ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

XY編第61話

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
荒野の決闘! 戦えヌメラ!!
話数 XY61話
通算話数 868話
放送日 2015年2月19日
主題歌
OP ゲッタバンバン
ED ドリドリ
スタッフ
アニメ制作 Team Kato
脚本 大橋志吉
絵コンテ 尼野浩正
演出 渡辺正彦
作画監督 夏目久仁彦

荒野の決闘! 戦えヌメラ!! とはポケットモンスター XYの第61話のこと。


注意:以降の記述には、作品の内容やあらすじ、登場人物などのネタバレが含まれます。ご理解の上ご利用ください。

あらすじ

ミアレシティに戻る途中、荒野の道中で休憩していたサトシ達。ヌメラから新技の前兆が見え始め、察したサトシはバトルでヌメラを特訓させる事に。特訓でヌメラはピカチュウを相手に戦うが途中で傷ついたバネブーが割り込んだ。そして、一行の看病を受けたバネブーは彼らを何処かへと案内する。

辿り着いた場所は植物や湧き水で溢れたオアシスだった。そこでサトシ達が見たのは他のバネブー達とブーピッグ。ブーピッグはバネブー達を制圧し、オアシス中の果物を独り占め。あのバネブーもブーピッグに傷を負わされ、サトシ達に助けを求めてきたのだ。事情を知った一行はブーピッグを説得しようとするが、応じないブーピッグはバネブー達を操って一行を攻撃。反撃できないサトシ達は洞窟に逃げ込むがそこは行き止まり。しかも背後で鉄格子が降りてきて、一行は閉じ込められてしまう。

そこへ現れたのはブーピッグとロケット団だった。気球で荒野を漂っていた途中、オアシスと腹を空かせたブーピッグを発見したロケット団はブーピッグをそそのかし、オアシスを占領させることで果物と水を独占。そしてサトシ達が来る事もお見通しだったという。経緯を明かしたロケット団はピカチュウの引渡しを要求し、拒否すればバネブー達に危害に加えるという。バネブー達の身を案じたサトシはひとまず要求を呑み、ピカチュウを引き渡す事に。サトシから後で助け出すという指示を受け、ピカチュウはロケット団の手で鉄格子を抜けるが、シトロンのボールからハリマロンが出てきてしまう。シトロンの前でハリマロンは自分に任せろと言うのだが…。

ピカチュウと共に小さな檻に入ったハリマロン。そして鉄格子の鍵を置いていったロケット団はブーピッグに見張りを任せて、洞窟から離れていく。気球に戻ったロケット団はオアシスの果物を詰み込み始めるが、ムサシらにとってみればブーピッグは捨て駒同然だった。そうとも知らないブーピッグはバネブー達に果物の運搬を任せて眠ってしまった。体が小さいデデンネとヌメラは鉄格子の隙間から抜け出し、ブーピッグの前にある鉄格子の鍵を取ろうとするがブーピッグにバレてしまう。デデンネがブーピッグに応戦する中、ハリマロンはつるのムチによるピッキングで檻の錠を解錠しようとする。一方、サトシ達もゲコガシラの力を借りて鉄格子を突き破ろうと試みるが…。

イベント

登場キャラクター

人物

ポケモン

備考

  • この回でロケット団がセレナのイメチェンを認知しており、理由を「失恋」と間違えている。
ポケットモンスター XY一覧
カロス編1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93
Z編94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140
特別編141 142
この項目はアニメプロジェクトによって作成されています。