ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

きもったま

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

きもったまは、ポケモンのとくせいの一種。

効果

所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい

特性1 特性2 隠れ特性
ガルーラ はやおき きもったま せいしんりょく
ミルタンク あついしぼう きもったま そうしょく
スバメ こんじょう - きもったま
オオスバメ こんじょう - きもったま
ドゴーム ぼうおん - きもったま
バクオング ぼうおん - きもったま
メガミミロップ きもったま - -
ハーデリア いかく すなかき きもったま
ムーランド いかく すなかき きもったま
ヤンチャム てつのこぶし かたやぶり きもったま
ゴロンダ てつのこぶし かたやぶり きもったま

こんなときに使おう

  • ゴーストタイプにノーマル・かくとうタイプの技が当たる特性。この特性を持っていれば、みやぶるかぎわけるを使わなくてもヤミラミミカルゲの弱点(かくとうタイプ)を突くことができる。
  • 全員タイプ一致のノーマルまたはかくとうタイプを当てられるようになるのは優秀。ノーマルタイプ全てに必要なゴースト対策の技を習得させるという手間が無いのが嬉しい。ミルタンクはのしかかり、ガルーラはねこだまし、メガミミロップはとびひざげりなどの有用な技があり、技スペースの節約にも一役買ってくれる。
    • 特にミミロップは、とびひざげり対策として使われることもある「ゴーストタイプに交代して不発にして自爆ダメージを負わせる」という戦術が効かない分大きい。
  • またでんこうせっかが、バレットパンチこおりのつぶてと同じく、タイプ相性等によって無効化されることが無く確実に一撃入れられる技になる(しんそくしんくうはマッハパンチにも同じ事が言えるが、きもったまと両立できるポケモンは第七世代現在存在しない)。
    • そのでんこうせっかも、両立できるポケモンは隠れ特性によってきもったまを獲得したスバメ系統のみである。スバメ系統はこれにより、ゴーストを含めた全てのポケモンにきあいのタスキがむしゃら+でんこうせっかのコンボを決める事が出来る唯一のポケモンとなっている。
  • この特性を持つポケモンの中で唯一、みねうちを覚えるヤンチャム系統はゴーストタイプ(特に伝説のポケモンギラティナなど)のポケモンのHPを1にすることが出来るので、その捕獲要員に使われることも。
  • 第七世代のシングルバトル環境にはこれをトレースするポケモンがポリゴン2程度しか存在せず、そのポリゴン2には積極的にノーマルやかくとうのウエポンが搭載されるわけではないため、地味にトレースに強いという利点がある。ダブルバトルではきあいだまの採用率が高いサーナイトにトレースされる恐れがあるが、元々不利なポケモンで受けることが常であるという点でダブルバトルではこれが大したデメリットにならない。

備考

  • この特性で当たるようになったノーマル・かくとうタイプの技はゴーストタイプには等倍(ダメージ1倍)として扱われ、他のタイプの相性は通常通り処理される。例えばはがね・ゴーストのギルガルドに対してノーマル技を使えばいまひとつに、かくとう技を使えばばつぐんになる。
  • 通常でこの特性を持つポケモンは共に♀のみ。きもったまの座ったお母ちゃんといったところか。これにより、きもったまを持つガルーラミルタンクに「かあちゃん」といったニックネームをつける事も多くなったと言われる。
  • 多くのゲーム攻略本には、この特性の効果の説明に「ノーマルワザをゴーストタイプに当てられる」と書かれており、かくとうタイプの記述が抜けている。

各言語版での名称

言語 名前
日本語 きもったま
英語 Scrappy
ドイツ語 Rauflust
フランス語 Querelleur
イタリア語 Nervisaldi
スペイン語 Intrépido
韓国語 배짱
中国語(普通話・台湾国語) 胆量
中国語(広東語) 膽量