Pokémon GOおよび第七世代登場に関するお願い
Pokémon GOおよび第七世代登場に伴い、ポケモンWikiにおいて作成や修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、編集、訂正に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWiki10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。なお、記念企画を検討中です。

あついしぼう

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

あついしぼうは、ポケモンのとくせいの一種。

効果

説明文

第四世代第五世代第六世代
ほのおと こおりタイプの わざに つよい。
第五世代第六世代 (漢字)
ほのおと こおりタイプの 技に 強い。

所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい

隠れ特性で所有

メガシンカしたポケモン

こんなときに使おう

  • メジャーなタイプ技をふたつも半減するという、本来はとても優秀な特性だが、この特性を所持しているポケモンはなぜかみずタイプが多く、長らく満足な恩恵を受けられない状態にあった。
  • 第五世代まで採用の余地があったポケモンは、こおりタイプと相性がいいハリテヤマ、耐久型のブーピッグといった程度で、ミルタンクは他の二つの特性が優秀なために採用は微妙なところであった。
  • 隠れ特性でこの特性を得たマンムーにも有用だが、BWにおける「ポケモンファン第15号」のシリアルナンバーでは♂限定かつマンムーの状態で配布されたため、こおりのつぶてなどの優秀な技が使えないという欠点があり、ほとんど使われなかった。PDWの「ひんやり穴」実装後は隠れ特性を持つ♀のウリムーが解禁されているため、よほどの理由が無い限りマンムーに採用する特性はこれ一択になる。
  • 第六世代に登場したメガフシギバナはこの特性の恩恵が非常に大きく、メガシンカすることによって双方の弱点が解消され、耐久力の飛躍的な向上もあって、評価を格段に上げる結果となった。

ポケモンカードゲームにおけるあついしぼう

タイプのポケモンから受けるダメージを減らす」という効果のポケボディーまたは特性として登場。

備考