Pokémon GOおよび第七世代登場に関するお願い
Pokémon GOおよび第七世代登場に伴い、ポケモンWikiにおいて作成や修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、編集、訂正に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWiki10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。

ポケモンピンボール

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
ポケモンピンボール
ジャンル ピンボールゲーム
プレイ可能人数 1人
発売元 任天堂/株式会社ポケモン
開発元 ジュピター
発売日
日本 1999年4月14日
アメリカ 1999年6月28日
イギリス 2000年10月6日
ドイツ 2000年10月6日
その他 1999年7月13日(オーストラリア)
公式サイト

任天堂

ポケモンピンボールPokémon Pinball)は、1999年4月14日に発売されたピンボールゲーム。

概要

ピンボールをしながら、第一世代の151匹のポケモンを集めていく。また、このソフトは振動カートリッジである。

発売までの経緯

この節は書きかけです。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。

ゲームモード

赤台と青台がある。ステージを移動するだけでなく、両方の台をプレイして初めて図鑑が完成できる。

ゲットモード

ポケモンを捕まえるモード。右側のレーンにボールを2回以上通したあと、右側のポケモンにボールを入れるとこのモードが始まる。始まるとポケモンのシルエットが現れて、赤台ではビリリダマ、青台ではシェルダーに当てていくとパネルがめくれていく。全てめくれるとポケモンが現れ、そのポケモンにボールを当てていくと「G」「E」「T」の文字が順に表示される。全て表示された後に、もう一度ポケモンにボールを当てるとGET成功。本編とは異なりこのときにポケモンがボールから飛び出ることはない。制限時間は2分間。

進化モード

ポケモンを進化させるモード。左側のレーンにボールを3回通すと進化ホールへの道が開く。ここにボールを入れるとこのモードが始まる。始まると台に矢印が現れる。いくつかはずれも含まれているが、当たりの矢印に当てた場合は台のどこかに進化アイテムが現れる。一方、はずれの場合、10秒経つか左右どちらかのループにボールを通すまで矢印が消えてしまう。進化アイテムを3つ集めると中央のホールが開き、ボールをホールに入れると進化成功。

マップモード

赤台
青台

ボーナスステージ

赤台
  • ディグダステージ
  • ゲンガーステージ
  • ミュウツーステージ
青台
  • ニャースステージ
  • パウワウステージ
  • ミュウツーステージ

ポケモンピンボールにおける反響

この節は書きかけです。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。

ハードなどのデータ

  • 型番:DMG-VPHJ-JPN
  • 発売日:1999年4月14日
  • 対応機種:ゲームボーイおよび互換機
  • 新品価格:4800円

ポケモンピンボールに関する総情報

この節は書きかけです。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。

その他

  • ポケモンのゲームにしては珍しくサウンドテストモードがある。何故かこのモードのトラック番号の指定には16進数が使われている。
  • 図鑑データはポケットモンスター ピカチュウのものを使用している。

備考

CMには六平直政とニャースが出ていた。

関連項目