Pokémon GOおよび第七世代登場に関するお願い
Pokémon GOおよび第七世代登場に伴い、ポケモンWikiにおいて作成や修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、編集、訂正に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWiki10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。なお、記念企画を検討中です。

世代

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

世代(せだい)は、ポケモンの作品、商品をいわゆる本編によって分類したもの。

概要

「世代」という言葉自体は、ファンたちの間で便宜上用いられる用語で、メーカー側が使用している言葉ではない。ただし、メーカー側の分類もこの「世代」と同じ分類ではある。

世代は、通信やポケモンの種類、アイテムなどのゲームシステムの側面から分類されている。ゲームシステムが変わるため、世代の異なる作品では互換性が低いのが特徴で、第一世代第二世代では双方向にポケモン移動が可能だが、第二世代第三世代では一切のデータの互換性がない。第三世代以降の世代では、旧世代から新世代に向けてのポケモンの移動は可能だが、逆は不可能である。 同じ世代であっても後に発売されたソフトで登場したフォルム・技・道具を持った状態のポケモンは、先に発売されたソフトに転送することができない場合がある[1][2]

本編以外のゲーム・アニメ・映画・漫画・カードは主に登場するポケモンや登場人物によって世代に分けられる。

さらに大まかな世代の分け方としては、通信が対応していない第一世代第二世代第三世代以降で分け、旧世代、新世代とする場合がある。

世代 本編ソフト 対応ハード ポケモン総数 新規ポケモン数
第一世代 赤・緑 ゲームボーイ 151種類 151種類
ピカチュウ
第二世代 金・銀 ゲームボーイカラー 251種類 100種類
クリスタル
第三世代 ルビー・サファイア ゲームボーイアドバンス 386種類 135種類
エメラルド
ファイアレッド・リーフグリーン
第四世代 ダイヤモンド・パール ニンテンドーDS 493種類 107種類
プラチナ
ハートゴールド・ソウルシルバー
第五世代 ブラック・ホワイト ニンテンドーDS 649種類 156種類
ブラック2・ホワイト2
第六世代 X・Y ニンテンドー3DS 721種類 72種類
オメガルビー・アルファサファイア
  1. 第三世代におけるデオキシスはソフトによってファルムが異なる形であった(通信交換を利用した場合は転送先のソフトに登場するフォルムに変わる。)第四世代以降は特定の場所の隕石を調べることに・よってフォルムを変更させることができるようになった。
  2. ORASからXYに転送できないポケモンはガリョウテンセイを覚えた状態のレックウザORASで初登場したメガシンカのうちメガラティオス・メガラティアス以外のメガシンカポケモンおよびメガストーンは転送できない。なお、メガバシャーモについてはXY向けに期間限定配信されたためここでは含まれない。(おきがえピカチュウに関してはORAS間の通信交換は可能だがポケモンバンクには預けることはできない。)

世代での違い

世代が移ったことによって、大きな変化があったものを述べる。ポケモンについては設定が変更されたポケモン一覧を、わざについては効果が変更された技一覧を参照。

第一世代→第二世代
第二世代→第三世代
第三世代→第四世代
第四世代→第五世代
第五世代→第六世代
  • タイプ相性の一部変更。
  • フェアリータイプが追加された。
  • 斜め移動が可能になった。
  • ドット絵が廃止された。
  • メガシンカが追加された。
  • 一部ポケモンの種族値が変更された。
  • 群れバトルスカイバトルが追加された。

関連項目