ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

エンブオー

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
エンブオー
Enbuoh
英語名 Emboar
全国図鑑 #500
ジョウト図鑑 #-
ホウエン図鑑 #-
シンオウ図鑑 #-
新ジョウト図鑑 #-
イッシュ図鑑 #006
新イッシュ図鑑 #006
セントラルカロス図鑑 #-
コーストカロス図鑑 #-
マウンテンカロス図鑑 #-
新ホウエン図鑑 #-
アローラ図鑑 #-
メレメレ図鑑 #-
アーカラ図鑑 #-
ウラウラ図鑑 #-
ポニ図鑑 #-
新アローラ図鑑 #-
新メレメレ図鑑 #-
新アーカラ図鑑 #-
新ウラウラ図鑑 #-
新ポニ図鑑 #-
分類 おおひぶたポケモン
タイプ ほのお
かくとう
たかさ 1.6m
おもさ 150.0kg
とくせい もうか
隠れ特性 すてみ
図鑑の色
タマゴグループ りくじょう
タマゴの歩数 20サイクル

5140歩

獲得努力値 攻撃+3
基礎経験値
  • 第五・第六世代: 238
  • 第七世代: 238
最終経験値 1059860
性別 87.5% ♂ ・ 12.5% ♀
捕捉率 45
初期なつき度 70
外部サイトの図鑑

エンブオーとはぜんこくずかんNo.500のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター ブラック・ホワイト

進化

ポケモンずかんの説明文

ブラックXオメガルビー
アゴの ほのおで こぶしを もやして ほのおの パンチを くりだす。 とても なかまおもいの ポケモン。
(漢字) アゴの 炎で こぶしを 燃やして 炎の パンチを 繰り出す。 とても 仲間思いの ポケモン。
ホワイトYアルファサファイア
ほのおの あごひげを たくわえる。 パワーと スピードを かねそなえた かくとうの わざを みにつけている。
(漢字) 炎の あごひげを たくわえている。 パワーと スピードを 兼ね備えた 格闘の 技を 身につけている。
ブラック2・ホワイト2
ヒゲの ほのおが もえあがるのは きあいが はいった あかし。かずおおくの わざを つかいこなす。
(漢字) ヒゲの 炎が 燃えあがるのは 気合が はいった 証。数多くの 技を 使いこなす。

種族値

種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP 110
 
170 - 217 330 - 424
こうげき 123
 
115 - 192 225 - 379
ぼうぎょ 65
 
63 - 128 121 - 251
とくこう 100
 
94 - 167 184 - 328
とくぼう 65
 
63 - 128 121 - 251
すばやさ 65
 
63 - 128 121 - 251
合計 528
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算

ダメージ倍率

ノーマル: 100%
かくとう: 100%
ひこう: 200%
どく: 100%
じめん: 200%
いわ: 100%
むし: 25%
ゴースト: 100%
はがね: 50%
ほのお: 50%
みず: 200%
くさ: 50%
でんき: 100%
エスパー: 200%
こおり: 50%
ドラゴン: 100%
あく: 50%
フェアリー: 100%

さかさバトル

ノーマル: 100%
かくとう: 100%
ひこう: 50%
どく: 100%
じめん: 50%
いわ: 100%
むし: 400%
ゴースト: 100%
はがね: 200%
ほのお: 200%
みず: 50%
くさ: 200%
でんき: 100%
エスパー: 50%
こおり: 200%
ドラゴン: 100%
あく: 200%
フェアリー: 100%

おぼえるわざ

エンブオー/第六世代以前のおぼえるわざも参照。

レベルアップわざ

第七世代 (その他の世代: 5-6)
SM/USUM わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
1 つっぱり かくとう 物理 15 100% 20
1 アームハンマー かくとう 物理 100 90% 10
1 たいあたり ノーマル 物理 40 100% 35
1 しっぽをふる ノーマル 変化 100% 30
1 ひのこ ほのお 特殊 40 100% 25
1 かぎわける ノーマル 変化 —% 40
3 しっぽをふる ノーマル 変化 100% 30
7 ひのこ ほのお 特殊 40 100% 25
9 かぎわける ノーマル 変化 —% 40
13 まるくなる ノーマル 変化 —% 40
15 ニトロチャージ ほのお 物理 50 100% 20
20 スモッグ どく 特殊 30 70% 20
23 ころがる いわ 物理 30 90% 20
28 とっしん ノーマル 物理 90 85% 20
31 ヒートスタンプ ほのお 物理 100% 10
38 ダメおし あく 物理 60 100% 10
43 かえんほうしゃ ほのお 特殊 90 100% 15
50 もろはのずつき いわ 物理 150 80% 5
55 ほえる ノーマル 変化 —% 20
62 フレアドライブ ほのお 物理 120 100% 15
太字のわざはタイプ一致です。

わざひでんマシンわざ

第七世代 (その他の世代: 5-6)
わざマシン わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
わざマシン01 ふるいたてる ノーマル 変化 —% 30
わざマシン05 ほえる ノーマル 変化 —% 20
わざマシン06 どくどく どく 変化 90% 10
わざマシン08 ビルドアップ かくとう 変化 —% 20
わざマシン10 めざめるパワー ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン11 にほんばれ ほのお 変化 —% 5
わざマシン12 ちょうはつ あく 変化 100% 20
わざマシン15 はかいこうせん ノーマル 特殊 150 90% 5
わざマシン17 まもる ノーマル 変化 —% 10
わざマシン21 やつあたり ノーマル 物理 100% 20
わざマシン22 ソーラービーム くさ 特殊 120 100% 10
わざマシン23 うちおとす いわ 物理 50 100% 15
わざマシン26 じしん じめん 物理 100 100% 10
わざマシン27 おんがえし ノーマル 物理 100% 20
わざマシン31 かわらわり かくとう 物理 75 100% 15
わざマシン32 かげぶんしん ノーマル 変化 —% 15
わざマシン35 かえんほうしゃ ほのお 特殊 90 100% 15
わざマシン38 だいもんじ ほのお 特殊 110 85% 5
わざマシン39 がんせきふうじ いわ 物理 60 95% 15
わざマシン42 からげんき ノーマル 物理 70 100% 20
わざマシン43 ニトロチャージ ほのお 物理 50 100% 20
わざマシン44 ねむる エスパー 変化 —% 10
わざマシン45 メロメロ ノーマル 変化 100% 15
わざマシン47 ローキック かくとう 物理 65 100% 20
わざマシン48 りんしょう ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン49 エコーボイス ノーマル 特殊 40 100% 15
わざマシン50 オーバーヒート ほのお 特殊 130 90% 5
わざマシン52 きあいだま かくとう 特殊 120 70% 5
わざマシン55 ねっとう みず 特殊 80 100% 15
わざマシン56 なげつける あく 物理 100% 10
わざマシン61 おにび ほのお 変化 85% 15
わざマシン68 ギガインパクト ノーマル 物理 150 90% 5
わざマシン71 ストーンエッジ いわ 物理 100 80% 5
わざマシン74 ジャイロボール はがね 物理 100% 5
わざマシン78 じならし じめん 物理 60 100% 20
わざマシン80 いわなだれ いわ 物理 75 90% 10
わざマシン84 どくづき どく 物理 80 100% 20
わざマシン86 くさむすび くさ 特殊 100% 20
わざマシン87 いばる ノーマル 変化 85% 15
わざマシン88 ねごと ノーマル 変化 —% 10
わざマシン90 みがわり ノーマル 変化 —% 10
わざマシン93 ワイルドボルト でんき 物理 90 100% 15
わざマシン100 ないしょばなし ノーマル 変化 —% 20
太字のわざはタイプ一致です。

タマゴわざ

第七世代 (その他の世代: 5-6)
遺伝元 わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
[206][324][363][364][365][432]
[650][651][652][674][675]
のしかかり ノーマル 物理 85 100% 15
[056][133][216][217][263][264]
[287][289][300][677][678]
ほしがる ノーマル 物理 60 100% 25
[322][323][324][399][400] のろい ゴースト 変化 —% 10
[019][019A][020][020A][206][527]
[528][667][668]
がむしゃら ノーマル 物理 100% 5
[320][321][749][750] ヘビーボンバー はがね 物理 100% 10
[027][028][050][050A][051][051A]
[232][322][323]
マグニチュード じめん 物理 100% 30
[293][294][295] ねごと ノーマル 変化 —% 10
[019][019A][020][020A][050][050A]
[051][051A][161][162][261][262]
[303][327][352][359][431][434]
[435][509][510][676][678][775]
ふいうち あく 物理 70 100% 5
[399][400][554][555][614][749]
[750][759][760]
ばかぢから かくとう 物理 120 100% 5
[034][056][057][128][216][217]
[221][473][327][522][523][551]
[552][554][555][613][614][626]
[725][726][727][734][735][759]
[760][766][775]
あばれる ノーマル 物理 120 100% 10
[194][195][206][261][262][287]
[289][322][323][399][400][449]
[450][513][517][734][735][775]
あくび ノーマル 変化 —% 10
[155][156][157] もえつきる[1] ほのお 特殊 130 100% 5
太字のわざはタイプ一致です。

人から教えてもらえるわざ

第七世代 (その他の世代: 5-6)
わざ タイプ 分類 威力 命中 PP SM USUM
ブラストバーン ほのお 特殊 150 90% 5
とおせんぼう ノーマル 変化 —% 5 -
ほしがる ノーマル 物理 60 100% 25 -
がむしゃら ノーマル 物理 100% 5 -
ほのおのちかい ほのお 特殊 80 100% 10
ほのおのパンチ ほのお 物理 75 100% 15 -
きあいパンチ かくとう 物理 150 100% 20 -
ねっぷう ほのお 特殊 95 90% 10 -
てだすけ ノーマル 変化 —% 20 -
アイアンヘッド はがね 物理 80 100% 15 -
アイアンテール はがね 物理 100 75% 15 -
けたぐり かくとう 物理 100% 20 -
いびき ノーマル 特殊 50 100% 15 -
じだんだ じめん 物理 75 100% 10 -
ばかぢから かくとう 物理 120 100% 5 -
かみなりパンチ でんき 物理 75 100% 15 -
しねんのずつき エスパー 物理 80 90% 15 -
太字のわざはタイプ一致です。

入手方法

バージョン 野生 その他
レベル 場所 レベル 方法
B・W × 出現しない Lv.36 チャオブーをレベルアップさせる
B2・W2
X・Y × 出現しない - -
OR・AS Lv.36 チャオブーをレベルアップさせる
S・M Lv.43 ポニのこどう (ポニ島しまスキャン/土曜日) - -
US・UM × 出現しない

配布ポケモン

おや 言語/地域 配布バージョン
PCO 全言語/日本 BW/B2W2
プレゼント 全言語/日本
全言語/PAL使用国
XY/ORAS

備考

アニメにおけるエンブオー

マンガにおけるエンブオー

ポケモンカードにおけるエンブオー

エンブオーの歴史

第五世代

同複合タイプの御三家であるバシャーモにはあちらのかそくを考慮してもしなくても素早さで劣り、ゴウカザルには素早さと先制技の有無で水を開けられ、と散々な状況であった。とりわけゴウカザルに劣る点から「猿負王」と揶揄されることがあった。それでも、当時は高速ポケモンにこだわりスカーフを持たせる風潮はそれほど蔓延していなかったのでエンブオー程度の素早さでもこだわりスカーフを持たせれば十分であり、こだわりスカーフによる奇襲型がハマることもあった。といっても、準速いじっぱりのキノガッサメタグロスにこだわりスカーフを持たせることが流行していた時期もあって、最速にしないと厳しい場合が少なくなかった。

第六世代

ふいうちタマゴ技として獲得。これによって、バシャーモやゴウカザルとは一応の差別化点を手にした格好となった。だが、ダブルバトルで技範囲の広さを生かそうにも、ダブルバトルでの対抗馬となるゴウカザルファストガードで守られたらそれまでであった。寧ろ、隠れ特性すてみの解禁によってトリパにおける決定力が増したと言える。何よりファイアローに上から叩かれて落ちる懸念というのがエンブオーを使用する上では大きかった。PGLレーティングバトル統計データによると、ORASリーグシングルバトルではフレアドライブばかぢからもろはのずつきワイルドボルトorふいうちが主流であったと言える。性格は火力を出しつつ使用するステータスに悪影響を及ぼさないためのいじっぱりが主流で、シーズンによって最速を意識したようきがトップとなることもあった。特性はすてみ、持ち物はとつげきチョッキがメインであり、世代末期のORASリーグではこだわりスカーフ型が比較的流行した。

2016年8月に開催された第五世代までのポケモンによる限定戦(トリプルバトル)である『イッシュファイナル』では各カテゴリベスト30選外と、第五世代の時点で需要が薄かったことが間接的にうかがえる結果となった。

第七世代

メガガルーラの弱体化の一環であるとされるふいうち威力下方修正を受けて弱体化。天敵であったファイアローはやてのつばさの弱体化によって環境から姿を消したが、それによって第六世代にファイアローにカモにされつつも活躍していたバシャーモの需要がさらに伸び、却ってエンブオーの相対数が減った。特にこの世代から登場したカプ・テテフに関しては、敵に回せばサイコメイカー下でのサイコキネシスで手痛い一撃を受け、味方に付けてもサイコメイカーによって自身のふいうちが無効化され、といったようにどちらにしても絶望的に相性が悪い。

一応こだわりスカーフ最速型の実数値192なら最速ゲッコウガの191を抜けるので、USUMリーグシングルバトルでゲッコウガが使用率3位の常連となっている中ではその点がそれなりに大きな意味を持ち、少なくとも初見殺し程度にはなる。ようきエンブオーの攻撃ランク補正1段階下降込みのばかぢからは耐久無振りのゲッコウガを確定1発にする。

一般的な育成論

  • 攻撃が同タイプで御三家先輩のバシャーモゴウカザルを上回って非常に高い水準にある。物理技に限ればヒヒダルマには流石に敵わないが、ばかぢからをタイプ一致で使えるため炎以外の技まで含めた総合的な火力は負けていない。上記のポケモンらがいずれも対戦で使われているポケモンであるという事を考えるとどうしても比較されてしまうため、うまく差別化をしていく事が重要。
  • 技のレパートリーはかなり多彩。メインの格闘技でインファイトとびひざげりが覚えられないという点以外は炎・格闘共にほとんどの主要技を覚える事が出来る。具体的にはフレアドライブオーバーヒートだいもんじ・ばかぢから・アームハンマーなど。サブウェポンもじしんストーンエッジいわなだれもろはのずつきくさむすびジャイロボールに加えてねっとうワイルドボルトまで覚える事が出来る。
  • めざめるパワートリパの場合はこおりがベスト。例えばゆうかんなら特攻の種族値100を下降補正無しで生かすことができ、ボーマンダガブリアスへの役割破壊としては十分。いのちのたま型なら耐久無振りのメガボーマンダをめざめるパワー(こおり)で高乱数1発にできるので、トリパ型なら覚えさせない手はない。逆に通常型ならいじっぱりやようきにして特攻に下降補正をかけるはずである上にこちらがこだわりスカーフ型でもない限りボーマンダやガブリアス自体上から一致高火力でこちらの弱点を突いてくるので、まずめざめるパワーなどを打つよりも下げるべきである。
    • 物理タイプの炎ポケモンとしては先輩2種の他にウインディヒヒダルマが存在するが、ウインディはじしんを覚える事が出来ず、バシャーモ・ゴウカザル・ヒヒダルマはワイルドボルトを覚える事が出来ないので差別化は容易。
    • ねっとうは他のどの炎ポケモンも覚えられず、エンブオーのみ覚えられる。水タイプの技を覚えられる初の炎タイプのポケモンでもある。
    • ブラック2・ホワイト2では、教え技でかみなりパンチを覚えられるようになり、ワイルドボルトの反動が嫌な場合はこちらの方が使われる。
    • 第六世代では新たな遺伝技としてふいうちを獲得。第五世代にはなかった先制技を使えるようになる。ただし素早さが低いため相手の先制技に注意。
  • ただHPは高いが防御特防ともに低い上に素早さまで低いため、バシャーモやゴウカザルらに比べて相手に先制で一撃貰って倒されてしまう可能性が高い。この点を何とか克服する必要がある。
    • 素早さを克服する方法としては幾つかある。まず1つ目はニトロチャージで攻撃しつつ積むタイプ。元の素早さ種族値が65なので1回では130族を抜くまでには至らないが、それでも結構な素早さを得る事が出来る。
    • 2つ目は素早さを諦めてビルドアップ等を積む方法。相手の攻撃を受ける事が前提になるため何匹も倒して無双する事は難しいが、素早さに努力値を振らないため火力と耐久力をより充実させられる。
    • 3つ目はトリックルームを使うパーティに組み込む方法。トリパで主に使われるアタッカーの素早さ種族値は高くても50台であるため最速にはなれないが、他の一般的なポケモンを抜くには十分過ぎる遅さ。のろいも覚えるため素早さをさらに下げる事も可能。ジャイロボールを活用する事も出来る。
  • その他、こうそくいどうなどで素早さを上げたポケモンからバトンタッチを受けるという方法や、がんせきふうじローキックじならしで相手の素早さを削いでから攻撃に移るという方法などもある。ただし一撃貰うことを忘れずに。
  • 隠れ特性はすてみ。フレアドライブ、もろはのずつき、ワイルドボルトの火力が上がり、そこまで耐久の高くないポケモンを一撃で倒すことも出来るようになり非常に優秀。それと同時に一撃で倒せなかった場合は反動が大きいので気を付けよう。こだわりスカーフを持たせればゲッコウガを抜くことも出来るため、何もさせずに倒すことも可能。

各言語版での名称と由来

言語 名前 由来
日本語 エンブオー 「 炎(エン)」+「武(ブ)」+「王(オウ)」
英語 Emboar ember (残り火)+Boar (イノシシ)
フランス語 Roitiflam roti ((料理を)火であぶる)、flamme (炎)
スペイン語 Emboar 英語に同じ
ドイツ語 Flambirex flambieren (フランベ)、rex (英語:君主)
イタリア語 Emboar 英語に同じ
韓国語 염무왕 (Yeommuwang) 「炎武王」の韓国語読み
中国語(普通話・台湾国語) 炎武王 (Yánwǔwáng) 「炎武王」の中国語読み
ポーランド語 Emboar 英語に同じ

関連項目

脚注

  1. ウルトラサン・ウルトラムーンのみ
御三家
くさ ほのお みず
第一世代 フシギダネ - フシギソウ - フシギバナ ヒトカゲ - リザード - リザードン ゼニガメ - カメール - カメックス
第二世代 チコリータ - ベイリーフ - メガニウム ヒノアラシ - マグマラシ - バクフーン ワニノコ - アリゲイツ - オーダイル
第三世代 キモリ - ジュプトル - ジュカイン アチャモ - ワカシャモ - バシャーモ ミズゴロウ - ヌマクロー - ラグラージ
第四世代 ナエトル - ハヤシガメ - ドダイトス ヒコザル - モウカザル - ゴウカザル ポッチャマ - ポッタイシ - エンペルト
第五世代 ツタージャ - ジャノビー - ジャローダ ポカブ - チャオブー - エンブオー ミジュマル - フタチマル - ダイケンキ
第六世代 ハリマロン - ハリボーグ - ブリガロン フォッコ - テールナー - マフォクシー ケロマツ - ゲコガシラ - ゲッコウガ
第七世代 モクロー - フクスロー - ジュナイパー ニャビー - ニャヒート - ガオガエン アシマリ - オシャマリ - アシレーヌ
この項目はポケモン図鑑プロジェクトによって作成されています。