ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

ポケモンでパネポン

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索
ポケモンでパネポン
ジャンル アクションパズル
プレイ可能人数 通常は1人、対戦時2人
発売元 任天堂
開発元 インテリジェントシステムズ
発売日
日本 2000年9月21日
アメリカ 2000年11月4日
イギリス 2001年6月8日
ドイツ 2001年6月8日
その他
公式サイト

任天堂

ポケモンでパネポン(英題Pokémon Puzzle Challenge)とは任天堂などが発売したゲームである。

概要

GB版パネポンとしては2作目である。GB版ヨッシーのパネポンとは違い、SFC版パネルでポンサテラビューデータ配信SFC版ヨッシーのパネポン(海外版Tetris Attack)に近い操作方法やおじゃまパネルの処理となっている。

ゲームモード

一人用

エンドレス
パネルが上段まで埋まってしまう (=ゲームオーバー) まで、ずっとゲームを続け、それまでにどれくらいのスコアを出せ、どのくらい連鎖、同時消しが出来るか競う。トータルスコアとハイスコアが記録される。
VS COM
コンピューターと戦っていくモード。相手はおじゃまパネルを落として攻撃してくる。相手をゲームオーバーにすれば勝ちで、こちらがゲームオーバーにされると負け。ただし、このモードは自分のポケモンが全滅して初めてゲームオーバーとなり、コンティニューも可能である (ただしエンディングは変わってしまう)。
ある条件を満たすとスーパーハード、バイオレスハードも登場。バイオレスハードは非常に難しいうえ、ポケモンが1匹やられただけでゲームオーバーとなるが、その代わりコンティニューを何回してもエンディングは変わらない。
スコアアタック
2分の制限時間でどれだけのスコアをたたき出せるか競う。パネルが消えている途中であっても2分経ったら即終了となり、加算途中でもそこで打ち切りとなる。また、制限時間内でもゲームオーバーになったら打ち切りとなる。
ベスト5が保存されており、ベスト5に載ると名前をアルファベット3文字で残せる。
ステージクリア
パネルをどんどん消していき、クリアラインより上のパネルが無くなるとクリア。これを繰り返していくモード。6ラウンド×5ステージに加え、ラウンド3と4の間にスペシャルステージ、ラウンド6クリアでラストステージがある。
スペシャルステージとラストステージは実践。同時消しや連鎖をすることでポケモンにダメージを与え、HPを0にしたらクリア。スペシャルステージはラストステージの体験をしてもらうようなものなので、ゲームオーバーになってしまっても次のステージに進める。
パズル
指定された回数だけ動かして、パネルを全て消すモード。6ラウンド×10ステージあり (実際はエクストララウンド有り、エクストラ含めると12ラウンド×10ステージ)、プレイ可能なラウンドなら、どのステージも自由に遊べる。各ラウンドの8つのステージをクリアすると次のラウンドに進め、1つのラウンドのステージ全てクリアでヒント回数が1増える。
どうしても解けないときは、ヒントを使う。すると、最初にどこを動かすべきなのか教えてもらえる。
おじゃまアタック
おじゃまパネルが降ってくるタイプのエンドレスモード。おじゃまパネルがあることを除けばエンドレスとルールは同じ。

二人用

VS 2P
おじゃまパネルを用いて2人で対戦するモード。無論先にゲームオーバーになった方が負け。
スコアアタック
時間内にどちらがより高得点を取れるか競う。
ステージクリア
2人でステージごとに対戦していく。

じょうたつのみち

腕を上げるために、1人用とは別に用意されているモード。

れんしゅうモード
パネルの動きが遅いため、アクティブ連鎖がしやすくなっている。
デモ&プレー
そもそも同時消し・連鎖・アクティブ連鎖とは何か。そこから学ぶことが出来る。デモを見てやり方を覚え、実際にプレイして感覚をつかめる。

ハードなどのデータ

登場ポケモン

備考

  • このゲームにでてくるのは金・銀バージョンに登場する人とオーキド博士。
  • このゲームにも本編同様「ポケモンレベル」というものが存在するが記録のようなものであり、レベルがあがっても何か起きるわけではない。

外部リンク

関連項目