ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

いたずらごころ

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索

いたずらごころは、ポケモンのとくせいの一種。

効果

全てのへんかわざ優先度を1加算して出すことができる。

所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい

夢特性で所有

メガシンカしたポケモン

こんなときに使おう

  • そのままでもでんじは等の補助技を確実に先に撒けるという点で強力。
  • 専用に技構成を組むならばみがわり等を駆使する耐久型と相性が良い。みがわりを確実に先に出せることでみがわりの耐久度を考慮したその後の行動を組み立てやすくなるし、こだわりスカーフ持ちに先制を許して瞬殺されてしまう事も無くなる。
  • 変化技を中心に技を構成すれば実質的に自分の素早さを考慮しなくても良くなるし、トリックルームを使われても変わらずに先に行動できる。
  • 変化技中心にするとちょうはつに弱くなってしまうが、ちょうはつそのものもいたずらごころで優先度+1にできる技であるため、こちらが先制してちょうはつすると言う対策を立てる事が出来る。
  • ヤミラミの場合、夢特性でこの特性を得たことでおにびを打ちやすくなった。
  • バルビートの場合、この特性のおかげで安全にほたるびでとくこうを積めるようになり、さらにバトンタッチも可能なためサポートに使いやすくなった。

備考

  • いたずらごころの効果で優先度が上昇した技をファストガードで防ぐことができない。
    • 第六世代からはファストガードで防ぐことができる。
  • 対戦中に何らかの形でこの特性に変化したとき、そのターンではこの特性は適用されない。