ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

バトルサブウェイ

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索

バトルサブウェイとは、ライモンシティにある施設から乗り込める地下鉄である。

概要

列車(地下鉄)に乗りつつポケモンバトルをしようと言う施設。今までの世代で言う所のバトルタワー、あるいはバトルフロンティアに相当する施設。

バトルの形式によってシングルトレインダブルトレインなどの列車があり、それぞれがノーマルとスーパーの2つのランクに分かれている。ここで獲得したバトルポイントと景品を交換することができる。

また、ポケモン勝負を行う列車とは別に、カナワタウン行きの列車も出ている。カナワタウンへはこの列車でないと行くことが出来ない。この列車のみ、バトルはせずただの移動手段の列車である。

カナワタウン駅で架線が無いこと、また線路も2本で中央に鉄板(磁石との対になっている)も無い(リニア式推進方式ではない)ことから第三軌条方式の電車であると推定される。これは全ての駅で進行方向の右側乗車(カナワ駅到着時は左)であることからホームの下に第三軌条があるとすると説明がつく。

ブラック2・ホワイト2ではすぐに利用できるわけではない。入口前でノボリクダリとのタッグバトルに勝利し、異性主人公からバトルレコーダーをもらうことで利用可能になる。

特に、地下鉄網の中心であるライモンシティの列車発着所をギアステーションと言う。

カナワタウン行きを含め、8種類の路線がある。

 路線一覧 (入り口から左[西]へ時計回り)
Wi-Fi、 マルチ、 スーパーマルチ、 カナワタウン、 スーパーダブル、 ダブル、 スーパーシングル、 シングル

トレイン

共通ルール
  • ポケモンのレベルは50で統一。通信対戦と違って49以下のポケモンも50に統一されるので、がんじょう持ちレベル1ポケモンを利用する戦術は使用出来ない。
  • じばくみちづれ等、相手と自分の両方が同時にひんしになる技で最後の1匹同士が相打ちになった場合、技を使った方が先に倒れた扱いとなり、相手の勝利になる。
  • 一部の伝説級ポケモンは参加不可能。該当するポケモンは下記参照。
参加禁止ポケモン
No.150 ミュウツー No.151 ミュウ No.249 ルギア No.250 ホウオウ No.251 セレビィ
No.382 グラードン No.383 カイオーガ No.384 レックウザ No.385 ジラーチ No.386 デオキシス
No.483 ディアルガ No.484 パルキア No.487 ギラティナ No.489 フィオネ No.490 マナフィ
No.491 ダークライ No.492 シェイミ No.493 アルセウス    
No.494 ビクティニ No.643 ゼクロム No.644 レシラム No.646 キュレム  
No.647 ケルディオ No.648 メロエッタ No.649 ゲノセクト    

ノーマルトレイン

初期状態で挑戦出来るトレイン。名前はただの「○○トレイン」であるが、後述の「スーパー」と区別するために、特に「ノーマルトレイン」と呼ばれる事がある。

  • シングルトレイン
  • ダブルトレイン
  • マルチトレイン

シングルトレインは3対3のシングルバトルを、ダブルトレインは4体4のダブルバトルを、マルチトレインは2匹ずつ出しての4対4のタッグバトルを行う。タッグバトルはワイヤレス通信で他のプレイヤーと組むことになるが、いなければNPCと組む。パートナーのNPCはプレイヤーが選ばなかった性別の主人公で、名前はそれぞれ、ブラック・ホワイトでは男の子が「トウヤ」、女の子が「トウコ」、ブラック2・ホワイト2では男の子が「キョウヘイ」、女の子が「メイ」である。

いずれも7連戦×3セットで、7連勝するごとにBPが貰える。また、最後の3セット目の7戦目=21戦目はサブウェイマスターと対戦する。貰えるBPはいずれも7勝目/14勝目で各3BP、21勝目で10BPの計16BP。

7勝するごとに途中の駅に寄って下車し、BPを貰う。このとき続けて列車に乗っても良いし、一旦ライモンシティに戻っても良い。ライモンシティに戻った場合は、挑戦中だったトレインの乗り場にまた来れば続きが出来る。21勝した際も同様に下車してBPを貰うが、これ以上の続きは無いのでライモンシティに戻るのみ。

難易度は(スーパートレインに比べれば)かなり低めであり、特に最初の方は殆どが未進化ポケモンばかり登場する。後の方に登場するトレーナーほどポケモンが強化されていく。特に7戦目ごとの節目のトレーナーは強力だが、サブウェイマスターの手持ちを除いて基本的に2段階進化するポケモンの最終進化形は出てこない。出てきても、ムーランドなどの最序盤で登場するポケモンの進化形のみである。

なおいずれのトレインも、21勝した時の終点ホームにポイントアップを1個くれる人がいる。21連勝してここに来るたびに何度でもくれる。

スーパートレイン

  • スーパーシングルトレイン
  • スーパーダブルトレイン
  • スーパーマルチトレイン

対応するノーマルトレインで21連勝する(21戦目に現れるサブウェイマスターに勝利する)と挑戦出来るようになる。

バトル形式はノーマルトレインと同様だが、以下のような点が異なる。

  • 連勝数の上限が無い。7連勝1セットなのは変わらないが、49戦目にサブウェイマスターが登場し、それ以降はエンドレス。
  • 貰えるポイントは7勝目→5BP、14勝目→6BP、21勝目→7BP、28勝目→8BP、35勝目→9BP、42勝目以降の7勝ごと→10BP。ただし49勝目のサブウェイマスターに勝利した際のみ、10ではなく30BP。
  • 相手トレーナーの手持ちポケモンが強力。最終進化系の他、29戦目からはサンダーラティオス等の、いわゆる「準伝説級」ポケモンも手持ちに入るようになる。
  • 21勝目のホームにポイントアップをくれる人がいるのは同じだが、それ以降も特定のホームでアイテムをくれる人がいる。

商品一覧

ブラック・ホワイト

タウリン 1BP
リゾチウム 1BP
ブロムヘキシン 1BP
キトサン 1BP
インドメタシン 1BP
マックスアップ 1BP
パワーリスト 16BP
パワーベルト 16BP
パワーレンズ 16BP
パワーバンド 16BP
パワーアンクル 16BP
パワーウエイト 16BP
どくどくだま 16BP
かえんだま 16BP
しろいハーブ 32BP
パワフルハーブ 32BP
きゅうこん 32BP
じゅうでんち 32BP
レッドカード 32BP
だっしゅつボタン 32BP
ものしりメガネ 48BP
こだわりメガネ 48BP
ピントレンズ 48BP
フォーカスレンズ 48BP
こうかくレンズ 48BP
ちからのハチマキ 48BP
きあいのハチマキ 48BP
こだわりハチマキ 48BP
こだわりスカーフ 48BP
きあいのタスキ 48BP
するどいツメ 48BP
するどいキバ 48BP
ひかりのこな 48BP
いのちのたま 48BP
くろいてっきゅう 48BP
ふうせん 48BP
しめつけバンド 48BP
ふしぎなアメ 48BP
わざマシン23うちおとす 32BP
わざマシン48りんしょう 32BP
わざマシン87いばる 32BP
わざマシン88ついばむ 32BP
わざマシン34ヘドロウェーブ 48BP
わざマシン51サイドチェンジ 48BP
わざマシン59やきつくす 48BP
わざマシン60さきおくり 48BP
わざマシン64だいばくはつ 48BP
わざマシン77じこあんじ 48BP

ブラック・ホワイト2 

タウリン 1BP
リゾチウム 1BP
ブロムヘキシン 1BP
キトサン 1BP
インドメタシン 1BP
マックスアップ 1BP
ほのおのいし 3BP
かみなりのいし 3BP
みずのいし 3BP
リーフのいし 3BP
ピントレンズ 8BP
こうかくレンズ 8BP
ちからのハチマキ 8BP
ものしりメガネ 8BP
するどいツメ 8BP
するどいキバ 8BP
しめつけバンド 8BP
ひかりのこな 12BP
きあいのハチマキ 12BP
フォーカスレンズ 12BP
くろいてっきゅう 12BP
ふうせん 12BP
パワーリスト 16BP
パワーベルト 16BP
パワーレンズ 16BP
パワーバンド 16BP
パワーアンクル 16BP
パワーウエイト 16BP
どくどくだま 16BP
かえんだま 16BP
しろいハーブ 16BP
パワフルハーブ 16BP
きゅうこん 16BP
じゅうでんち 16BP
レッドカード 16BP
だっしゅつボタン 16BP
こだわりハチマキ 24BP
こだわりメガネ 24BP
こだわりスカーフ 24BP
きあいのタスキ 24BP
いのちのたま 24BP
ふしぎなアメ 24BP
わざマシン17まもる 6BP
わざマシン20しんぴのまもり 6BP
わざマシン32かげぶんしん 6BP
わざマシン59やきつくす 6BP
わざマシン31かわらわり 12BP
わざマシン79こおりのいぶき 12BP
わざマシン89とんぼがえり 12BP
わざマシン10めざめるパワー 18BP
わざマシン23うちおとす 18BP
わざマシン48りんしょう 18BP
わざマシン75つるぎのまい 18BP
わざマシン87いばる 18BP
わざマシン88ついばむ 18BP
わざマシン34ヘドロウェーブ 24BP
わざマシン51サイドチェンジ 24BP
わざマシン60さきおくり 24BP
わざマシン64だいばくはつ 24BP
わざマシン77じこあんじ 24BP

この節は書きかけです。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。

路線図

サブウェイ内の各所でイッシュ地方の各地に張り巡らされた、地下鉄の路線図が見られる。各電車乗り場に看板が立っている。

路線の色は各トレインの看板の色に対応していると見られ、各トレインの行き先は以下のようになっていると思われる。

カナワタウン行き電車を除いて地上に出てくる事は無いため、実際に行き先の場所に移動出来る訳ではない。あくまで路線図の設定があるのみ。

備考

  • サブウェイマスターの2人は他の一般NPCトレーナーと違って手持ちポケモンは能力値から技構成に至るまで完全に固定だが、何故か特性だけは戦うたびにランダムで決定し直される。(前回戦ったときのイワパレスがんじょうだったのに、次に戦うとシェルアーマーだった、など)
  • 通信対戦におけるフラットルールと違い、レベルが低いポケモンもレベル50に統一される仕様を利用し、タマゴから生まれたばかりのポケモンを(努力値ゼロのまま)一時的にレベル50にしてステータスを見、個体値を割り出すと言う利用もされている。

関連項目

イッシュ地方
*1はブラック2・ホワイト2のみ、*2はブラック2・ホワイト2では入れない
道路・水道 1 - 2 - 3 - スカイアローブリッジ - 4 - 5 - ホドモエのはねばし - 6 - 7 - 8 - シリンダーブリッジ - 9 - 10*2 - 11 - ビレッジブリッジ - 12 - 13 - 14 - 15 - ワンダーブリッジ - 16 - 17 - 18 - 19*1 - 20*1 - 21*1 - マリンチューブ*1 - 22*1 - 23*1 - かくしあな*1
カノコ - カラクサ - サンヨウ - シッポウ - ヒウン - ライモン - ホドモエ - フキヨセ - セッカ - ソウリュウ - リーグ - カゴメ - サザナミ - ブラック - ホワイト - カナワ - ヒオウギ*1 - サンギ*1 - タチワキ*1 - ヤマジ*1 - セイガイハ*1
ジム サンヨウ*2 - シッポウ*2 - ヒウン - ライモン - ホドモエ - フキヨセ - セッカ*2 - ソウリュウ - ヒオウギ*1 - タチワキ*1 - セイガイハ*1
ダンジョン P2ラボ - ゆめのあとち - ちかすいみゃくのあな - ヤグルマのもり - リゾートデザート - こだいのしろ - れいとうコンテナ*2 - でんきいしのほらあな - フキヨセのほらあな - タワーオブヘブン - ネジやま - リュウラセンのとう - セッカのしつげん - しゅぎょうのいわや*2 - チャンピオンロード - Nのしろ - ジャイアントホール - サザナミわん - かいていいせき - ほうじょうのやしろ - まよいのもり - リバティガーデンとう - ちかいのはやし*1 - サンギぼくじょう*1 - タチワキコンビナート*1 - ヒウンげすいどう*1 - こだいのぬけみち*1 - リバースマウンテン*1 - ストレンジャーハウス*1 - うみべのどうけつ*1 - プラズマフリゲート*1 - こころのくうどう*1 - ヤーコンロード*1
施設 アララギ ポケモン研究所 - ビッグスタジアム・リトルコート - バトルサブウェイ - ショッピングモール R9 - ハイリンク - フキヨセ カーゴ サービス - ロイヤルイッシュごう - シフトファクトリー - ユナイテッドタワー - ポケウッド*1 - ジョインアベニュー*1 - PWT*1 - しろのじゅどう・くろのまてんろう*1