ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

じしんかじょう

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索

じしんかじょうは、ポケモンのとくせいの一種。

効果

攻撃技で相手をひんしにさせると、こうげき1段階上がる。

説明文

第五世代第六世代
あいてを たおすと こうげきが あがる。
相手を 倒すと 攻撃が あがる。
第七世代第八世代
あいてを たおすと じしんが ついて こうげきが あがる。
相手を 倒すと 自信が ついて 攻撃が 上がる。

所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい

特性1 特性2 隠れ特性
カイロス かいりきバサミ かたやぶり じしんかじょう
ギャラドス いかく - じしんかじょう
ヘラクロス むしのしらせ こんじょう じしんかじょう
グラエナ いかく はやあし じしんかじょう
ボーマンダ いかく - じしんかじょう
ドンカラス ふみん きょううん じしんかじょう
メグロコ いかく じしんかじょう いかりのつぼ
ワルビル いかく じしんかじょう いかりのつぼ
ワルビアル いかく じしんかじょう いかりのつぼ
ズルッグ だっぴ じしんかじょう いかく
ズルズキン だっぴ じしんかじょう いかく
シシコ とうそうしん きんちょうかん じしんかじょう
カエンジシ とうそうしん きんちょうかん じしんかじょう

こんなときに使おう

交代を前提としない物理エース向けの特性。シナリオのかちぬきルール、交代をほぼ行わないローテーションバトルでは利用価値が高い。

この特性をもつポケモンはいかくを持っていることが多く、対人戦ではそちらが優先されがちであった。第八世代ではいかくが効かない特性が増え、ダイジェットによる抜きエースギャラドスがじしんかじょうを採用するケースもある。

特性の仕様

  • すでに攻撃が最大ランクまで上がっているときは発動しない。
  • 味方を倒した場合でも発動する。
  • 複数匹をまとめて倒した場合、倒した数だけ攻撃が上がる。
    • 第五世代では複数回特性が発動し、第六世代以降では1回にまとめて発動する。最終的に上がる量自体は世代間で変化していない。
  • 相手が状態異常天気反動ダメージゴツゴツメットなど、自分の攻撃技のダメージ以外で倒れても発動しない。
    • ただし、特性ばけのかわをもつポケモンを攻撃し、ばけのかわが剥がれた時のダメージで倒れた場合、じしんかじょうは発動する。
  • ハサミギロチンなどの一撃必殺技で倒した場合は第五世代第六世代では発動せず、第七世代以降では発動する。
  • ちきゅうなげなど、その他のダメージ固定技で倒したときは第五世代から一貫して発動する。
  • 第五世代のみ、倒せばバトルが終了する段階でも1段階上がる。第六世代以降はそのようなときにじしんかじょうは発動しない。
  • 特性ミイラ/さまようたましいのポケモンを直接攻撃で倒した場合、ミイラ/さまようたましいへの変化が優先されこうげきは上がらない。
  • 特性かがくへんかガスのポケモンを倒したことでガスの効果が切れた場合、じしんかじょうの効果は発動でき、攻撃が上がる。

備考

各言語版での名称

言語 名前
日本語 じしんかじょう
英語 Moxie
ドイツ語 Hochmut
フランス語 Impudence
イタリア語 Arroganza
スペイン語 Autoestima
韓国語 자기과신 (Jagigwashin)
中国語(台湾国語・普通話) 自信過度 / 自信过度 (Zìxìn Guòdù)
中国語(広東語) 自信過度 (Jihseun Gwodouh) (ゲーム)
自信過制 (Jihseun Gwosihng) (映画公式サイト)
ポルトガル語 Arrogância

関連項目