第七世代(サン・ムーン)登場に関するお願い
サン・ムーン発売Pokémon GOの更新に伴い、ポケモンWikiにおいて新規投稿や加筆修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンアートアカデミー

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
ポケモンアートアカデミー
ジャンル ペイントソフト
プレイ可能人数 1人
発売元 株式会社ポケモン
開発元 ゲームフリーク
発売日
日本 2014年6月19日
アメリカ 2014年10月24日
イギリス 2014年7月4日
ドイツ 2014年7月4日
その他 豪州:2014年7月5日
公式サイト

ポケットモンスター公式サイト

Pokémon

ポケモンアートアカデミーとは、2014年6月19日に発売されたニンテンドー3DS用のゲームソフトである。価格は3619円+税(税込3909円)。

概要

ポケモンシリーズでは初となるペイントソフト。ステップバイステップのレッスンを通して、ポケモンの上手な描き方を学ぶことが出来る。インターネットサイトなどでは「ポケモン版絵心教室」とも称され、実際、ニンテンドーeショップ内では本作の詳細情報に関連キーワードとして、「絵心教室シリーズ」がリンクされている。

タイトルにもなっている「ポケモンアートアカデミー」という学校に入り、講師・アンディ先生からポケモンの描き方を学ぶ、という体をとっている。プレイヤーは、ポケモンを描いていくことを通じて、絵心も身に付けていくことができるとしている。

ステップバイステップのレッスンにより、簡単な形からはじまり、色の塗り方や形の捉え方を学び、最終的には陰影や濃淡、ハッチングなどを用いて複雑な形や構図が描けるようになることを目標とする。レッスンは40種を予定。レッスン以外にも、プレイヤーが自由にイラストを描くことのできるモードも搭載している。

描いた絵は、ポケモンカードゲーム風にすることが出来、サイン入りのカードとなってアルバムに保存される。また、Miiverseに投稿することもできる。ほかにも、SDカードに保存することでパソコンに取り込むことができる。これにより、ブログやSNSに載せるなどさまざまな活用ができる。

画材は、鉛筆、マーカーペン、アウトラインペン、絵の具、パステル、スプレーの6種類を収録している。

パッケージ版とダウンロード版の両方を発売予定で、ダウンロード版の容量は最大512MB(4,096ブロック)である。

登場人物

アンディ先生
ポケモンアートアカデミーでポケモンの描き方を教えている先生で、リリー(ジョン)曰く「このアカデミーでいちばんすごい先生」。プレイヤーに丁寧にポケモンの描き方のアドバイスを行い、描いたポケモンそのものの特徴についても説明してくれる。「絵心教室」で講師を行っているビンス先生の弟でもある。
リリー / ジョン
ポケモンアートアカデミーにプレイヤーと共に入学し、学んでいく友人。プレイヤーが男の子ならリリー、女の子ならジョンとなる。ポケモンの描き方を学び、ポケモンカードのイラストレーターになるのが夢であるが、絵心は高いとは言えず、毎度奇抜な絵を披露する。

キャンペーン

本作発売の6月19日から7月30日までの間、ポケモンゲット☆TVとの連動企画として、出演者が審査員となりイラストコンテストが開催される。題目は、ピカチュウディアンシー。受賞作品は上野の森美術館別館・上野の森美術館ギャラリーにて展示される。展示期間は、2014年8月21日から9月3日まで。

また、同じく6月19日から7月30日までの間、週ごとに交替でグラードンカイオーガの見本イラストが配布される予定である。

備考

外部リンク

脚注

  1. ラインナップ一覧|任天堂 E3 2014情報
  2. ニンテンドー3DS LL 月替わりオススメソフトキャンペーン|任天堂ホームページ