ウルトラサン・ウルトラムーン発売に伴い、ポケモンWikiにおいて新規投稿や加筆修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケットモンスター THE ORIGIN

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
ポケットモンスター THE ORIGIN
ジャンル アニメ
放送日 2013年10月2日19時00分
番組内容 レッドによるカントー地方の冒険
公式サイト

『ポケットモンスター ジ・オリジン』スペシャルサイト

ポケットモンスター THE ORIGIN( - ジ・オリジン)は、2013年10月2日の19時からテレビ東京系列で特別番組として放送されたアニメ。

キャッチコピーは、「『ポケットモンスター 赤・緑』を遊んだみんなへ」

概要

ポケットモンスター X・Y』の発売を記念して放送された、『ポケットモンスター 赤・緑』を元にしたアニメ。全部で4話に分けられている。X・Yの新要素「メガシンカ」が先行登場。

アニメポケットモンスターシリーズのアニメーション制作はOLMが担当しているが、本作ではOLM以外にもProduction I.G.XEBECもアニメーション制作を担当している。

日本では、テレビ東京にて2013年10月2日19時から放送されたが、ニコニコ生放送にて同年10月13日21時から再放送、キッズステーションで同年10月12日12時、20日12時、27日21時から再放送された[1]

本作で使用される一部の楽曲は、『ポケットモンスター 赤・緑』で使用されていた楽曲を景山将太がアレンジしたものであり、2013年11月13日に発売予定の「ニンテンドー3DS ポケモン X・Y スーパーミュージックコレクション」に収録される。音楽の元となった『赤・緑』の楽曲も収録されるため、アレンジと聴き比べることが可能[2]

2013年12月4日に、本作のBlu-rayとDVDが発売予定である。収録内容は、放送された全4話と、特典映像として『ポケットモンスター X・Y』および本アニメ作品のプロモーション映像とテレビCM、封入特典として描き下ろしジャケットイラストA3ポスター。同日には、TSUTAYAでもレンタルDVD開始予定[1]

TSUTAYAでは、キャンペーンとしてサイトの特設サイトから応募すると、抽選で豪華賞品として、オリジナルニンテンドー3DSLL ポケットモンスター X/Y パック プレミアムゴールドや、ポケモンセンターオリジナル商品ほか、こども商品券やTポイントカードが贈与される。また、12月4日から15日までの期間中、TSUTAYAでレンタルをするとオリジナルステッカーが渡される[3]

データ

  • 監督
    • レポート1『レッド』 - 川崎逸朗(Production I.G.)
    • レポート2『カラカラ』 - 黒田幸生(Production I.G.)
    • レポート3『サカキ』 - 高橋秀弥(XEBEC)
    • レポート4『リザードン』 - 冨安大貴(OLM)
  • キャラクターデザイン - 加藤初重(XEBEC)
  • 音響監督 - 三間雅文
  • アニメーション制作 - OLM・Production I.G.・XEBEC

あらすじ

ポケモントレーナーのレッドは、オーキド博士から最初のポケモンとしてヒトカゲを貰い、ポケモン図鑑完成の旅に出るが、そこにはライバルのグリーンやロケット団の総帥・サカキなどの強敵が待ち受けていた。果たしてレッドは最強のポケモントレーナーになれるのか?

ストーリー

  • レポート1『レッド』 - オーキド博士からレッドはヒトカゲ、グリーンはゼニガメを貰い旅立つ。グリーンとの初めてのバトルで敗北後、ニビシティでジムリーダー・タケシに挑戦し勝利する。
  • レポート2『カラカラ』 - ポケモンタワーで悪事を働くロケット団を止めに行くことと、ゆうれいの謎の解き明かすためにレッドはポケモンタワーに向かう。
  • レポート3『サカキ』 - シルフカンパニーでレッドはロケット団のボス・サカキと会う。結果は敗北。その後、バッジを集め、レッドはトキワジムに挑戦する。
  • レポート4『リザードン』 - バッジを全て集めたレッドは、ポケモンリーグに挑戦する。勝ち進んでチャンピオンのグリーンに勝ち、見事チャンピオンになる。その後、レッドはポケモン図鑑完成のため、ミュウツーを捕獲するためにハナダのどうくつに向かう。

登場人物

人物

ポケモン

備考

  • 各章が始まるときは、「つづきからはじめる」(最初の章は当然「さいしょからはじめる」)を選ぶなどといった、ゲームの雰囲気を踏襲しており、レッドがあらすじを語っているところでは赤・緑を思わせるメッセージ枠も登場している。
  • レッドの名前の由来を「燃えるような少年になって欲しい」と説明する描写がある。
  • ゲーム内で登場した台詞が多数登場する。「かがくのちからってすげー!」など。
  • 元となった赤・緑において、主人公のレッドが言葉を発するシーンは、モノマネむすめとの対話シーンや、ポケモンを繰り出す際の「行け、○○!」程度ではあるが、アニメとして作られた関係上か、この作品では頻繁に喋るシーンが出てくる。

外部リンク

脚注

  1. 1.0 1.1 NEWS 『ポケットモンスター ジ・オリジン』スペシャルサイト
  2. INTRODUCTION 『ポケットモンスター ジ・オリジン』スペシャルサイト
  3. DVD「ポケットモンスター ジ・オリジン」特集 - TSUTAYA online