第七世代(サン・ムーン)登場に関するお願い
サン・ムーン発売Pokémon GOの更新に伴い、ポケモンWikiにおいて新規投稿や加筆修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

アカウント作成時のエラーについて
アカウント作成時に、メールアドレスを入力しなければアカウントが作成できない不具合がありました。現在は解消済みです。

ポケモンミニ

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

ポケモンミニとは、株式会社ポケモンが2001年12月14日に発売したゲーム機。

概要

ポケットピカチュウと同じくらいのサイズの小型ゲーム機。表面の十字キーとA・Bボタン、上部のCボタンの他、搭載されているショックセンサーにより本体を振ることで操作する。赤外線通信機能によりワイヤレスで他の機体と通信することができ、一部のソフトでは多人数で対戦することも可能。

しかし、宣伝活動を大々的に行っても販売促進に結びつかず、わずか1年でフェードアウトしてしまったため、ファンの間では半分黒歴史化されている。本編と連動しなかったことや、ゲームボーイアドバンスが発売された後に発売されたことが売れ行き不振の理由として挙げられる。

ポケモンチャンネルでは、おまけの機能として、一部のポケモンミニのゲームが実行できる。同ゲームではソフトとして発売されていない新作のゲーム、カビゴンのランチタイムも収録されている。

ハード構造が複雑なことで知られ、ポケモンチャンネル発売前にはエミュや自作ソフトは一切存在しなかったが、ポケモンチャンネル発売後、海外で上記の機能がハッカーによってハックされ、エミュや自作ソフトが登場してしまった。

ハードなどのデータ

  • 価格:3800円+税
  • カートリッジ交換式ゲーム機(容量は最大8Mbit(1MB)である)
  • 振動機能
  • ショックセンサー
  • モノクロ液晶
  • 赤外線通信機能
  • 電源:単4乾電池1本

対応ソフト一覧

カラーバリエーション

ポケモンミニ ウパーブルー
通常のカラーリングで、機体と十字キー・ボタンの色は青色。パッケージには背景の色と一体化したウパーが描かれている。対応ソフトである「ポケモンパーティミニ」が同梱されたものも税別4800円で発売された。
ポケモンミニ チコリータグリーン
ポケモンセンター限定で販売。機体と十字キー・ボタンの色は黄緑色。パッケージにはチコリータが描かれている。
ポケモンミニ ムチュールパープル
ポケモンセンター限定で販売。機体と十字キー・ボタンの色は薄紫色。パッケージにはムチュールが描かれている。

外部リンク

関連項目