされない。

「みつけた」ポケモンは目次では該当するNo.にポケモン名だけが表示される。すがたに加えて、生息地がマップ上に記録される。鳴き声を聞くことができる。 「つかまえた」ポケモンは目次に●印(モンスターボールマーク)とともに表示され、たかさおもさに加えて説明文も表示され、図鑑として完全なものになる。タイプ別の検索も可能になる。

ポケットモンスターシリーズ本編ではメニューから選択し、起動する。

各バージョンでのポケモンずかん

ピカチュウ版を除き、最初に選択する3匹(御三家)はくさほのおみずタイプで、必ず2段階の進化をする(ただしフシギダネはくさ・どくタイプ)。くさタイプがNo.1~3、ほのおタイプがNo.4~6、みずタイプがNo.7~9となっている。以降はストーリーを進めるに従って野生で登場する順番にほぼ従う。進化後のポケモンは、進化前のそれの後に続くように配列される(ただし、後の世代で旧作の進化前または進化後が登場したときは、その限りではない)。

後の世代で新しく出現したポケモンは、旧作からの通し番号がついており、これがぜんこくずかんとなっている。世代が進むごとに、ぜんこくずかんのポケモン数は増大するため、図鑑を完成させるのも一苦労となる。

なお全世代通して図鑑完成には、基本的に現実のイベントでないと手に入らないポケモン(幻のポケモン)であるミュウセレビィジラーチデオキシスフィオネマナフィダークライシェイミアルセウスビクティニケルディオメロエッタゲノセクトは不要である。第三世代および第四世代のダイヤモンド・パール・プラチナでは、ルギアホウオウも不要であった。第五世代のブラック・ホワイトでは例外的に幻のポケモンでないランドロスキュレムは不要である。

赤・緑・青・ピカチュウ

カントー地方に生息する全151種類のデータがあり、図鑑完成にはミュウは不要。アニメ版の声優は三木眞一郎。ピカチュウ版のみポケットプリンタで印刷することが可能。

金・銀・クリスタル

カントー地方・ジョウト地方に生息する全251種類のデータがあり、図鑑完成にはミュウ・セレビィは不要。番号順で新しいポケモンを後に配置した「ふるいずかんモード」(ぜんこくずかんの251番までと一致)、ジョウト地方に即した並びにした「しんがたずかんモード」(ジョウトずかんともよばれる)、五十音順の「アイウエオモード」の3種類の表示形式と、アルフのいせきで追加してもらえる26種類のアンノーンずかんがある。足跡が表示されるようになり、タイプによる検索機能も追加された。ピカチュウ版と同様、ポケットプリンタで印刷することもできる。

ルビー・サファイア・エメラルド

元々はホウエン地方に生息する全202種類のデータしかないが、ファイアレッド・リーフグリーンから他の地方のポケモンを送ってくる(エメラルドでは殿堂入りをする)と、全386種類の「ぜんこくずかん」モードにバージョンアップされ、今までのものは「ホウエンずかん」モードで見ることができるようになる。図鑑完成にはミュウ、ルギア、ホウオウ、セレビィ、ジラーチ、デオキシスは不要。なお、エメラルドでは全国図鑑になる前は202種類以外のポケモンは連れて来ることができない。それぞれのモードにつき「ばんごうじゅん」「ごじゅうおんじゅん」「おもいじゅん」「かるいじゅん」「たかいじゅん」「ひくいじゅん」の6種類の並びを選ぶことができる。検索機能も強化され、最初の文字、色、タイプを指定することができるようになった。他には、鳴き声を聞く際のVUメーターと波長、主人公(少年少女ともに1.45m)と大きさを比べる機能などが追加された。上下長押しで高速にスクロールができる。

ファイアレッド・リーフグリーン

元々はカントー地方に生息する全151種類のデータしかないが、四天王に勝った後、捕まえた数が60種類以上であればオーキド研究所にて全386種類の全国図鑑にバージョンアップしてもらえ、また60種類未満だった場合は60種類以上捕まえた後研究所に行くとバージョンアップしてもらえる。なお、全国図鑑になる前は151種類以外のポケモンは連れて来ることができず、また151種類以外への進化もできない(ゴルバットクロバットなど第二世代以降で進化後が追加されたポケモン。進化条件を満たすと進化中の画面になるものの、途中で「?」と表示されて強制的に進化キャンセルされる)。見つけた数、捕まえた数はカントー図鑑と全国図鑑それぞれの数を見ることができる。「アイウエオじゅん」「タイプじゅん」「かるいじゅん」「ひくいじゅん」の4種類の索引があり、また全く新しいものとして、「そうげん」「もり」「みずべ」「うみ」「どうくつ」「やま」「あれち」「まち」「めずらしいポケモン」9種類の生息場所それぞれのポケモンを一覧できるようになった(詳細はいろんなばしょにいるポケモンの一覧を参照)。

ダイヤモンド・パール・プラチナ

ダイヤモンド・パールでは、元々はシンオウ地方に生息する全151種類、プラチナでは全210種類のデータしかないが、四天王に勝った後、全種類「みつけたかず」に登録していればポケモンけんきゅうじょにて全493種類の全国図鑑にバージョンアップしてもらえ、また全て見ていない場合は全て見た後研究所に行くとバージョンアップしてもらえる(プラチナではマナフィも見る必要がある)。なお、全国図鑑になる前でも151種類(210種類)以外のポケモンを連れて来ることができる(この時点では図鑑No.は???となっている)。見つけた数、捕まえた数はシンオウ図鑑と全国図鑑を切り替えることによってそれぞれの数を見ることができる。「ばんごうじゅん」「ごじゅうおんじゅん」「おもいじゅん」「かるいじゅん」「たかいじゅん」「ひくいじゅん」の6種類の索引がある。鳴き声には波長の表示やスローなどの機能がある。「おおきさくらべ」には主人公と天秤で測る「おもさくらべ」が追加。ストーリー中に218ばんどうろミオシティを結ぶゲートでヒカリ(もしくはコウキ)の父親によって追加される「すがた」ではポケモンのフォルムの外見を比較できる。上下長押しで高速にスクロールができる。

マイスターに改造してもらった後、海外版のアーボピカチュウコダックポニータヒトデマンコイキングソーナンスヘラクロスニューラヒメグマデルビルキャモメナマケロロゼリアのいずれかを手に入れると、その言語の解説が見れるようになる。なお、プラチナでは手に入れた全ての海外版ポケモンの外国語の説明を見ることができる。

ハートゴールド・ソウルシルバー

最初の図鑑は金・銀・クリスタルのしんがたずかんを元にし、一部のポケモンを追加し256種類となったジョウトずかんを使用する。四天王に勝った後にアサギシティの船乗り場でオーキド博士が図鑑を全493種類のぜんこくずかんにバージョンアップしてくれる。すべてのポケモンの外国語版解説が収録されている。なお、全国図鑑になる前でも256種類以外のポケモンを連れて来ることができる(この時点では図鑑No.は???となっている)。見つけた数、捕まえた数はジョウト図鑑と全国図鑑を切り替えることによってそれぞれの数を見ることができる。「ばんごうじゅん」「ごじゅうおんじゅん」「おもいじゅん」「かるいじゅん」「たかいじゅん」「ひくいじゅん」の6種類の索引がある。この他「名前の頭文字」「タイプ」「たかさ」「おもさ」「ちいき」「かたち」の各条件で検索ができる。「おおきさくらべ」には主人公と天秤で測る「おもさくらべ」「すがた」は最初から見ることができ、ポケモンの♂と♀やフォルムの外見を比較できる。上下長押しで高速にスクロールができる。

ブラック・ホワイト

ブラック・ホワイトでは、元々はイッシュ地方に生息する全156種類のデータしかないが、四天王に勝った後に主人公の家の前にてアララギパパに全649種類の全国図鑑にバージョンアップしてもらえる。第四世代とは異なり、日本語版ROMには今作で追加された156種類の外国語版解説は収録されていない。なお、全国図鑑になる前でも156種類以外のポケモンを連れて来ることができる。従来の図鑑では確認できなかった色違いの姿も確認できる。「おおきさくらべ」は廃止された。

ブラック2・ホワイト2

ブラック2・ホワイト2では、第五世代の156匹に一部のポケモンを追加し301種類となった新型イッシュずかんを使用する。四天王に勝った後に全649種類の全国図鑑にバージョンアップされる。なお、全国図鑑になる前でも301種類以外のポケモンを連れて来ることができる。

機能として、せいそくちリスト(生息地リスト)が追加された。

  • 選択した道路やダンジョンにどんなポケモンがいるか確認できる。
  • ポケモンと遭遇すればリストに表れ、つかまえるとモンスターボールのマークが赤くなる。
  • すべてのポケモンに遭遇すると、完了を意味する!マークと大きなモンスターボールのマークが付く。

ブラック・ホワイトと同じく、日本語版ROMには全国図鑑No.494以降156種類の外国語版解説は収録されていない。

X・Y

X・Yでは、エリア別に3つに図鑑が分けられ、セントラルカロスずかんコーストカロスずかんマウンテンカロスずかんという名前がつけられている。最初はセントラルカロスずかんのみだが、ストーリーが進むのに合わせてジーナデクシオにより新しいずかんモードが追加されて行く。殿堂入り後、ミアレシティの駅からキナンシティへ行く直前に全国ずかんへとバージョンアップされる。発売時点では、第六世代の69匹に過去作で登場した一部のポケモンを追加し以下の数になっている。複数のカロス図鑑に登録されるポケモンは存在しない。

  • セントラルカロスずかん:151種類
  • コーストカロスずかん:153種類
  • マウンテンカロスずかん:151種類

ポケモンカードにおけるポケモンずかん

ポケモンカードゲームにも以下のカードとして登場する。

アニメにおけるポケモンずかん

  • 図鑑の色は基本的に赤であるが、他の色も存在する。
  • アニメでは、見ただけで説明が音声として流れる。
  • 図鑑に登録されていないポケモンは「データ無し」と認識される。
  • DP以降は捕まれたポケモンの覚えている技も確認できることが明かされた。
  • ポケモンかどうかを判断することができ、AG編第109話ニャースが化けたキルリアを調べた際は「ニャース」の説明が流れたため変装を見破った。
  • サトシはDPまではオーキド博士から新しいポケモン図鑑を貰っていたが、ベストウイッシュからはその地方の博士に貰っている。
持ち主
サトシ
灰色(イッシュ図鑑・カロス図鑑)
ハルカ
白(バトルフロンティア編から使った図鑑)
ヒカリ
コトネ
ベル
ラングレー
ピンク
セレナ 灰色(サトシの図鑑と同形)
シンジ 紺色
ヒロシ 赤(サトシの図鑑と同形)
カズナリ
マキナ 黄色
マミイ 薄紫
シューティー
コテツ
灰色(サトシの図鑑と同形)

声優

アニメ版において図鑑の声を担当している声優。

備考

  • 玩具としてはタカラトミーから製品化されている。
  • インターネットサイトとして、ポケモンの公式イラスト、分類、タイプ、特性、高さ、重さ、性別の有無、進化を確認できるサービスが公式サイトにて提供されている。

関連項目

リンク