Pokémon GOおよび第七世代登場に関するお願い
Pokémon GOおよび第七世代登場に伴い、ポケモンWikiにおいて作成や修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、編集、訂正に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWiki10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。

ローテーションバトル

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

ローテーションバトルとは、場に3匹のポケモンを繰り出し、その中から戦わせる1匹のポケモンを、ターンごとにローテーションさせて選ぶバトル形式のこと。第五世代から導入された。

概要

対戦者は3体ずつ、基本的に計6体のポケモンを同時にくりだす。

1匹目に選んだポケモンが前衛、2匹目と3匹目に選んだポケモンが後衛として場に出る。そして4匹目に選んだポケモンは控えとして手持ちの状態になる。

後衛のポケモンは、「たたかう」コマンドからの「ローテーション」で、ターンの消費なしに前衛に出すことができる。また、後衛にいるポケモンは、能力変化や、こんらんメロメロなど、ひっこめないと治らない効果はそのまま持続される。

シングルバトルとは仕様の変わってくる技・特性が存在する。

シングルバトルとの違い

  • 場に出たとき発動する特性は場に出たときに前衛でなければ発動しない。
  • かたやぶりプレッシャーなど、場に出たときにメッセージが表示される特性は場に出たとき前衛でなければメッセージが表示されないが、後衛として出て前衛に移動すれば通常通り効果が発揮される。
  • 後衛にいるポケモンはターン経過がカウントされないため、状態異常や状態変化によるダメージを受けないが、ターン経過による自然回復も発生しない。
  • ふうせんは前衛として出たときのみ「○○はふうせんで宙に浮いている!」というメッセージが表示され、後衛として出たときは表示されない。

備考

  • ホワイトでNPCとのローテーションバトルの対戦は、1度限りである。
  • 第六世代ではストーリーでローテーションバトルを行う機会はないが、X・Yではミアレシティのレストランで好きなときに何度でも戦うことができる。オメガルビー・アルファサファイアではひみつきちでのバトルでルールをローテーションバトルに設定することができる。
  • ブラック・ホワイトでは対戦施設でこのルールが登場せず、ブラック2・ホワイト2のPWTで初登場した。その後、第六世代ではバトルハウスでこのルールで挑戦できる。

関連項目