Pokémon GOおよび第七世代登場に関するお願い
Pokémon GOおよび第七世代登場に伴い、ポケモンWikiにおいて作成や修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、編集、訂正に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWiki10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。

オーバーヒート

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
オーバーヒート
第三世代
タイプ ほのお
分類 特殊
威力 140(第五世代まで)
→130(第六世代)
命中率 90
PP 5
範囲 1体選択
直接攻撃 ×
パレス たたかう
効果
追加効果として、自分のとくこう2段階下がる。
判定
わざマシン わざマシン50(第三世代以降)
アピールタイプ うつくしさ
アピール(RSE) ♡♡♡♡
♡♡
妨害(RSE)  
アピール効果(RSE)
妨害されると、通常の2倍のハートが減る。
アピール(DP) ♡♡
アピール効果(DP)
自分より前にアピールしたポケモンが最大ボルテージを得ていたなら、ハートが3つ追加される。
アピール(ORAS) ♡♡♡♡
♡♡
妨害(ORAS)  
アピール効果(ORAS)
妨害されると、通常の2倍のハートが減る。

オーバーヒートは、ポケモンのわざの一種。

説明文

たたかうわざ

  • ルビー・サファイアエメラルド:フルパワーで こうげき できるが とくこうが ガクッと さがってしまう
  • 第四世代:フルパワーで ほのおの こうげき。つかったあと じぶんの とくこうは がくっと さがる。
  • 第五世代第六世代:フルパワーで あいてを こうげきする。つかうと はんどうで じぶんの とくこうが がくっと さがる。
  • 第五世代第六世代(漢字):フルパワーで 相手を 攻撃する。使うと 反動で 自分の 特攻が がくっと さがる。

コンテストわざ

  • 第三世代:この アピールの あと びっくり しやすく なってしまう
  • 第四世代:まえの ポケモンの ボルテージマックスの あとだと +3。
  • 第六世代:とても アピールできるが このあと おどろきやすくなる。

使用ポケモン:覚える方法

ポケモン名 覚える方法
レベルアップ わざマシン
RSE/FRLG DPt/HGSS BW/B2W2 XY/ORAS 3 4 5 6
ヒトカゲ × × × ×
リザード × × × ×
リザードン × × × ×
ロコン × × × ×
キュウコン × × × ×
マンキー × × × ×
オコリザル × × × ×
ガーディ × × × ×
ウインディ × × × ×
ポニータ × × × ×
ギャロップ × × × ×
ブーバー × × × × ×
ブースター × × × ×
ファイヤー × × × ×
ミュウ × × × ×
ヒノアラシ × × × ×
マグマラシ × × × ×
バクフーン × × × ×
ブルー × × × ×
グランブル × × × ×
マグマッグ × × × ×
マグカルゴ × × × ×
デルビル × × × ×
ヘルガー × × × ×
ブビィ × × × × ×
エンテイ × × × × ×
ホウオウ × × × ×
アチャモ × × × ×
ワカシャモ × × × ×
バシャーモ × × × ×
ドゴーム × × × ×
バクオング × × × ×
ライボルト × × × × ×
ドンメル × × × ×
バクーダ × × × ×
コータス × × × ×
ソルロック × × × ×
グラードン × × × ×
レックウザ × × × ×
ヒコザル - × × × -
モウカザル - × × × -
ゴウカザル - × × × -
ブーバーン - × × × -
ディアルガ - × × × -
ヒードラン - × × × -
アルセウス - × × × -
ビクティニ - - Lv97 Lv97 - -
ポカブ - - × × - -
チャオブー - - × × - -
エンブオー - - × × - -
バオップ - - × × - -
バオッキー - - × × - -
ゼブライカ - - × × - -
ダルマッカ - - Lv42 Lv42 - -
ヒヒダルマ - - Lv54 Lv54 - -
ヒトモシ - - Lv61 Lv61 - -
ランプラー - - Lv69 Lv69 - -
シャンデラ - - - -
メラルバ - - × × - -
ウルガモス - - × × - -
レシラム - - × × - -
フォッコ - - - × - - -
テールナー - - - × - - -
マフォクシー - - - × - - -
ヤヤコマ - - - × - - -
ヒノヤコマ - - - × - - -
ファイアロー - - - × - - -
シシコ - - - Lv50 - - -
カエンジシ - - - Lv57 - - -
ボルケニオン - - - Lv65 - - -

特別なわざ

こんなときに使おう

  • 使用後行動不能になるブラストバーンに比べるとまだ許容範囲内のデメリットと言える。こだわりメガネなどなら元々交代する機会が多くなるため採用されることがある。また2度目の威力も70とそこまで落ち込むわけではなく、相手の少ないHPを奪うには十分であることも多い。
  • 耐久の低いポケモンならば、2度も攻撃する機会がないことも多く、1回の行動でより大きなダメージを与えたいのであればむしろこちらの方が良い。2度攻撃した場合も平均105とかえんほうしゃを上回る(第六世代で威力が下げられたため第五世代まで。ただしかえんほうしゃも威力が下がったので相対的な差はほぼ変わっていない)。だいもんじより命中率も安定している。
  • 物理型のポケモンのうち、素の特攻が比較的高いポケモンに採用することで突破力を上げることができる。この場合、メインの火力は物理わざなのでデメリットを気にする必要がなくなる。
  • 第三世代ではしろいハーブとのコンボに使われることが多かった。

ポケモンカードゲームにおけるオーバーヒート

「このワザは、相手の弱点・抵抗力・すべての効果に関係なく、ダメージを与える。相手の残りHPを超えるダメージを与えたなら、その多いぶんのダメージを、自分にも与える。」という効果の攻撃ワザとして登場する。

ポケモン不思議のダンジョンにおけるオーバーヒート

備考

関連項目