ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

つれあるき

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索

つれあるきとは、手持ちポケモンの1匹がモンスターボールから出た状態で、マップ上で主人公の後ろをついて歩くシステム。ポケットモンスター ピカチュウで初登場し、その後いくつかのソフトで採用された。

概要

通常はモンスターボールの中に入れてあるポケモンを、ボールから出した状態で直接連れ歩くというシステム。

HGSSのそれはピカチュウのものに倣っているが、システムが大きく異なる。

ピカチュウ版でのつれあるき

ゲーム開始時に貰うピカチュウが主人公の後ろをついてくる。手持ちにさえ入れてあれば、何番目に並んでいてもピカチュウが後ろに現れる。それ以外のポケモンが後ろをついてくることは無いし、ピカチュウが手持ちに居なければ他のシリーズ同様に主人公一人で歩く。

ピカチュウバージョンがアニメポケットモンスターの設定を反映したものであり、このつれあるきシステムも「ピカチュウはモンスターボールに入るのを嫌がり常に出た状態でついてくる」と言う設定によるもの。

後ろを向いてピカチュウに話しかけることもでき、そのときの機嫌によって様々なアクションをする(顔グラフィックの表示、およびアニメの声優である大谷育江による鳴き声再生)。

このように「IDが一致するピカチュウ」に関して特別なシステムが存在するため、ピカチュウバージョンには野生のピカチュウが一切出現しない。万が一該当する個体が2匹以上になった場合でも連れ歩くピカチュウが増えることはない。状態異常やひんしなどのステータスは手持ちリストで一番上にいる個体のものが参照される。ピカチュウが勝手に後ろを離れるイベントに限り、手持ちリストから全てのピカチュウのアイコンが消える。

なお、IDが一致していてもライチュウになるとつれあるきの対象ではなくなる。あくまでピカチュウのみ。ただしピカチュウバージョンのゲーム内ではアニメの設定同様、ピカチュウにかみなりのいしを使おうとしても嫌がられて進化させられないため、赤・緑・青バージョンに転送してそちらで進化させて戻す、といった手順を踏まないとライチュウにはならない。

DPtでのつれあるき

ふれあいひろばで特定ポケモンのみ行うことができる。一定歩数歩くごとにポケモンがアクセサリーきのみを拾い、話しかけることで手に入れることができる。

連れ歩けるポケモンは、ダイヤモンド・パールではピカチュウプリンピッピコダックアチャモキノココエネコパチリスフワンテミミロルピンプク。プラチナではこれに加えて、シンオウ地方御三家およびその進化系の9匹がふれあいひろばで連れ歩くことができる。

HGSSでのつれあるき

手持ちのタマゴでないポケモンのうち、一番前に並んでいるポケモンが後ろについてくる。ピカチュウに限らずあらゆるポケモンが後ろに現れる。手持ちが1匹も居ない状態はゲーム開始直後の御三家のポケモンを貰う前の時だけであり、原則として徒歩時は常に何かしらのポケモンが後ろについて回る。

  • 狭い場所や一部の施設・通路、自転車に乗っている間は自動的にポケモンが引っ込む。伝説のポケモンなど、体格の大きなポケモンは連れ歩けない場所が多くなる。
  • 先頭のポケモンがひんし状態になっている間は、二番目以降のポケモンが順に繰り上がって後ろを歩く。ただし先頭のポケモンが体格の都合で引っ込んでいるだけの場合、二番目以降が勝手に出てくることはない。
  • 連れ歩いているポケモンが秘伝技を覚えている場合、その技をフィールドで使うときに通常の秘伝技を使うカットではなくそのポケモンが使う演出となる(いあいぎりなら前に出て切るなど)。

ピカチュウバージョンと同じくゲームの進行に直接の影響を及ぼすことは無いが、話しかけることによりポケモンの状態をある程度知ることができる。

  • なつき度の高低によって反応が変わる。
  • HPが減っているなど状態が悪いと、苦しそうな様子を見せる。
  • その時いる場所の雰囲気によって違う反応を見せる。例えばポケモンリーグがあるセキエイこうげんでは緊張した様子を見せる事があり、例えばほのおタイプなどの水を弱点とするポケモンが水辺や雨が降っている場所にいると嫌そうな様子を見せる。逆にこのような場所ではみずタイプのポケモンは嬉しそうにする。
  • どのポケモンも基本的に用意された数パターンの反応を示すため、例えばミュウツーが断崖(がけっぷちゲートなど)で恐くて震えたり、最大までなついていると主人公に抱き着いたりする等、図鑑テキストとそぐわないような仕草も見せる。

Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイでのつれあるき

相棒ポケモンは手持ちにいなくても常に主人公の体に乗っている。ただし、ピカチュウ版と同じくオーキド博士にお届け物を届けるまでは主人公の後ろをついてくる。

それ以降は、さらにポケモンを選んで連れ歩るいたり、連れ歩かないこともできる。

  • 狭い場所や一部の施設・通路では自動的にポケモンが引っ込む。伝説のポケモンなど、体格の大きなポケモンは連れ歩けない場所が多くなる。
  • 瀕死になっていてもそのポケモンを連れ歩くことができる。
  • ポケモンによっては空を飛んだり、波乗りしたり、ポケモンに乗ることができる。ただし、空を飛べるのは殿堂入り後である。
  • 主人公が隠しアイテムに近づくと相棒ポケモンが尻尾を振る。[1]それに気付き連れ歩ているポケモンが反応することもある。
この節は書きかけです。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。

Pokémon GOでのつれあるき

相棒ポケモンに「おやつ」をあげると一緒に歩いてくれる。→詳細は相棒ポケモン (GO)の記事を参照。

ソード・シールドでのつれあるき

ヨロイじまカンムリせつげんでは、それぞれシナリオをある程度進めると屋外で手持ちの先頭にいるポケモンをいつでも連れ歩くことができるようになる。ヨロイじまのマスターどうじょうおよびカンムリせつげんのフリーズむらの民家にいるポケモンごっこに話しかけることで切り替えが可能。ヨロイじま・カンムリせつげん以外の場所では連れ歩くことができない。

  • 歩く早さは種族ごとに決まっている。追いつけないほど速く動くなど、ポケモンと主人公の距離が離れ過ぎた場合、一旦消滅して主人公の背後に再出現する。
  • 連れ歩くポケモンは主人公に向かってまっすぐ移動する。障害物を無視して移動することはできないので、狭い場所を通り抜けたり、障害物を素早く回り込んだりすると引っ掛かることがある。
  • HGSSと違ってポケモンに話し掛けても、反応はするがメッセージは出ない。
  • 飛翔モーションがあるポケモンと水の中に生息するポケモンは水上でも連れ歩くことができる。
    • 飛翔モーションの有無とポケモンのタイプに相関性はない。飛行タイプや特性ふゆうを持つポケモンの多くは基本的に水上でも連れ歩くことができるが、例えばヘラクロスのように飛翔して移動するポケモンや、ドラパルト系列のような見た目上常に浮いているポケモンも飛べるポケモンとして扱われる。飛翔するポケモンの一部は地上で立ち止まると地面に降りて羽根を休める。
    • 水辺のポケモンは水上移動時に泳いで主人公の後ろをついてくる。主にみずタイプが泳げるが、例えばインテレオンのように陸上を歩行するモーションしかないポケモンはみずタイプを持っていても泳がず、ドラミドロダダリンのような水棲ポケモンはみずタイプを持たないが泳ぐ。

関連項目

  1. なお、本作にはダウジングマシンが登場しないのでそのためにあると思われる。