ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

めざましビンタ

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索
めざましビンタ
第四世代
タイプ かくとう
分類 物理
威力 60(第五世代まで)
→70(第六世代)
命中率 100
PP 10
範囲 1体選択
直接攻撃
効果
相手がねむり状態なら、ねむり状態を回復させ、2倍のダメージ。
アピールタイプ かしこさ
アピール(DP)  
アピール効果(DP)
4-ボルテージ数だけハートが追加される。

めざましビンタは、ポケモンの技の一種。

説明文

たたかうわざ

  • 第四世代:ねむり じょうたいの あいてに おおきな ダメージを あたえる。そのかわり あいては ねむりから さめる。
  • 第五世代:

コンテストわざ

  • 第四世代:ボルテージが ひくければ ひくいほど たかい ひょうかになる。

使用ポケモン:覚える方法

対戦

  • 相手のねむり状態を回復させるのという莫大なアドバンテージを与えてしまい、非常に損な技。そのままの威力では威力不足で、効果が発動しても威力はインファイトと同じ。他にかくとうタイプの技があればわざわざ採用はされない。
  • ねむり状態を回復させるだけで、永続的にねむりを封じるわけではない。つまりねむるによる回復は防ぐことが出来ない。相手のねごとを読んで使用し、1ターン無駄にさせるといった使い方も出来るが、あまりにも限定的すぎる。
  • 威力60なので、特性テクニシャンを持つチラチーノには主力技がどれも効きにくいはがねタイプ対策として採用される事がある。チラチーノはローキックを覚えられないと言うのもあるが、テクニシャン補正により威力90の格闘技になるのでそのままでもそれなりに有用。眠られたら眠られたで威力180相当になるので耐久型の鋼ポケモンでも一撃で致命傷になり、ねむるで回復されるというリスクを苦にしない(眠っていると、いのちのたまがあればHP極振りのナットレイを高確率で一撃で落とす威力)。
  • 第六世代からは威力が70と少し上昇(これによりテクニシャンは活かせなくなった)。効果が発動すれば威力140でインファイトを上回る。

ポケモン不思議のダンジョンにおけるめざましビンタ

備考

  • かくとうタイプを無効化するゴーストタイプには無効。みやぶるを使った後に使用するとねむり状態が回復する。

関連項目