第七世代(サン・ムーン)登場に関するお願い
サン・ムーン発売Pokémon GOの更新に伴い、ポケモンWikiにおいて新規投稿や加筆修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール 幻影の覇者 ゾロアーク

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール 幻影の覇者 ゾロアーク(げきじょうばん - げんえいのはしゃ ぞろあーく)は、DP編第4作目のポケモン映画。2010年7月10日公開。

概要

2010年7月10日に公開されたシリーズ第13作、『ダイヤモンド&パール』の映画化作品第4弾で最終作。ミュウツーの逆襲から(幻のポケモン ルギア爆誕は声なし)出演していたタケシの最後の映画出演作品である。

主な登場キャラクター

主要登場キャラクター

レギュラーキャラクター

その他の主要キャラクター

エンディングで登場するキャラクター

主要登場ポケモン

スタッフ

備考

  • 当初のタイトルは「幻影の覇者Z」だったが、2010年2月15日にゾロアークが公表されたため現在のタイトルとなった。
  • アニメ版『ダイヤモンド&パール』ではイッシュ地方のポケモンが登場しなかったため唯一、発売前の新作『ブラック・ホワイト』のポケモンが登場した作品である。
  • 前作『アルセウス 超克の時空へ』のエンディング後の予告には、ホウオウルギアが、予告CMにはカイオーガが登場したが、いずれも本編には登場しない。
  • エンディングではサトシ・ヒカリのライバルキャラクターやジムリーダー四天王が登場する。シンジとノゾミだけは動画で登場し、その他のキャラクターは静止画で1コマずつ登場する。
  • 2010年7月28日と9月28日にコミック化がなされた。著者は前者が井上桃太、後者が石原恒和田尻智。なお、後者はフィルムコミックスであるため、映画の本編映像がそのまま用いられている。
  • 2011年7月14日にテレビ放送された。

特別前売り券での配布ポケモンはエンテイ (クラウン)ライコウ (クラウン)スイクン (クラウン)のうちいずれか1体。ブラック・ホワイト上でイベントを発生させることにより、レベル25の♀のゾロアークが手に入る。劇場配布はセレビィ (えいがかん)ブラック・ホワイト上のヒウンシティのゲームフリークに連れて行くと♂のゾロア(レベル10)が手に入る。

外部リンク

関連項目


劇場版ポケットモンスター

ミュウツーの逆襲 | 幻のポケモン ルギア爆誕 | 結晶塔の帝王 ENTEI | セレビィ 時を超えた遭遇 | 水の都の護神 ラティアスとラティオス | 七夜の願い星 ジラーチ | 裂空の訪問者 デオキシス | ミュウと波導の勇者 ルカリオ | ポケモンレンジャーと蒼海の王子 マナフィ| ディアルガVSパルキアVSダークライ | ギラティナと氷空の花束 シェイミ | アルセウス 超克の時空へ | 幻影の覇者 ゾロアーク | ビクティニと黒き英雄 ゼクロム | ビクティニと白き英雄 レシラム | キュレムVS聖剣士 ケルディオ | 神速のゲノセクト ミュウツー覚醒 | 破壊の繭とディアンシー | 光輪の超魔神 フーパ | ボルケニオンと機巧のマギアナ | キミにきめた!

同時上映

ピカチュウのなつやすみ | ピカチュウたんけんたい | ピチューとピカチュウ | ドキドキかくれんぼ | ピカピカ星空キャンプ | おどるポケモンひみつ基地 | メロエッタのキラキラリサイタル | ピカチュウとイーブイ☆フレンズ | ピカチュウ、これなんのカギ? | ピカチュウとポケモンおんがくたい