ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

移動要員

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

移動要員(いどうよういん)とは、普段ゲーム中で連れて歩いているパーティの中で、フィールドわざを使い主人公の移動をサポートすることに徹する役割を持ったポケモンを指す俗語。移動用秘伝要員とも。

概要

ストーリー攻略・探索に必要なフィールドわざポケモンバトル時には使いにくいものも多く、対戦で戦う主力メンバーに覚えさせると大きな足枷になってしまう。また、それがひでんわざであった場合、一度覚えさせるとわざわすれがいる街まで進めないと忘れさせることができない。そのため、パーティ6匹のうち対戦に使うポケモンと移動に使うポケモンを分けることがある。この移動に使うポケモンを「移動要員」という。移動要員はわざさえ覚えればレベルを上げなくてもその役割を果たせるため、対戦用のポケモンに経験値を集中させることができ、ストーリーを進めやすくなるという副次的効果もあるといえる。

移動要員は2〜3匹で構成されることが多い。ソフトによって攻略に必須なフィールドわざの数が5個を超えたり、また少なくてもそれら全てを両立できるポケモンがいない場合も多いためである。

サン・ムーン以降では、ポケモンライドなどのパーティに依存しない代替手段の登場にともない移動要員は不要となった。

移動要員に使われることが多いポケモン一覧

ミュウアルセウスは世代にかかわらず全ての秘伝技を覚えられる。ただし幻のポケモンであることから一般に移動要員としては使われないため一覧には含めない。

第一世代

第二世代

  • オオタチ - いあいぎり、なみのり、かいりき、いわくだき(第三世代以降のみ)、ずつき
  • マリルリ - なみのり、かいりき、うずしお、たきのぼり
  • ヌオー - なみのり、かいりき、うずしお、いわくだき、たきのぼり
  • トゲチック - そらをとぶ、フラッシュ、ずつき、いわくだき、きりばらい(D・P・Ptのみ)
  • ドーブル - 直接ひでんわざを覚えることはできないが、スケッチを使うことで全ての技をコピーできるため、移動要員にも捕獲要員にも利用可能。

第三世代

  • マッスグマ - いあいぎり、なみのり、かいりき、いわくだき
  • ペリッパー - そらをとぶ、なみのり、きりばらい(D・P・Ptのみ)
  • ギャラドス - なみのり、かいりき、いわくだき、たきのぼり、ダイビング
  • トロピウス - いあいぎり、そらをとぶ、かいりき、フラッシュ、いわくだき、きりばらい(D・P・Ptのみ)
  • ボスゴドラ - いあいぎり、なみのり、かいりき、いわくだき、ロッククライム(第四世代のみ)

第四世代

ダイヤモンド・パールプラチナでは、ビーダルエアームドの2匹でちょうど全て覚えられることで有名。ただし、エアームドが捕まえられるのは殿堂入り後。

  • ビーダル - いあいぎり、なみのり、かいりき、いわくだき、たきのぼり、ロッククライム、うずしお(HGSSのみ)
  • ムックル - そらをとぶ、きりばらい
  • コロトック - いあいぎり、かいりき、いわくだき
  • ゴンベ - なみのり、かいりき、いわくだき、ロッククライム、うずしお(HGSSのみ)

第五世代

BWではゆめのあとちでのいあいぎりを除いて、クリアには必要がないので探索などをしないならそらをとぶ以外は無理に用意しなくてもいい。なお、カイリューはこの世代における全てのひでんわざを覚えられる。

  • ダイケンキ - いあいぎり、なみのり、かいりき、たきのぼり、ダイビング
  • スワンナ - そらをとぶ、なみのり、ダイビング
  • ヒヤップ - いあいぎり、なみのり、たきのぼり、ダイビング
  • アバゴーラ - なみのり、かいりき、たきのぼり、ダイビング
  • プルリル - なみのり、たきのぼり、ダイビング、フラッシュ
  • ウォーグル - いあいぎり、そらをとぶ、かいりき
  • ツンベアー - いあいぎり、なみのり、かいりき、ダイビング

第六世代

備考

  • 移動要員とはいわば、対戦で使うことを諦められながらも主人公をサポートするポケモンたちであるため、その姿はしばしば同情を誘い、ネタにされることもある。

関連項目