ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

じゅうりょく (場の状態)

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索

じゅうりょくとは、場の状態の一つ。

じゅうりょくの効果

じゅうりょくの発生

じゅうりょくの消滅

  • 5ターン経過

説明文

第七世代第八世代
5ターンの あいだ わざが あたりやすくなる。 ふゆうや ひこうタイプに じめんわざが あたる。 くうちゅうに とぶわざが つかえない。
(漢字) 5ターンの間 技が 当たりやすくなる。 ふゆうや ひこうタイプに じめん技が 当たる。 空中に 飛ぶ技が 使えない。

詳細な仕様

  • 場がじゅうりょく状態になったときに地面にいないポケモンは「<ポケモン>は じゅうりょくの 影響で 空中に いられなくなった!」というアナウンスと共に地面に降りる。
    • 場に複数の地面にいないポケモンがいる場合、お互い手持ちの先頭のポケモン(左端のポケモン)から順番に地面に降りる。バトル開始時ボールを後に投げた方(第八世代通信対戦ではバトル開始時左側にリーグカードが出る方)のポケモンを(A,B)、もう片方のポケモンを(a,b)とした場合、A→a→B→bの順で判定される。この順番にすばやさ・浮いてる手段・じゅうりょく使用者の所属などは関係しない。
    • ふうせんを持ちながら地面に降ろされた場合でも攻撃技を受けるとふうせんは割れて無くなる。じゅうりょく状態の間は、ふうせんを持ったポケモンが場に出たときの「<ポケモン>は ふうせんで 浮かんでいる!」というアナウンスが流れない。しかし場に出たときのエフェクトは消えたままとなる。
  • じゅうりょく状態の間は、場に出てきたひこうタイプ・ふゆう・ふうせんを持ったポケモンもまきびし/どくびし/ねばねばネットの影響を受ける。
    • 設置技の効果は場に出たときのみしか発動しない。場にこれらのポケモンがいる状態でじゅうりょくが発動した場合では、これらのトラップが発動することはない。
  • じゅうりょくが解除されると「じゅうりょくが 元に戻った!」というアナウンスが流れる。ひこうタイプ・ふゆう・ふうせんを持つポケモンは地面にいない状態に戻るが、これは特にアナウンスされることはない。
  • じゅうりょく状態になったターンにはねる/とびげり/とびひざげり/でんじふゆう/テレキネシス/そらをとぶ/とびはねる/フリーフォール/フライングプレスを使おうとしたポケモンがいた場合、「<ポケモン>は じゅうりょくが 強くて <技>が 出せない!」とメッセージが出て技は失敗する。
    • じゅうりょく状態になった後においても、同様のメッセージによりこれらの技は選択できない。じゅうりょく状態でこれらの技しか出せないポケモンはわるあがきを出すことになる。
    • 他の技が出る技によりこれらの技が出る場合があるが、同様のメッセージが出て失敗する。
    • これらの内変化技をZワザにして使用した場合、付加効果を得ることはできるが技自体は失敗する。
    • マックスレイドバトルにおいては、敵ダイマックスポケモンもじゅうりょくで出せない技を成功させることができない。
  • じゅうりょく状態が終了するターンにおいて、解除されるタイミングはねむけの発動より後、どくどくだま/かえんだまの発動より前になる。
  • ダイヤモンド・パールのみ、じゅうりょく状態の間は、あさのひざし/こうごうせい/つきのひかりの回復量が最大HPの1/4になる。
  • 第五世代のみ、フリーフォールで空中にいるポケモンがいるときにじゅうりょく状態になると、連れ去られていたポケモンが動けなくなるバグがある。(→フリーフォール#じゅうりょくバグを参照)第六世代以降では、このようなときも連れ去られたポケモンは正常に解放され、上記現象は発生しない。

備考

関連項目