ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

きけんよち

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索

きけんよちは、ポケモンのとくせいの一種。

効果

場に出たとき、相手が自分に対して効果抜群のわざと一撃必殺技、一部対象わざを持っていると身震いするようになる(身震いしたというメッセージが表示される)。

一部対象わざは世代によって異なる。

共通
ウェザーボールしぜんのめぐみさばきのつぶてテクノバスターめざめるダンスマルチアタックはノーマルタイプとして扱われる。
場がらんきりゅうであってもそれを無視して反応する。
第四世代
じばくだいばくはつに対してはタイプが効果抜群でなくても反応する。
カウンターミラーコートメタルバーストには反応しない。
めざめるパワーはノーマルタイプとして扱われる。
第五世代
じばく、だいばくはつに反応しなくなった。
カウンター・ミラーコート・メタルバーストのタイプに対して自身が効果抜群を受けるタイプであれば反応するようになった。
めざめるパワーはノーマルタイプとして扱われる。
第六世代以降
めざめるパワーは変化後のタイプに対して自身が効果抜群を受けるタイプであれば反応するようになった。

説明文

第四世代第五世代第六世代
あいての もつ きけんな わざを さっちする。
相手の 持つ 危険な 技を 察知する。
第七世代
あいての もつ きけんな わざを さっちする ことができる。
相手の 持つ 危険な 技を 察知する ことができる。

所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい

特性1 特性2 隠れ特性
イーブイ にげあし てきおうりょく きけんよち
ドジョッチ どんかん きけんよち うるおいボディ
ナマズン どんかん きけんよち うるおいボディ
ミノマダム きけんよち - ぼうじん
グレッグル きけんよち かんそうはだ どくしゅ
ドクロッグ きけんよち かんそうはだ どくしゅ
ナットレイ てつのトゲ - きけんよち

※ナットレイは第六世代以降隠れ特性として持つようになった。

こんなときに使おう

相手の技の一部を把握できる特性。

弱点がくさタイプのみのナマズン、ほのおタイプのみのミノマダム(ゴミのミノ)には相性抜群の特性。前者はくさむすびやエナジーボール、後者はだいもんじなどのタイプ不一致技が恐く、思わぬ大ダメージを回避できる点は優秀。

第五世代まではめざめるパワーには反応しなかったが、第六世代では反応対象となった。

備考

  • 効果は身震いするだけであり、具体的にどのわざなのかは分からない。
  • ダブルバトル以上では、相手のどちらが対象技を持っているのかは分からない。
  • きけんよちは場に出たときに発動する特性に含まれる。例えば自身が場に出ているときに、相手が弱点技を持ったポケモンを後出ししてきたときでは発動しない。
  • 自身の持つねらいのまとの効果は考慮されない。
  • 変化技に対しては反応しない。
  • 技のタイプを変える特性の効果は考慮されない。
  • フリーズドライこおりタイプの技として扱われる。みずタイプに抜群となる効果は考慮されない。
  • フライングプレスかくとうタイプの技として扱われる。ひこうタイプを複合した相性は考慮されない。
  • 一撃必殺技は、実際には自身に無効となる場合でも反応する。
  • ポケモン不思議のダンジョンでは、この特性を持つポケモンが通常攻撃をして敵を倒しきれないと、「○○からきけんをかんじる!」と表示される。

各言語版での名称

言語 名前
日本語 きけんよち
英語 Anticipation
ドイツ語 Vorahnung
フランス語 Anticipation
イタリア語 Presagio
スペイン語 Anticipación
韓国語 위험예지
中国語(普通話・台湾国語) 危险预知
中国語(広東語) 預知危險