アカウント作成関連の適正負荷率のパラメータに誤設定があり、アカウント作成がしにくい状況であったことが判明しました。現在はパラメータの修正済みです。ご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。

ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

グローバルトレードステーション

提供:ポケモンWiki
ナビゲーションに移動検索に移動

GTS(ジーティーエス、グローバルトレードステーションGlobal Trade Station)は、インターネットを使って世界中の様々な地域の人とポケモンを通信交換できる施設、およびシステム。

現在はニンテンドーWi-Fiコネクションの無料サービスおよびニンテンドー3DSのオンラインサービスが終了したため、ニンテンドーDSや3DS作品では使うことが出来ない。第八世代以降ではソフトには搭載されておらず、Pokémon HOMEのアプリ上で行うことになる。

概要

  • ポケモンを預ける側は欲しいポケモンのレベル性別(未指定も可能)を選択してボックスから自分のポケモンを預け、検索する側は探すポケモンの条件を指定して条件の一致している預けられたポケモンの候補を最大7匹(最初は3匹までだが、GTSで通信交換が成立した場合に2匹、ポケモンを預けている場合に2匹増える)表示し、彼らが希望しているポケモンを自分のボックスから選べば通信交換を成立させる事ができる(交換が成立した後、預けた側はGTSに入るタイミングで相手側のポケモンがやってくる)。
    • BWからは最初から最大の7匹、XYからは預けているプレイヤーが全ての表示されるようになった。
  • 探すポケモンを指定するには、そのポケモンがポケモンずかんに載っている(見つけた数にカウントされればよい)事が条件。指定レベルはダイヤモンド・パールでは「Lv.10未満」、「Lv.X0以上」、「Lv.100」。プラチナ以降ではレベル10ごとの領域で指定できるので希望のレベルを限定しやすくなっている。
    • XYからは図鑑に載っていないポケモンを検索する事が出来るようになった。その場合は性別の指定が出来ない[1]
  • 検索した場合、候補ポケモンの持ち主の住んでいる地域(相手が地球儀で指定した地域)が表示され、交換したことのある相手の地域は地球儀に表示されるようになる。日本語版では日本以外の地域の人と交換すると地球儀が全世界表示にグレードアップする。

施設の場所

GTSを利用できる施設は以下の場所にある。X・Yからウルトラサン・ウルトラムーンまでの作品およびPokémon HOMEでは施設ではなく、ゲーム内及びアプリの機能として登場する。

シンオウ地方
コトブキシティDPPtクロガネジム攻略後)
ジョウト地方
コガネシティHGSS
イッシュ地方
ポケモンリーグ本部を除いた全てのポケモンセンターの2階

交換の際の注意点

  • (第四・五世代、サービス終了済み)交換できる条件のものが見つからないといった場合は、条件を変えることで同じポケモンを預けた7人以上の候補を探し出す事が可能である。逆に数が少ない場合は名前以外無条件で検索し、候補者が7人未満であればそれ以上存在しないこととなるのでその中から選ぶしかない。
  • 外国産のポケモンを手に入れる有効な手段となりうるので、外国語版の説明文表示を集める為や国際結婚などが目的で利用することが可能。ただし外国に住んでいるプレイヤーが、その他の言語(例えば日本語版産)のポケモンを預けている事もあるので、預けているプレイヤーとおやの名前が一致しているかと言った事に注意は欠かせない。詳細はマイスターの項目を参照されたいが、ポケモンの名前が外国語であるからといって外国語版産であるとも限らない。日本語版産の場合は名前(ポケモン、親ともに)が半角では打ち込めない為、それらで見分けることも可能。
  • 検索する場合でもポケモンの名前、性別レベルもちもの以外の情報は交換して手に入れるまで見る事が出来ない為、特にヒンバスのような特殊な進化条件が必要なポケモンが進化不可能の状態(ヒンバスはうつくしさが進化可能な域に達していない上、それ以上ポフィンを食べられない場合)で預けられている事も少なくない。Pokémon HOMEでは加えて特性性格オシャレボールも確認できるようになった。
  • 自分でポケモンを預ける際は名前・レベル・性別の希望を出せるが、特性の希望を出せないため、隠れ特性を希望しても通常特性のポケモンを送りつけられる事例が多く起こりうる。また第七世代まで言語やフォルムリージョンフォームも一切考慮されず、希望・検索とも全種類ごちゃ混ぜであったが、Pokémon HOMEにおいては2021年9月22日のアップデートにて、預ける・探すの両面にて姿や言語を個別に選択できるようになった。
  • 日本語版と交換した外国語版産のポケモンは外国語で名前が表記され、名前が7文字以上になっている場合もある。
  • ポケモンの個体値わざの構成については期待できない。特に伝説のポケモンの場合は性格も碌な事が無い事も多いので、図鑑埋めと割り切る方が良い。例:ファイヤーの性格がようき、スイクンロッククライムを覚えているなど。第七世代からぎんのおうかんきんのおうかん、第八世代ではミントタマゴわざの後付けが実装されたため、適当なポケモンであっても実践レベルになりうる。
  • 稀にポケモンの種類名と実際に画面に表示されるポケモンが違うケースが見られることがある(例:ミノムッチの画像が表示されている状態で種族名『エテボース』と表示されている)。通常にプレイしていれば当然一致しているものであり、また変更する手段もないのでこのような表示が出た場合は改造ポケモンである可能性が極めて高い。
  • 長期間引き取り手のいないポケモンはサーバーから消滅してしまう(名目上は逃げたことになる)。

交換の際の利点

  • ポケモンがポケルスに感染していたり、貴重なアイテムを所持していることもある。例:しあわせタマゴを持っているカイリューなど。
  • ポケモンのレア度にこだわらないと、色違いがくることもある。例:ミカルゲと色違いのビッパを交換(ただし、改造には要注意)。
  • 隠れ特性や高個体値、有用な遺伝技を覚えている「厳選余り」を流しているプレイヤーも多く、それらを引き当てることで自分が新たに育成する際の手間が大幅に削減できる。
  • オシャレボールもまた人によって異なるため、既に持っているポケモンでも思わぬボールに入っていたり、入手困難なボール(ヘビーボールウルトラボールで顕著)を追い求めるプレイヤーもいる。

GTSで重宝されるポケモン(伝説のポケモン以外)

紹介しているポケモンの中には、伝説のポケモンと交換されるポケモンもいるが、改造ポケモンコピーポケモンであることも多い。

下記はGTSで指定できない条件を含む。

  • 珍しいボールに入ったポケモン。GTSで条件を指定できないものの、「ポケモンを探す」で入っているボールが表示される。例:ヘビーボールに入ったダンバル。ただし、マックスレイドバトルテラレイドバトルに出現するポケモンはどのボールでも捕獲が成功するため、交換における価値が低下している。
  • 強力な隠れ特性を持つポケモン。GTSで条件を指定できないものの、「ポケモンを探す」で特性が表示される。ただし、第九世代に出現するポケモンについてはとくせいパッチが入手しやすくなっており、交換における価値が低下している。例:特性がはやてのつばさヒノヤコマ
  • 色違いのポケモン。GTSで条件を指定できないものの、「ポケモンを探す」で見た目から判別できる。
  • 珍しいあかしを持っているポケモン。
  • 遺伝に手間のかかるタマゴ技を覚えているポケモン。ただし、第九世代に出現するポケモンはものまねハーブでタマゴわざを覚えることができるため、交換における価値が低下している。
  • 厳選余りとなった高個体値のポケモン。ただし、スカーレット・バイオレットではぎんのおうかんによるすごいとっくんが容易にできるようになっており、個体値ゼロのほうが希少価値を有する。例:6つのステータスのうち、こうげきとすばやさが個体値0のミブリム

問題点

  • GTSに預けられているポケモンと、交換希望のポケモンが釣り合っていないケースが多い。
    • 具体例を挙げると、コラッタのような一般ポケモンに対する交換希望が、レックウザのような伝説ポケモンになっている。
    • X・Yからは幻や禁止伝説級などの「特別なポケモン」を要求しているプレイヤーを検索から除外できる機能が追加されている。
  • 存在し得ないポケモンが交換希望になっていることがある。たとえば、存在しないレベルのポケモン(例:レベル10以下のザシアン)は希望することができる。このような交換は改造ポケモンなしでは成立せず、検索妨害にしかならない。
    • 例外として、Pokémon GOではほとんどのポケモンがレベル1~50の間で存在し(伝説のポケモンは20~、一部は8~)、Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイでも野生のポケモンが極端に低いレベルで登場することがある(レベル5のカイリューなど)ため、Pokémon HOMEでは視野を広く持っておく必要がある。
    • 幻のポケモンはたとえ正規ポケモンであっても、リボンに関係なく預けられず、希望に出されていても交換に出せない。デオキシスはオメガルビー・アルファサファイア以外は幻のポケモン扱い。
    • Pokémon HOMEでは2020年2月20日のアップデートにより、幻のポケモンを希望して出しても検索結果に表示されない対策が取られた。だが、今度は「レベル1~10」のベベノムタイプ:ヌル(当時、いずれも正規個体はレベル40から[2])の希望が横行。それも2020年6月17日のアップデートで「ありえない条件」として希望に出せないように修正されたが、既に預けられている条件はそのままである上、レベル1~10の進化系を希望する迷惑行為が相次ぎ、結局いたちごっこである。
      • 弊害としてミュウツーの「レベル11~20」(Pokémon GOから転送することで入手可能)なども弾かれるようになったため、「本編シリーズにおける最低レベル」で提示可否を判断していると思われる。
    • 2020年8月17日のアップデートにて「自分が持っていないポケモンを希望している人を探す」というチェックボックスが追加され、初期状態でオフになっているため(=自分が持っているポケモンだけで希望を探せる)、このような条件を出している者を全く見なくて済むようになった。
  • 7件までしか表示できない検索結果が、上記のような希望だけで埋まってしまうことがある。
    • X・Yからは検索結果が無限に表示されるようになったので、この点は解決された。
  • 正規の方法で入手していない、いわゆる改造ポケモンが交換に出されることがある。
    • 明らかに正規の方法で入手できない改造ポケモンの一部が対策されていない一方、正規の方法で入手したものと(内部値を含めて)まったく判別できないポケモンも存在するため、プレイヤー側の対策としては入手したポケモンが正規の方法で入手できるかを調べるしかない。

嫌がらせ行為

  • 厳選余り同士での交換を要求しているプレイヤーに対し、要求から外れていたり(隠れ特性要求→通常特性を送りつけ)、質の低いポケモン(低個体値、遺伝技無し)を送りつける。これは第五世代以前でもあり、自由なコメントがつけられるようになった第六世代で頻繁になったが、Pokémon HOMEでは自由なコメントをつけられないため細かい条件のつく交換はGTS以外で行われるようになり、GTSにおける嫌がらせ行為としてはほぼ消滅した。
  • 上記「問題点」で挙げた伝説ポケモンを希望しているプレイヤーに対し、正規の方法で入手していない改造ポケモンを送りつける。
    • これに関しては、「検索妨害しているプレイヤーのほうが悪い」「検索妨害案件が消化される」として、むしろ喜ばれることすらあった。
  • ポケモンのニックネームを悪口や卑猥な単語にして送りつける。第五世代からは禁止ワードが指定されるようになり、少しずつ規制されている。
  • レベル指定の緩いポケモンを希望するプレイヤーに対し、極端な低レベルあるいは高レベルのポケモンを送りつける。
    • ダイヤモンド・パールでは交換希望のポケモンのLvを「Lv.X0以上」といった形でしか指定できなかった(例外として「Lv.10未満」は指定できる)。
    • プラチナでレベル範囲をより細かく指定できるよう修正された。ただ、現在でもLv指定を怠るとこの被害に合う可能性があるので、希望Lvがある場合はしっかりと指定すべきである。
  • 第八世代移行後の第六世代・第七世代GTSにおいて、あらゆるポケモンに対して交換希望を出し、カーソルを合わせるとフリーズさせてエラーによる強制終了に追い込み、切断によるペナルティを与えるというウイルスじみたものが確認されている。
    • 公式からの対応はなかった。公式からの保証対象外となるが、無理にでも解決するとなれば非公式のパッチを使用するしかない。

備考

注釈

  1. BW2以前では基本ルールとしてこちらからポケモンを預ける際は、「ずかんに登録されていないポケモンは検索できない」というものがあった。つまり、いくら貴重なポケモンを預けても、図鑑登録自体が難しいポケモンの場合は交換されづらいのである。旧作の御三家やホワイトでのバルチャイなどが該当する。
  2. 後に冠の雪原でレベル20のベベノムが、Pokémon GOでレベル15のベベノム入手できるようになった。

関連項目

外部リンク

シンオウ地方
*1はダイヤモンド・パールのみ、*2はプラチナのみ(正規の方法を用いた場合)、*3はブリリアントダイヤモンド・シャイニングパールのみ(正規の方法を用いた場合)、*4はプラチナ・ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパールのみ(正規の方法を用いた場合)
道路・水道 201 - 202 - 203 - 204 - 205 - 206 - 207 - 208 - 209 - 210 - 211 - 212 - 213 - 214 - 215 - 216 - 217 - 218 - 219 - 220 - 221 - 222 - 223 - 224 - 225 - 226 - 227 - 228 - 229 - 230
シンジこのほとり - リッシこのほとり - エイチこのほとり - かくれいずみへのみち - うみわれのみち*4
フタバ - マサゴ - コトブキ - クロガネ - ソノオ - ハクタイ - ヨスガ - ズイ - トバリ - ノモセ - カンナギ - ミオ - キッサキ - ナギサ - ポケモンリーグ - ファイトエリア - サバイバルエリア - リゾートエリア
ジム クロガネ - ハクタイ - トバリ - ノモセ - ヨスガ - ミオ - キッサキ - ナギサ
ダンジョン シンジこ - クロガネゲート - クロガネたんこう - あれたぬけみち - ソノオのはなばたけ - ハクタイのもり - もりのようかん - まよいのどうくつ - テンガンざん - ロストタワー - ズイのいせき - マニアトンネル (いせきマニアのあな) - ノモセだいしつげん - じまんのうらにわ - こうてつじま - リッシこ - エイチこ - やりのはしら - やぶれたせかい*2 - チャンピオンロード - シンジこのくうどう - リッシこのくうどう - エイチこのくうどう - キッサキしんでん - くろがねのいせき*2 - ひょうざんのいせき*2 - いわやまのいせき*2 - ハードマウンテン - おくりのいずみ - もどりのどうくつ - まんげつじま - しんげつじま*4 - はなのらくえん*4 - はじまりのま*3
施設 ポケモンけんきゅうじょ - GTS*1 - グローバルターミナル*2 - GMStation*3 - テレビコトブキ - ポケッチカンパニー - クロガネたんこうはくぶつかん - たにまのはつでんしょ - ギンガハクタイビル - ハクタイマンション - タタラせいてつじょ - ふれあいひろば - ポフィンりょうりハウス - ポケモンしんぶんしゃ - カフェやまごや - トバリデパート - トバリゲームコーナー*1*2 - ギンガだんアジト - ホテルグランドレイク - レストランななつぼし - ポケモンやしき - ミオとしょかん - ナギサいちば - パルパーク*1*2 - バトルパーク*1*3 - バトルタワー第四*1*2/第八*3) - バトルフロンティア*2 - しょうぶどころ*2 - リボンシンジケート - べっそう*2 - はとばのやど*4 - ハマナスパーク*3
地下大洞窟*3 ひろめのくうどう - そうげんのくうどう - ちかすいみゃくのくうどう - がんせきのくうどう - マグマのくうどう - かわぎしのくうどう - しつげんのくうどう - かがやきのくうどう - ふぶきのくうどう - つららのくうどう - ねっさのくうどう
みずかがみのだいくうどう - ひだまりのだいくうどう - だんがいのだいくうどう - ほしかげのだいくうどう - ひょうがのだいくうどう - そこなしぬまのだいくうどう - バクフーのだいくうどう
ジョウト地方
*1はクリスタルのみ、*2はハートゴールド・ソウルシルバーのみ
道路・水道 29 - 30 - 31 - 32 - 33 - 34 - 35 - 36 - 37 - 38 - 39 - 40 - 41 - 42 - 43 - 44 - 45 - 46 - 47*2 - 48*2 - スズね*2 - がけっぷち*2
ワカバ - ヨシノ - キキョウ - ヒワダ - コガネ - エンジュ - アサギ - タンバ - チョウジ - フスベ - サファリ*2 - フロンティア*2
ジム キキョウ - ヒワダ - コガネ - エンジュ - タンバ - アサギ - チョウジ - フスベ
ダンジョン くらやみのほらあな - アルフのいせき - つながりのどうくつ - ヤドンのいど - ウバメのもり - しぜんこうえん - やけたとう - スズのとう - うずまきじま - スリバチやま - いかりのみずうみ - こおりのぬけみち - りゅうのあな - シロガネやま - シロガネやまどうくつ*2 - だんがいのどうくつ*2 - シントいせき*2
施設 ウツギポケモンけんきゅうじょ - マダツボミのとう - ラジオとう - コガネひゃっかてん - コガネゲームコーナー - ちかつうろ - PCC*1 - ポケスロンドーム*2 - エンジュおどりば*2 - アサギのとうだい - モーモーぼくじょう - アクアごう - バトルフロンティア*2 - サファリゾーン*2 - ロケットだんアジト - バトルタワー (第二世代)*1 - うずもれのとう*2