第七世代(サン・ムーン)登場に関するお願い
サン・ムーン発売Pokémon GOの更新に伴い、ポケモンWikiにおいて新規投稿や加筆修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンバンク

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
ポケモンバンク
ジャンル ユーティリティ(ツール)
プレイ可能人数 1人
発売元 株式会社ポケモン
開発元 ゲームフリーク
発売日
日本 2013年12月25日
アメリカ 2013年12月25日
イギリス 2013年12月25日
ドイツ 2013年12月25日
公式サイト

ポケモンバンク ポケモン公式サイト

Pokémon Bank Pokémon official site

ポケモンバンク (Pokémon Bank) は、2013年12月25日に配信されたユーティリティソフト(ダウンロード専用)。対応ハードはニンテンドー3DS

概要

ポケモンボックスみんなのポケモン牧場などと同じポケモン保管ソフトであるが、サーバー上にポケモンのデータを保存し、インターネットを通じてポケモンの預け入れ、引き取りを行うソフトである。全部でポケモンを3000匹保存することができる(30匹×100ボックス)。

案内役はポケモンボックスにも登場したアズサが務めている。

第六世代(X・Yオメガルビー・アルファサファイア)同士、第七世代(サン・ムーン)同士(Ver.1.3以降)の出し入れをそれぞれ自由に行うことができる。

第五世代(ブラック・ホワイトブラック2・ホワイト2)からは、別のユーティリティであるポケムーバーを使用し、ポケモンバンクにポケモンを転送できる(送ってしまうと元に戻せないので注意)。

Ver.1.3以降バーチャルコンソール版の第一世代 (赤・緑ピカチュウ) もポケムーバー対応となったが、第六世代へは引き出しできない。引き出し先はサン・ムーンとなる。

預けたポケモンの数に応じて時間経過でポケマイルポイントが貯まり、ポケマイルもしくはバトルポイントでもらえる機能がある。ポケマイルで受け取る場合は額面通りのポイントを貰える。バトルポイントで貰う場合、貯まったポケマイルポイントが10分の1のバトルポイントに交換される。10未満の端数は切り捨てられ、ポケモンバンク側に未消費のポイントとして残される。

第七世代対応後

2017年1月25日のVer.1.3以降、上記の要素に加え以下の要素が追加される。

  • サン・ムーン同士での出し入れ
  • X・Y・オメガルビー・アルファサファイアからサン・ムーンへの転送
  • バーチャルコンソール版の赤・緑・青・ピカチュウからポケモンバンクへの転送
  • 第六世代以降の全バージョンのポケモンずかん閲覧機能の追加

今後、バーチャルコンソール版ポケットモンスター 金・銀からポケモンバンクへの転送にも対応予定。

配信イベント

不定期的にポケモンシリーズ本編と連動した配信イベントが開催されることがある。配信ポケモンは他の配信ポケモン同様にGTSへ預けることができず、さらにパソコンのボックスに送られる時点で自動セーブされるため個体値や性別などの厳選もできないが、親は受け取ったソフトに依存するため、ニックネームなどは自由に付けられる。なお、ポケモンバンクのソフトを対象とするイベントなので、1台の3DSで一度しか受け取ることはできない。

  • 配信開始〜2014年9月30日の期間にポケモンバンクのボックスにアクセスすると、特別なわざ「てかげん」を覚えたセレビィを受け取ることができる。
    • セレビィを受け取るには、ポケモンバンク初回起動時に貰えるポケマイルポイントを一度X・Yロム内の起動メニューからポケモンリンクという機能を使って送ったのち、再度アクセスする必要がある。
  • 2015年2月27日〜同年11月30日の期間内にアクセスすると、かくれとくせいメガニウムバクフーンオーダイルが3匹同時に手に入る。この配信イベントはX・Yオメガルビー・アルファサファイアのいずれでも受け取れる。
  • 2016年3月4日〜同年10月30日の期間内にアクセスすると、かくれとくせいのレジロックレジアイスレジスチルが3匹同時に手に入る。この配信イベントはX・Y・オメガルビー・アルファサファイアのいずれでも受け取れる。
  • 2017年1月25日〜同年10月2日の期間内にサン・ムーンでアクセスするとミュウZが手に入る。この配信イベントはサン・ムーンでのみ受け取れる。

重要なアップデート

  • ver.1.1 - サーバーとの通信方法の変更
  • ver.1.2 - オメガルビー・アルファサファイア対応
  • ver.1.3 - サン・ムーン対応

注意点

  • アイテムを持たせての保存はできない(持たせているどうぐはバッグに戻される)。
  • ひでんわざは覚えていても預けることが可能。
  • 通信交換ではないため、預けたり引き出したりしても通信交換で進化するポケモンは進化しない。
    • ポケモンバンクを通じて他のソフトへポケモンを移動させた場合でも通信進化は起こらない。
  • ショップ機能を使用するため、ペアレンタルコントロール制限をかけているものは使えない。
  • 第四世代以前のものはパルパークポケシフターを使用していったん第五世代に送らないといけない。
  • 第六世代以前出身のポケモンをポケモンバンクに預けた後に、一度でもサン・ムーンで引き出した状態でレポートすると、それ以降第六世代から引き出すことはできなくなる。また、サン・ムーンから預けたポケモンは、第六世代側では引き出すことができない。
  • X・Y以降での多くの公式大会、Wi-Fi大会、レーティングバトルでは、ポケムーバーを使用してX・Y以降に送られたポケモンが使用できない。

備考

  • ポケムーバーを使用して送られたポケモンは、トレーナーメモに「○○地方から時間と空間をこえてはるばるやってきたようだ」(X・Yの場合「○○地方から時間と空間をこえてカロス地方にはるばるやってきたようだ」)と表示され、出会った日付は表示されず転送した日付のみ表示される。
  • 利用料については、サーバメンテナンスやウイルス対策などが主な名目とされている。
  • 2013年12月25日の配信開始直後、アクセス集中によりWii Uおよびニンテンドー3DSのネットワークサービス接続エラーが発生した[1]。これに対し、任天堂はニンテンドーeショップへのアクセス集中を緩和するため、2013年12月26日21時30分以降ポケモンバンクの配信を一時停止している[2]。同年12月27日に、試験的に国ごとにアクセス制限を設けた(日本ではニンテンドーeショップの利用時間を6時〜18時の間に制限)結果、混雑が緩和されたことが確認できたものの、ポケモンバンクに関しては利用客の増大を考慮したシステムに与える負荷の検証中に伴い、配信再開には至っていなかった。2014年1月22日に配信が再開されたが、再びアクセスが殺到するのを防止するためか、事前告知なしで配信が再開されていた。なお、告知自体は同日中に行われた[3]

関連項目

外部リンク

脚注

  1. Wii Uおよびニンテンドー3DSのネットワークサービスの接続エラーについて 任天堂ホームページ
  2. ニンテンドーeショップの接続障害に伴う『ポケモンバンク』の一時配信停止のお知らせ 任天堂ホームページ
  3. ニンテンドー3DSダウンロードソフト『ポケモンバンク』の配信再開のお知らせ