第七世代(サン・ムーン)登場に関するお願い
サン・ムーン発売Pokémon GOの更新に伴い、ポケモンWikiにおいて新規投稿や加筆修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ひでんわざ

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

ひでんわざ(秘伝技)とは、ひでんマシンを使って覚えさせることが出来るわざのこと。

特徴

  • わざわすれを利用しなければ、任意で忘れさせることが出来ない。
    • そだてやに預けた場合もレベルアップで覚えた新しい技をひでんわざに上書きされることがある。
  • いずれもフィールド上の特定の場所で使うことが出来、特定の効果を発揮する。
  • パルパークポケシフターでポケモンを送る場合、ひでんわざを覚えていると送れない。
    • ここでのひでんわざは送り元のバージョンのひでんわざであることに注意 (詳細はパルパーク、ポケシフターを参照)。
    • その他の場合においても、ひでんわざを覚えたポケモンを自分のデータから消滅させる操作(通信交換など)には多くの場合、制限が入る。

特定の地形を通過するために必須な技であるため、パソコンの存在するポケモンセンターも何も無いところでひでんわざを覚えているポケモンがレベルアップまたは他のわざマシンでの上書きによってそのひでんわざを忘れてしまい、その場所から抜け出せなくなると言った状況に陥るのを防ぐため、ひでんわざは上記の通りわざわすれオヤジによってしか忘れさせる事が出来ないようになっている。ボックスにおいて、他のポケモンが覚えていないひでんわざを覚えたポケモンを逃がせなかったり、Cギアでの通信でひでんわざを覚えたポケモンの交換ができないはこのためである。そして、第五世代ではひでんわざはストーリー攻略には必須ではなくなっているが、依然として特殊な地形を越えた先で技を忘れてハマると言った状況は起こり得るため、わざわすれオヤジでしか忘れさせられないという点は受け継がれている。

わざわすれオヤジがいる場所はどのバージョンでも、必ず徒歩のみでポケモンセンターおよび、各種ひでんわざを覚えさせる事が出来るポケモンが出現する草むら・湖に行けるようになっている。

パルパーク、ポケシフターではこれらの技を覚えているポケモンを送れないのも同様の理由による。ポケシフターは単純な移動であり送った側からはそのポケモンがいなくなってしまう。 ポケムーバーでは転送できてしまうが、第五世代のソフトにはハートゴールド・ソウルシルバーグレンタウンのような、周り一面が海で覆われていて徒歩では来られないような町は存在しないので、ハマる心配は特にない。

ポケットモンスター サン・ムーンではポケモンライドの登場により、廃止されている。

各ひでんわざとフィールド上での効果

備考

  • 第四世代までと第六世代では、多くの場合ストーリーを進める上でひでんわざが必要な移動手段等になっており、その技の使用に特定のジムバッジを必要とする事で、ストーリーをあまりショートカットしすぎないように制限する役割を担っている。
  • 第五世代では「わざマシン」も使い捨てではなくなった。さらに、ブラック・ホワイトではいあいぎりを除いて、ジムバッジを持っていなくてもひでんわざの使用が可能となった上に、ストーリークリアに限れば必須ではなくなってしまった(代わりに特定の場所に通せんぼの役割を持った人物を配置する事でストーリーの進行を制御している)。つまり、第五世代における「通常のわざ」と「ひでんわざ」の差異は、実質的に「忘れさせることができるかどうか」のみになっている。
    • ブラック2・ホワイト2ではジムバッジがなくても全てのひでんわざを使えるが、なみのりだけはストーリークリアに必要。
    • ストーリークリアに直接関係の無いダンジョン等には、ひでんわざが無いとたどり着けない場所、または帰ってこられない場所が存在する。
  • 第一世代で手に入れたポケモンは第二世代と通信交換しない限り、覚えさせたひでんわざは忘れさせることができなかった。

関連項目