ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

ぜんこくずかん

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索

ぜんこくずかん(漢字:全国図鑑)とは、ゲーム上データの存在するすべてのポケモンに対する図鑑。 世代を重ねるごとに(冒険の舞台が変わるごとに)新しいポケモンが登場(発見)されてきたため、その種類は増え続けている。 第一世代の舞台であるカントー地方以外の舞台が登場するようになった第二世代以降に登場した概念である。

第三世代以降は、その作品を舞台とする地方だけに出現するポケモンに対する図鑑(ホウエンずかんカントーずかんシンオウずかんジョウトずかんイッシュずかんカロスずかん)を完成させることがシナリオクリア(1回目の殿堂入り)後の目標であるが、データとしてはそれまでの世代に出現したすべてのポケモンが入っており、そのすべてを網羅したずかん(=ぜんこくずかん)の完成が究極の目標となる。 冒険の舞台には登場しないポケモンは、当然ながら通信交換で手に入れるしかない。

第二世代でのぜんこくずかん

第一世代で登場した151種類(幻のポケモンミュウを含む)のポケモンに加えて、新たに100種類のポケモン(幻のポケモンセレビィを含む)が追加された。合計251種類に対するポケモンずかんが全国図鑑となる。追加された100種類にはNo.152~251の番号が与えられている。

第三世代でのぜんこくずかん

第二世代までに登場した251種類に加えて、新たに135種類のポケモン(幻のポケモンジラーチデオキシスを含む)が追加された。合計386種類に対するポケモンずかんが全国図鑑となる。追加された100種類にはNo.252~386の番号が与えられている。

第四世代でのぜんこくずかん

第三世代までに登場した386種類に加えて、新たに107種類のポケモン(幻のポケモンフィオネマナフィダークライシェイミアルセウスを含む)が追加された。合計493種類に対するポケモンずかんが全国図鑑となる。追加された107種類にはNo.387~493の番号が与えられている。

第四世代での図鑑の完成度について

ダイヤモンド・パールプラチナではセーブ時に表示される図鑑の完成度は「つかまえたかず」より条件の緩い「みつけたかず」が基準となっており、後述のぜんこくずかんの肥大化に対する配慮と思われる。ハートゴールド・ソウルシルバーでは従来の「つかまえたかず」に戻った。「みつけ」さえすれば、交換で入手可能なGTS環境が一般化したためであろう。

第五世代でのぜんこくずかん

第四世代までに登場した493種類に加えて、新たに156種類のポケモン(幻のポケモンビクティニケルディオメロエッタゲノセクトを含む)が追加された。合計649種類に対するポケモンずかんが全国図鑑となる。追加された156種類にはNo.494~649の番号が与えられている。

第六世代でのぜんこくずかん

第五世代までに登場した649種類に加えて、新たに69種類のポケモンが追加された。合計718種類に対するポケモンずかんが全国図鑑となる。追加された69種類にはNo.650~718の番号が与えられた。新ポケモンの数こそ少ないものの、地方図鑑が「セントラルカロス(150種)」「コーストカロス(153種)」「マウンテンカロス(151種)」の3種類からなり、合計454種ととてつもない数に膨れ上がった。なお、図鑑説明文の色が地方別に分けられており、カントー地方は赤、ジョウト地方は黄色、ホウエン地方は緑、シンオウ地方は青、イッシュ地方はピンク、カロス地方は灰色になっている。

関連項目