Pokémon GOおよび第七世代登場に関するお願い
Pokémon GOおよび第七世代登場に伴い、ポケモンWikiにおいて作成や修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、編集、訂正に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWiki10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。

赤外線通信

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

赤外線通信 (せきがいせんつうしん) とは、通信手段の1つ。IR通信とも。

概要

赤外線を使用して無線通信を行う。障害物があったり、相手と離れていたり、向かい合っていなかったりすると通信できず、電波を用いたワイヤレス通信に比べ不安定だが、省電力性能に優れている。

GBリンク

ゲームボーイで赤外線通信というとゲームボーイカラーのものが有名だが、ポケモンカードGBではカートリッジに赤外線ポートを埋め込むことで初代機でも無線通信ができるようになっている。カードポン!、カード、デッキレシピの受け渡しができる。この機能は「GBリンク」と呼ばれているが、GB Kiss Linkの技術を流用しているものではないかと思われる。

通信可能距離は1cm以内とされている。

なお、スーパーゲームボーイでは使用できない。

ゲームボーイカラーにおける赤外線通信

本体に内蔵された赤外線ポートを使って通信できるようになった。通信距離は5cm程度。

赤外線ポートはゲームボーイアドバンスに受け継がれなかったため、GBAでこれらの機能を使用することはできない。「ゲームボーイアドバンス 専用赤外線通信アダプタ」なる周辺機器が存在するが、これはサイバードライブゾイド 機獣の戦士ヒュウ専用のもので、カラー用ソフトの赤外線通信をサポートするものではない。

ニンテンドーDSにおける赤外線通信

本体に通信ポートはないが小型化された赤外線ポートを埋め込んだDSカードが開発された。このタイプのDSカードの型名はNTR-031で、通常のNTR-005とは異なる。

ニンテンドー3DSにおける赤外線通信

本体に赤外線ポートがついている。


ポケモンミニにおける赤外線通信

ポケットピカチュウカラー 金・銀といっしょ!ポケウォーカーと異なり本編との通信はできないが、ポケモンミニ同士の通信ができた。