Pokémon GOおよび第七世代登場に関するお願い
Pokémon GOおよび第七世代登場に伴い、ポケモンWikiにおいて作成や修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、編集、訂正に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWiki10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。なお、記念企画を検討中です。

グリーン (ポケットモンスターSPECIAL)

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

グリーンは、ポケットモンスターSPECIALの登場人物。

プロフィール

概要

  • マサラタウンに住むオーキド博士の孫でレッドのライバル。レッドとは対照的にクールで素っ気ない性格。とてもしっかりした少年で、感情が先走るレッドのストッパー役となっている。ブルーの嘘にもほとんど騙されないことからもグリーンの聡明さが読み取れる。バトルでは完璧な戦略を立てるタイプ。戦略の完成度はとても高いが、考えすぎるゆえにひとつの思考に固執してしまう一面もある。
  • オーキド博士があまりにも有名すぎて、グリーンは「グリーン」としてではなく「オーキド博士の孫」として有名になってしまう。かつてグリーンはこのことに不満を抱いている。今では誇りを持って言えている。
  • ポケモンへの愛情が欠けていると指摘されることもある。レッドにイヤミなやつと言われることもある。
  • ポケモンを強く育成することに長けている。そのためオーキド博士からは「育てる者(ポケモン育成)」と称された。
  • 10歳頃までタンバシティシジマのもとで修業(漫画内では留学)していた。
  • 第3章以降はトキワシティジムのジムリーダーを務めている。しかしジムを留守にすることが多く、留守のときはボックスメンバーの5匹で挑戦者と戦っている(トレーナーは自分をモデルとしたバーチャルトレーナー)。
  • グリーンが登場する章では、必ず章のラストで彼がブルーに対し「うるさい女だ」という台詞を発するのがお約束になっている。
  • 天才子役である頃のカルネを知っており、かつて留学生として知り合っている。

特技

  • ポケモン育成

功績等

第1章におけるグリーン

第2章におけるグリーン

  • レッドに勝つ為に武者修行をしていた。
  • イエローにバトルの仕方を教えた。イエローとの修行中にイエローが女の子である事に気づく。

第3章におけるグリーン

第5章におけるグリーン

第6章におけるグリーン

第12章におけるグリーン

ポケモン

手持ちポケモン

グリーンはニックネームを付けていない。

ボックスメンバー

性別
初登場:第116話 VSハッサム
性別
初登場:第116話 VSハッサム
性別
わざ:なりきり
初登場:第116話 VSハッサム

一時的な手持ち


逃がしたポケモン

カップリング

備考

  • 英語版などでは名前がBlueとなっている。逆にブルーがGreenとなっている。

関連項目