ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

ライバル

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
このページではゲーム中のライバルについて解説しています。松本梨香の楽曲についてはライバル!を参照してください。

ライバルとは、主人公と同様に最初の研究所でポケモンを貰い (又は奪い)、各地で戦う事となるトレーナーのこと。

概要

特に、グリーンシルバーが、ライバルと明記されているが、同様の特徴を持つキャラクターは以後のシリーズにも登場する(以下のライバル一覧参照)。

ライバルは、ゲーム序盤、普通主人公最初のポケモンを手に入れたあたりで出会うこととなる。たいていのバージョンで主人公と同様に最初のポケモンを手に入れ、最初のバトルをすることとなる。そこから、ライバルは主人公の旅の中でしばしば登場し、バトルを挑んでくる。ライバルのパーティは戦うたびに強くなっており、バランスのとれたものとなっている。たいていライバルはゲームを進めるために倒さねばならず、とくに重要なのが、四天王との戦いの前後で起こるものである。四天王とチャンピオンに勝利した後は、自由にライバルと戦うことができるシリーズもあるが、何回か戦うと、パーティがさらに強化されるものもある。一般トレーナーとは異なる対戦BGMが使われていることが多い。

ライバルは、主人公の最初のポケモンに対して相性で強いポケモンを選ぶのが通例となっている。しかし、近年ではそうでないライバルも増えている。

最初に貰った御三家に対して、タイプの上では有利な御三家を切り札に用いてこないライバルには、イーブイを貰うピカチュウバージョンのグリーンラルトスを捕まえるミツル、主人公に対して相性で弱いポケモンを選ぶベルサナハウ、対戦ごとに使用ポケモンが変化するN、御三家を使わないティエルノトロバタイプ:ヌル(もといその進化系のシルヴァディ)を用いるグラジオが挙げられる。ヒカリコウキコトネヒビキに関しては、ストーリー上、ライバルのように頻繁に登場するが、作中でもライバルとは述べられていないため、ライバルには含めないことが多い。また、グラジオのタイプ:ヌル自体は御三家でこそないものの、進化後はメモリを持たせて、主人公が選んだ御三家に対してタイプで有利になるため、実質的にタイプの上で優位を取るポジションのライバルとしてカウントされることが多い。

ライバル一覧

第一世代ファイアレッド・リーフグリーン
グリーン
名前は自由に決められる。
第二世代
シルバー
名前は自由に決められる。
ルビー・サファイアエメラルドオメガルビー・アルファサファイア
ハルカユウキ
ゲーム開始時に選んでいない性別の方がライバルになる。
ミツル
ダイヤモンド・パールプラチナ
ジュン
名前は自由に決められる。
ヒカリコウキは、プレイヤーと戦うことはないため、ライバルとみなさないことが多い。
ハートゴールド・ソウルシルバー
シルバー
名前は自由に決められる。
コトネヒビキは、プレイヤーと戦うことはないため、ライバルとみなさないことが多い。
ブラック・ホワイト
チェレン
ベル
N
ブラック2・ホワイト2
ヒュウ
名前は自由に決められる。
X・Y
セレナカルム
ゲーム開始時に選んでいない性別の方がライバルになる。
サナ
ティエルノ
トロバ
登場時やバトルのBGMは共通で、全員が友人兼ライバルのような存在だが、セレナ・カルム以外とは1,2回程度しか対戦しない。
サン・ムーンウルトラサン・ウルトラムーン
ハウ
グラジオ
Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ
シン
名前は自由に決められる。第一世代などにおける、グリーンの代わりとして登場。
ブルー
殿堂入り後に登場。事実上のラスボスと思われる。ストーリー上殿堂入り前に戦わないので、ライバルとみなされないこともある。