ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

徘徊系ポケモン

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

徘徊系ポケモン(はいかいけい-)とは、出現ポイントがある条件によってマップ上を移動する伝説のポケモンのこと。徘徊ポケモン徘徊系などとも呼ばれる。

概要

通常の伝説が固定シンボルであるのに対し、出現場所を移動させながら予告なしに出現する伝説のポケモンのことを指す。

全てそれぞれのイベント後にその地方のほぼ全域の草むら(ダンジョンである森の中などのものは除く)や水上(一部のポケモンの場合)、さばくを1匹だけ逃げ回り、主人公と場所を合わせると遭遇する。主人公が直接町や道路などへ居場所を変えると隣接した場所に限って移動し、また一度遭遇する、他の野生ポケモンに数回遭遇する、フィールド上でそらをとぶを使って移動するとランダムで別の場所に移動する。レポートを書いて再開した場合も同様。

捕獲方法

まず遭遇するためには、ポケモンのいる場所を把握して自分のいる場所と一致させなければならない。ソフトによって相手の現在地を知る方法がある。

先頭のポケモンを「その場所で出現する野生ポケモンの最高レベル」以上「徘徊系ポケモンのレベル」以下にしておけば、むしよけスプレー系の道具を利用することで徘徊系ポケモンにのみ遭遇することができる。

遭遇に成功したら、徘徊系ポケモンは即座ににげることが多い(ただし、第二世代でのスピードボールの効果適用範囲には入らない)。捕獲したい場合はマスターボールを利用する、くろいまなざしなどで逃げることを封じるなどの手段をとることが望ましい。HPの減少や状態異常などは次の出現時にも引き継がれる為、第三世代以降ではみねうちなどを使ってHPを1にし、ねむりこおり状態にしてから逃がし、次の出現時に出会い頭にクイックボールを投げれば高い確率で捕まえられる(第二世代ではねむりやこおり状態にしていると逃げなくなる)。

近年のソフトの実装では、一度倒した場合は殿堂入り後に復活するが、金・銀・クリスタルではその限りではない。

ハートゴールド・ソウルシルバーでは、徘徊系ポケモンがいる場所がポケギアのマップに表示される。そのため、セーブデータロード時にいた場所を乱数調整の確認に利用することができる。

一覧

金・銀・クリスタル

やけたとう地下1階で出会ってから、移動を始める。すべてジョウト地方を移動。

ルビー・サファイア・エメラルド

最初の殿堂入り後に移動を始める。エメラルドはどちらか一方のみ自分で選択した方が出現する。

ファイアレッド・リーフグリーン

ナナシマロケット団を倒した後に移動を始める。最初に選んだポケモンによって、出現するポケモンが決まる。

ダイヤモンド・パール・プラチナ

エムリットはシンジこで出会ってから、クレセリアはまんげつじまで出会ってから移動を始める。プラチナでは、ハクタイシティオーキド博士に出会った後に伝説の鳥ポケモン3匹が移動を始める。

ハートゴールド・ソウルシルバー

エンテイ・ライコウはやけたとう地下1階で出会ってから移動を始める。ラティアス・ラティオスはクチバシティポケモンだいすきクラブおとしものを手に入れてから移動を始める。

ブラック・ホワイト

レジェンドバッジ入手後、10ばんどうろに繋がるソウリュウゲートで案内係の女性に7ばんどうろの異常気象について教えてもらえる。7ばんどうろを訪れると嵐が起こっており、民家に招かれた後外に出ると、トルネロスまたはボルトロスが目の前に現れ、それ以降移動するようになる。また、出現する場所では嵐が起こっており(戦闘中は天気あめとなる)、各地のゲートでの天気実況でもそのように報告される。

X・Y

殿堂入り後、移動するようになる。最初に選んだポケモンによって、出現するポケモンが決まる。出会っても必ず逃げる点で他の移動伝説と異なる。10回出会うと、わだつみのあなに固定シンボルとして登場する。

サン・ムーン

これまでとは違い特定のポケモンが出現する場所は決まっていて逃げることもない。また、倒しても殿堂入りしないですぐ復活する。

備考

  • 第三世代で徘徊系ポケモンの個体値がHP攻撃以外すべて0に固定されていたのは、通常のポケモンが戦闘時に5ビットずつ、計30ビット読み込まれる個体値が、徘徊系ポケモンの場合は個体値読み込みのメモリの位置の都合上、全30ビットの内下位8ビットしか読み込まれなかったためである。つまり、第三世代における徘徊系ポケモンの逆4V以下確定はバグである。エメラルドでは修正されている。

関連項目