Pokémon GOおよび第七世代登場に関するお願い
Pokémon GOおよび第七世代登場に伴い、ポケモンWikiにおいて作成や修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、編集、訂正に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWiki10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。

NINTENDO64

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
この項目「NINTENDO64」はWikipedia (ウィキペディア)にも存在しています。

NINTENDO64(ニンテンドウろくじゅうよん)は、任天堂より発売されていたゲーム機。発売日は1996年6月23日。発売当初価格は25,000円、後値下げが行われ最終的には14,000円。略称は「ロクヨン」「N64」「64」など。

概要

任天堂のハードのうち、初めて本格的な3Dゲームに対応したもの。コントローラーに3Dスティックを装備している。

前世代機はスーパーファミコンで、次世代機はニンテンドーゲームキューブである。

仕様

  • CPU:MIPS 64ビットRISC R4300カスタム 93.75MHz
  • メディアコプロセッサ:Reality Control Processor 62.5MHz
  • メモリ:RAMBUS DRAM 36Mbit(標準4.5MB、メモリー拡張パック増設時9MB)
  • 最大転送速度:4500Mbit/秒(562.5MB/s)
  • 最大解像度:256×224~640×480ドット
  • 色数:RGBA32bitカラー
  • サウンド機能:ステレオADPCM音源 16bit
  • メディア:ロムカセット
  • 容量:8MB~64MB
  • 本体最大寸法:幅260mm×奥行き190mm×高さ73mm
  • 重量:880g

対応ソフト

NINTENDO64に対応したポケモンのソフトウェアを発売順に挙げる。

その他

  • 最終的に日本国内では554万台、国外で2738万台、計3292万台が出荷された。
  • 2000年7月21日、本体右側にピカチュウ、電源スイッチにモンスターボールをあしらった、「ピカチュウ NINTENDO64」が発売された。オレンジとブルーの2色のバリエーションがある。リセットボタンはピカチュウの足になっており、電源を入れるとピカチュウのほっぺたが点滅する。
  • ニンテンドーDSなどと違い、NINTENDOの64正式なカタカナ表記は「ニンテンドウ64」である。これは「ー(長音)」が形式番号などの「-(ハイフン)」と間違われないようにするためである。
  • 2000年7月以降に生産された本体(ピカチュウモデルを含む)は底面の拡張端子が削減され、「64DD」の装着ができなくなっている。

関連項目

外部リンク