ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

ポケモンカードGB

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索
ポケモンカードGB
ジャンル RPG
プレイ可能人数 通常は1人、対戦時2人
発売元 任天堂
開発元 ハドソン
発売日
日本 1998年12月18日
アメリカ 2000年4月10日
イギリス 2000年11月8日
ドイツ 2000年11月8日
その他
公式サイト

任天堂

pokemon.com

ポケモンカードGBとは、株式会社ポケモンが発売したポケモンカードをゲーム化したゲームソフトのこと。

概要

拡張パック第1弾から「化石の秘密」までの全カードとプロモーションカード、ゲームオリジナルのカードも取り扱っている。カードの総数は228種類。

通信ケーブルで対戦をすることができるほか、カートリッジに赤外線ポートが内蔵されており、通信ケーブル無しでもカードやデッキレシピの交換ができた。なお、続編ポケモンカードGB2とは通信できない。

ハードなどのデータ

あらすじ

伝説のカードに憧れを抱いた主人公が、伝説のポケモンカードをゲットするためにカードゲームを始める。伝説のカードを手に入れるためには8つのメダルを集めた後、グランドマスターと呼ばれるカードのエキスパート達に勝利しなければならない。主人公の前に多くの敵が立ちはだかる・・・・。

ルール

公式ルールと異なる点が多数存在する。また、公式ルール自体も変遷しているため現在のルールとは大きく異なる。

発売当時の公式ルールと異なる点

  • 対戦準備時に引いた7枚の手札の中にたねポケモンが1枚も無い場合、たねポケモンを引くまで何回でも引きなおしてよい。(当時のルールでは3回引きなおして出なければ負け)
  • 対戦準備時に引いた7枚の手札の中にたねポケモンが1枚も無ければ、なにかの化石ピッピ人形があっても強制的に引きなおし。(当時のルールでは引きなおすかどうか選べる)
  • 対戦準備で出せる控えポケモンは5匹まで (当時のルールでは1匹まで、第5版より公式ルール)
  • サイドカードの枚数は対戦相手によって変わる。大半のNPCとはサイドカード4枚戦で対戦するが、研究所でチュートリアルを行ってくれる研究員やアクアクラブの一部NPCは2〜3枚程度の少ない枚数で戦う。逆にクラブマスターやグランドマスター、その他一部のNPCはサイドカードを6枚にして戦う。
  • 先攻プレイヤーの最初の番も山札を引く。(第5版より公式ルール)
  • こんらんでワザが失敗した場合、そのポケモンに20ダメージを与える。(第5版より公式ルール)

現在の公式ルールと異なる点

  • カードは「ポケモンカード」「トレーナーカード」「エネルギーカード」の3種類。
    • トレーナーカードとは現在で言うところの「トレーナーズ」カードだが、グッズ・サポートの区別は無く、全てのトレーナーカードは自分の番に何枚でも使える。また、スタジアムカードは登場しない。
  • 対戦開始時に手札を引きなおしても、相手プレイヤーが追加でカードを引くことはできない。
  • 対戦開始時の手札にたねポケモンのカードが無かった場合、なにかの化石ピッピ人形など場に出せるトレーナーカードが手札にあっても手札を引きなおす。(現行ルールでは引きなおし不可)
  • こんらんでワザが失敗した場合20ダメージを与える (これはワザによるダメージ扱いであり、弱点・抵抗力やプラスパワー、ディフェンダーなどの影響も受ける)。
  • 「こんらん」しているポケモンがにげるためにはコイントスが必要で、裏が出た場合はにげられないがエネルギーはトラッシュする。
  • 自分の番に何度でもポケモンをにがすことができる。
  • ポケパワー・ポケボディーと言う区分はまだ無く、全て「特殊能力」となっている。
  • 「どく」状態でも特殊能力は無効にならない。
  • デッキ枚数は60枚で固定。

個別カードに関するもの

登場人物

主要人物

  • 主人公:伝説のカードを手に入れるためカードゲームを始めた。
  • Dr.オーヤマ:このゲームに登場する博士。主人公をあらゆる面で手助けしてくれる。
  • ランド:主人公のライバル的存在。彼もまた伝説のカードを手に入れようとしている。
  • Mr.イシハラ:カードコレクター。珍しいカードを交換してくれる。
  • イマクニ?:どこかのクラブにランダムで現れ、片隅で不思議なダンスをしている。称号は「謎の生き物」

クラブマスター

  • クニミ:グリーンクラブのクラブマスター。愛用カードはナッシー。
  • ウッチー:アクアクラブのクラブマスター。愛用カードはカメックス。
  • クルシマ:サイエンスクラブのクラブマスター。愛用カードはベトベトン。
  • ミウラ:エスパークラブのクラブマスター。愛用カードはフーディン。
  • ゲンゾウ:ストーンクラブのクラブマスター。愛用カードはゴローニャ
  • タカハシ:エレキクラブのクラブマスター。愛用カードはレアコイル。
  • アカバネ:ファイアクラブのクラブマスター。愛用カードはブーバーとラッキー。
  • ヤマグチ:バトルクラブのクラブマスター。愛用カードはカイリキー。

グランドマスター

備考

  • 本編及び続編の登場キャラクターの中には実在の人物をモデルにしているキャラクターもいる。(Mr.イシハラ石原恒和など)
  • 特典としてゲーム中に登場する伝説のポケモンカード「カイリューLV.41」がついた。
  • ゲーム内に「」以外の漢字が登場する最初のポケモンのゲーム。
  • 説明書には載っていないが、Bボタンでダッシュすることができる。これもポケモンのゲームでは初。
  • 本編と異なり対戦中は状態が自動で一時セーブされているので、電源が切れても対戦を再開することができる。一時セーブは破棄してにっきをつけた場面から再開することもできる。

関連項目